このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 13772
Eprint ID
13772
フルテキストURL
Thumnail 106_757.pdf 267 KB
タイトル(別表記)
Influence of the combined treatment with phenytoin or valproate on serum concentration of carbamazepine
著者
鬼嶋 みゆき 岡山大学医学部附属病院薬剤部
矢尾 和久 岡山大学医学部附属病院薬剤部
安原 加奈子 岡山大学医学部附属病院薬剤部
末丸 克矢 岡山大学医学部附属病院薬剤部
古野 勝志 岡山大学医学部附属病院薬剤部
大石 了三 岡山大学医学部附属病院薬剤部
五味田 裕 岡山大学医学部附属病院薬剤部
大田原 俊輔 岡山大学医学部小児神経学教室
抄録
To clarify the pharmacokinetic interaction in poly-therapy for epilepsy, the serum concentration of carbamazepine (CZB) was measured in epileptic patients to whom CBZ had been prescribed chronically with or without phenytoin (PHT) and sodium valproate (VPA). The serum CBZ concentrations increased with increasing doses of CBZ, but increased less at higher doses. Chiliren (<12 yrs) showed lower serum CBZ concentrations than patients 12 years old and older. The L/D ratios (L : CBZ level, D : dose/body weight) were significantly decreased by the combined treatment with PHT and VPA in a dose-dependent manner, probably due to an induction of metabolizing enzyme. These findings suggest that especially in the case of change of the drug therapy from mono-therapy to mono therapy, careful monitoring of serum concentration is necessary.
キーワード
カルバマゼピン
フェニトイン
バルプロ酸
血清中濃度
薬物相互作用
備考
原著
発行日
1994-08
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
106巻
7-8号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
757
終了ページ
762
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/106/7-8/106_7-8_757/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma