このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14550
Eprint ID
14550
フルテキストURL
Thumnail 103_455.pdf 461 KB
タイトル(別表記)
Medico-legal autopsy cases related to poisons and drugs
著者
守屋 文夫 岡山大学医学部法医学教室
何川 凉 岡山大学医学部法医学教室
橋本 良明 岡山大学医学部法医学教室
抄録
Poisons and drugs other than alcohol and CO were detected in 17 of all judicial autopsy cases in the Department of Legal Medicine, Okayama University Medical School during the last 12 years. We report 7 cases from the forensic toxicological viewpoint. 1) lethal overdose of Sedes A, 2) fatal poisoning due to biperiden, thioridazine and nitrazepam taken simultaneously, 3) fatal DDVP poisoning, 4) fatal paraquat poisoning, 5) hypoxic death by inhalation of liquefied petroleum gas, 6) fatal shock induced by sulpyrine, and 7) fatal shock induced by ketoprofen.
キーワード
Toxicology
Fatal poisoning
Fatal shock
Poisons and drugs
Drugs in autopsy cases
備考
原著
発行日
1991
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
103巻
4号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
455
終了ページ
462
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/103/4/103_4_455/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma