このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15128
Eprint ID
15128
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Collagen degradation and in the pathogenesis of dieseases
著者
越智 浩二 岡山大学臨床検査医学
原田 英雄 岡山大学臨床検査医学
Chowdhury Riaz 岡山大学臨床検査医学
山下 晴弘 岡山大学臨床検査医学
一村 光子 岡山大学臨床検査医学
田中 淳太郎 岡山大学臨床検査医学
妹尾 敏伸 岡山大学臨床検査医学
松本 秀次 岡山大学臨床検査医学
水島 孝明 岡山大学第2内科
横田 聡 岡山大学三朝分院
光延 文裕 岡山大学三朝分院
谷崎 勝朗 岡山大学三朝分院
抄録
組織のコラーゲン沈着にはコラーゲン合成系と分解系の不均衡によって生ずる。従来,主としてコラーゲン合成系が注目されていたが,最近の研究の進歩により,コラーゲン分解系が重要な役割を演ずることが明らかになってきた。コラーゲンの分解系には細胞内と細胞外の二つの経路が存在する。それぞれcollagenolytic cathepsinおよびmatrix metalloproteinases( MMP)がコラーゲン分解能を有する重要な酵素である。その調節因子については細胞外の経路についての解明か進んでいる。MMPの遺伝子の発現にはサイトカインや成長因子が関与し,IL-1やTNF-αは強力な誘導因子である。一旦,遺伝子か発現すれば,MMPは合成され,細胞外に不活性型(latent form)で分泌される。不活性型のMMPが活性化する過程にはplasminogen activator inhibitorやtissue inhibitors of metalloproteinases(TIMP)などの阻害因子が存在し,MMP活性を調節する。TIMPの遺伝子の発現にもサイトカインや成長因子が関与する。MMPがTIMPを上回るような病態では組織破壊が,逆にTIMPがMMPを上回るような病態では綿維化が生ずる。コラーゲン分解能の障害が線維化の維持や不可逆性に関与することが推察される。
抄録(別表記)
Fibrosis is the result of net accumulation of collagen in the organ. This may occur as a consequence of alterations in the synthesis of collagen, their degradation, or both. Recent investigations revealed that a decrease in collagen degradation plays a crucial role in fibrogenesis. Two pathways exist in collagen degradation : extracellular and intracellular. Each pathway has an important enzyme; that is, matrix metalloproteinases (MMP) and collagenolytic cathepsin, respectively. Collagenolytic activity is regulated at several levels. Expression of MMP and tissue inhibitors of metalloproteinase (TIMP), which act as inhibitors of MMP, is regulated independently by a number of cytokines and growth factors. MMP, which is synthesized in the cell, is secreted in a latent form. Activation of the latent MMP is controlled by TIMP and plasminogen activator inhibitor. TIMP also inhibits activated MMP which can degrade connective tissue matrices including collagens. In the condition where TIMP is predominant over MMP, activity of collagen breakdown is reduced, and consequently collagen deposition occurrs.
キーワード
線維化 (Fibrosis)
コラーゲン (Collagen)
TIMP (tissue inhibitor of metalloproteinase)
MMP (matrix metalloproteinase)
発行日
1995-09
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual Reports of Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
66巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
78
終了ページ
84
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc