このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 666
Eprint ID
666
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Effect of Growth Hormone on Fat Deposit in Muscle of Cattle
著者
和田 宏 岡山大学
高 光斗 江原大学校農科大学
奥島 史朗 岡山大学
Djagra, Ida Bagus ウダヤナ大学獣医畜産学部
抄録
黒毛和種去勢肥育牛30頭のと殺時血液を採り,その血漿中の成長ホルモン(GH)の濃度を測定した. また血漿の脂質,ホルモンその他血漿成分の濃度を測定し,GH濃度との相関を求めた. 血漿GH濃度と枝肉ロース芯の脂肪交雑値との間には負の相関関係が得られた. これは成長ホルモンは筋肉の脂肪交雑に対する負の要因であり,牛の肥育の仕上期にはGH分泌の刺激要因を避ける必要のあることが示唆された。
発行日
1983
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
62巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
45
終了ページ
49
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa