このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11143
Eprint ID
11143
フルテキストURL
タイトル(別表記)
From Vegetable Crop Sience to Ornamental Floriculture
著者
後藤 丹十郎 岡山大学
抄録
In order to establish a forcing culture system for asparagus using one-year-old crowns, the influences of cultivar, seed germination, crown size, soil temperature, male and female plants and the period of cold storage in relation to the date of bud sprouting and yield of spears were investigated. 'Hidel' spear yield was the highest among the five clutivars examined. Seed germination with sulphuric acid or polyethylene glycol treatment was rapid. The difference between yield from big crowns (mean weight:800g) and medium crowns (600g) was not significant;however,small crowns(400g) were not suitable for forced culture. The ratio of unmarketable spears was higher at a soil temperature of 25℃ than 20℃. Neither the ratio of the total number of spears to crown weight nor of spear yield to crown weight was significantly different between male and female plants. The number and yield of spears were not significantly affected by the length of the crown storage periods.
抄録(別表記)
1987年4月、著者は京都大学農学部を卒業し、京都大学農学部附属農場に助手として赴任した。農場では蔬菜部に配属され、蔬菜園芸学の研究を中心に行ってきた。1993年11月、岡山大学農学部に転任するまでに農場では’メロン果実の単為的結果に及ぼす植物生長調節物質の影響’、’大果系イチゴの奇形果発生に関する研究’、’合成サイトカイニンによるトマトの空洞果抑制に関する研究’、’アスパラガスの1年生株を用いた促成栽培に関する研究’等の研究を行ってきた。その中から私が特に興味を示し、力を入れ研究を行ってきたアスパラガスに関する研究について紹介しようと思う。現在、岡山大学では作物発育調節学研究室(旧花卉研究室)にて、種子系、栄養系花卉のセル成型苗の苗生産に関する研究という大きな研究テーマを与えられ奮闘努力している毎日である。花卉園芸学の分野ではまだ1年生であるため、現在の進行状況と今後の研究目的について簡略に紹介しようと思う。
キーワード
asparagus
one-year-old crown
forcing culture
sprouting
yield
発行日
1995-02-01
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
84巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
77
終了ページ
80
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa