このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11103
Eprint ID
11103
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Effects of Root Zone Volume on the Growth of the Main and Latreal Shoot in Gypsophila paniculate L.,Dianthus caryophllus L.and Dendranthema grandiflora Kitamura.
著者
後藤 丹十郎 岡山大学
景山 詳弘 岡山大学
小西 国義 岡山大学
抄録
The effect of root zone volume on the growth of main and lateral shoot were studied for Gypsophila paniclulate L.,Dianthus caryophyllus L.and Dendranthema grandiflora Kitamura.Cell trays of four cell sizes(cell volume;6,12,21,63cm3)were used.One cutting was planted in each cell,and after rooting the experiments were srarted.At the same time twelve cuttings of each species rooted in 12cm3 cell were transplanted into wooden containers(38880cm3)for control.Ten days after the start of the experiments,half of the plants were pinched to investigate the growth of lateral shoots.In all the three spieces,the stem length was significantly increased with the increasing root zone volume.In Gypsophila this effect was observed after only 10 days,as compared with after 20 days in Dianthus and Dendranthema. The leaf area was highest for plants grown in the wooden container(control).Growing in small cells significiantly reduced the shoot and root dry weight.However,the root zone volume had little effect on the root :shoot ratio.The total number of lateral shoots,node number and total fresh weight were significantly increased with increases in root zone volume.In Dendranthema the lateral shoots had a srong tendency to elongate from almost all nedes even in the smallest root zone volume of 6cm3.In Gypsophila and Dianthus,the number of lateral shoots increased significantly with increases in the root zone volume.The strongest effect of root zone volume on main and lateral shoot growth was observed in Gypsophila.The results showed that in all the species,a root zone volume of 12~21cm3 was optimal for transplant production using cell trays.
抄録(別表記)
根域容量がシュクコンカスミソウ、カーネーションおよびキクの主枝と摘心後の側枝の生長に及ぼす影響を調査するために、挿し穂を根域容量6,12,21,63cm3のセル成型トレイに挿し、発根後実験を開始した。同時に根域容量12cm3の挿し芽苗を根域容量38880cm3のコンテナ(対照区)に12株ずつ定植した。実験開始10日後に半数の個体を5節で摘心し、その後の側枝の伸長は調べた。茎長は3種とも実験終了後に根域容量により有意な差がみられ、根域容量が大きいほど長かった。カーネーションおよびキクでは実験開始20日後まで処理区間にはほとんど差がみられなかったが、シュクコンカスミソウでは実験開始10日後に根域容量が小さい区で茎長が小さかった。葉面積はシュクコンカスミソウおよびキクで根域容量が増加するほど有意に大きくなり、対照区で著しく大きかった。実験終了時の地上部、地下部では、根域容量が増加するにつれ重くなった。root:shoot比は根域容量に関わらずほとんど一定であった。摘心後、キクではどの根域容量でも各節の側枝が伸長した。シュクコンカスミソウ、カーネーションでは根域容量の増加につれ側枝数が増加した。根域容量が小さいほど側枝が伸長する節位は上位節に偏る傾向があった。側枝長、節数、総側枝重は根域容量の増加につれ有意に増加した。カーネーション、キクに比べシュクコンカスミソウは根域容量の影響を受けやすかった。3種ともセル成型トレイ苗生産には12~21cm3の根域容量が適当であると思われた。
キーワード
root zone volume
cell tray
vegetative propagation plant
root : shoot ratio
lateral shoot number
発行日
1997-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
86巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
43
終了ページ
49
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa