このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 52195
フルテキストURL
タイトル(別表記)
A Survey of Skills-Based Integrated English Classes in the New Curriculum
著者
剱持 淑 岡山大学言語教育センター
大年 順子 岡山大学言語教育センター
阿部 正敏 岡山大学言語教育センター
荻野 勝 岡山大学言語教育センター
寺西 雅子 岡山大学言語教育センター
宇塚 万里子 岡山大学言語教育センター
抄録
 岡山大学では平成25年度入学者から英語新カリキュラムを導入し、新1年生のスキル別科目の「総合英語1-4」(スピーキング、リーディング、ライティング、リスニング)は習熟度別クラス編成を行っている。本稿は、言語教育センター英語系が前期末の7月に実施した授業満足度に関するアンケート調査結果を分析したものである。入学時4月のTOEIC IP スコア395点以下、400点以上595点以下、600点以上の習熟度別グループに分け て学生の授業満足度の平均値をみると、習熟度の低いグループよりも高いグループの満足度が高い傾向がみられた。また、授業満足度に影響を与える要因は、習熟度別グループおよび担当教員グループによって異なることがわかった。
キーワード
スキル別科目
習熟度別クラス
授業満足度
発行日
2013-12-30
出版物タイトル
大学教育研究紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Higher Education Okayama University
9巻
出版者
岡山大学国際センター, 岡山大学教育開発センター, 岡山大学言語教育センター, 岡山大学キャリア開発センター
出版者(別表記)
International Center, Center for Faculty Development, Language Education Center, Career Development Center Okayama University
開始ページ
111
終了ページ
122
ISSN
1881-5952
NCID
AA12114090
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
bhe