このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11695
Eprint ID
11695
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Antithrombogenic therapy after heart valve replacement - Effect of anti-platelet drug on aggregation-
著者
曽田 益弘 岡山大学医学部附属環境病態研究施設リハビリテーション外科学分野
萬 秀憲 岡山大学医学部附属環境病態研究施設リハビリテーション外科学分野
鈴鹿 伊智雄 岡山大学医学部附属環境病態研究施設リハビリテーション外科学分野
森末 真八 岡山大学医学部附属環境病態研究施設リハビリテーション外科学分野
平井 俊一 岡山大学医学部附属環境病態研究施設リハビリテーション外科学分野
古元 嘉昭 岡山大学医学部附属環境病態研究施設リハビリテーション外科学分野
梶谷 伸顕 岡山大学医学部附属病院第二外科
吉實 憲 岡山大学医学部附属病院第二外科
浪花 宏幸 岡山大学医学部附属病院第二外科
古城 昌義 岡山大学医学部附属病院第二外科
寺本 滋 岡山大学医学部附属病院第二外科
抄録
人工弁置換患者の血栓塞栓症(TE)は,長期予後の成績を左右する。 TEを減少させるために凝固因子を抑制するwarfarinと抗血小板剤による抗血栓療法が行われている。人工弁置換患者103例を対象に,抗血小板剤であるtrapidil(TP)とdipyridamole(DP)の血小板凝集能に与える効果を検討した。36ヵ月間検討したが,warfarin単独群は血小板凝集能に変化がなく,TP,DP共にADP凝集能を抑制した。しかし有意差の見られたのは全経過ではなく,凝集能抑制は強力かつ持続的ではなかった。またコラーゲン誘導凝集能は変化を認めなかった。TPとDPの抗血小板効果は同等と思われる。期間中の血栓塞栓発生は,warfarin単独群9.5%,TP群4.3%,DP群7.7%であった。臨床的に抗血小板剤の併用は有効と思われるが,血小板凝集抑制には投与量の増量,あるいは他の薬剤の検討が必要であろう。
抄録(別表記)
To evaluate the effect of anti-thrombotic thrapy after valve replacement, serial platelet aggregation measurememnts were carried out in 103 patients. Patients were divided into three groups. e. i. warfarin alone (control), warfarin with trapidil (TP) of 300mg/day and dipyridamole (DP) of 300mg/day. The aggregation of platelet of the control group did not change through 36 months. TP group showed a decrease in platelet aggregation at 24 and 30 months from the pretreatment value. The aggregation of 24 month in TP was significantly lower than that of control. There was no difference of platelet aggregation between TP and DP group. The incidence of thromboembolism of control, TP and DP group were 9.5%, 4.3% and 7.7%, respectively. These data suggest that the supression of platelet aggregation .by TP and DP is not adequate to continue for long time and TP has similar anti-thrombotic effect to DP.
キーワード
人工弁置換術 (Heart valve replacement)
血栓塞栓症 (Thromboembolism)
血小板凝集 (Platelet aggregation)
抗血小板剤 (Anti-thrombotic drug)
発行日
1990-09
出版物タイトル
環境病態研報告
出版物タイトル(別表記)
Papers of the Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
61巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
55
終了ページ
60
ISSN
0913-3771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc