このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 13556
Eprint ID
13556
フルテキストURL
Thumnail 115_233.pdf 7.66 MB
著者
武田 靖志 岡山赤十字病院 耳鼻咽喉科
竹内 彩子 岡山赤十字病院 耳鼻咽喉科
赤木 成子 岡山赤十字病院 耳鼻咽喉科
小川 晃弘 姫路聖マリア病院 耳鼻咽喉科
キーワード
慢性副鼻腔炎手術の歴史
鼻内法 (endonasal approach)
endoscopic sinus Surgery (ESS)
osteomeatal complex (OMC)
マイクロデブリッダー
発行日
2004-01-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
115巻
3号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
233
終了ページ
236
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/115/3/115_3_233/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
参考文献
1) 山下公一: ESSの歴史, JOHNS (2000) 16, 5-13.
2) Naumann H: Pathologische Anatomie der chronischen Rhinitis and Sinusitis; in Proceedings VIII International Congress of Oto-Rhino-Laryngology, Excerpta Medica, Amsterdam (1965) pp.80.
3) Messerklinger W: Die Endoskopie der Nase. Monatsschr Ohrenheilk (1970) 104, 451-456.
4) Stammberger H: Endoscopic surgery for mycotic and chronic recurring Sinusitis. Ann Otol Rhinol Laryngo (1985) 194 (Supple 119), 1-11.
5) Draf W: Endoskopie der Nasennebenohlen; in Technik, typische Befunde, Therapeutische Molichkeiten, Springer, Berlin (1978).
6) Wigand ME, Steiner W: Endonasale Kieferholen operationmit endoskopischer Kontrolle. Laryng Rhino (1977) 156, 421-425.
7) 斎藤寛: 上顎洞・節骨洞開放術: 耳鼻咽喉手術アトラス, 堀口申作, 他編, 医学書院, 東京 (1977) 上巻pp.364-387.
8) 兼子順男, 他: 硬性鏡型ファイバースコープによる鼻内手術の考案. 鼻副会誌 (1980) 19, 61-62.
9) 山下公一, 斎藤武久, 市川朝也, 他: 慢性副鼻腔炎の内視鏡導入による鼻内手術療法-臨床病理学的検討と成績-. 日耳鼻 (1982) 85, 1381.
10) 武田靖志, 赤木博文, 結縁晃治, 小川晃弘, 西崎和則, 服部央, 赤木成子, 國友忠義: 蝶形骨洞に生じた脊索腫に海綿静脈洞症候群を認めた1例. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 (2002) 74 (8), 527-531.
11) 武田靖志, 西崎和則, 赤木博文, 小川晃弘, 増田游, 植木亨, 山本俊: 細菌性髄膜炎の原因と考えられた副鼻腔炎の1例. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 (1998) 70 (2), 100-103.
言語
Japanese
著作権者
Copyright© 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma