JaLCDOI 10.18926/19828
タイトル(別表記) A case report of linitis plastica type of colon cancer.
フルテキストURL 060_094_099.pdf
著者 平井 俊一| 鈴鹿 伊智雄| 森末 慎八| 曽田 益弘| 得能 輝男| 古元 嘉昭| 砂川 満| 萬 秀憲| 大塚 昭雄|
抄録 原発性びまん浸潤型大腸癌は,全大腸癌症例の1%未満と比較的稀な疾患であり,一般大腸癌症例とくらべてその予後の悪いことで知られている。その原因の一つとして,確定診断の困難さがあるが,これは粘膜病変の欠如のために生検で確論がつきにくい点にある。我々の症例は,43歳の女性で,横行結腸に原発した症例である。腹痛を訴えて入院後,急速にイレウス状態となり,注腸検査で横行結腸の高度な狭窄を認めた。大腸ファイバースコープは腹痛のため病変部まで届かず,膣擦過細胞診およびダグラス窩穿刺腹水細胞診にて腺癌細胞を確認できた。手術所見はP(3)H(0)S(3)N(4)で,姑息切除に終わった。本症は手術時の進行度がきわめて高度であるので,本症を疑って確診のつかない症例には,上記のような細胞診も試みてみるべきと思われる。
抄録(別表記) A 43-year-old women, complaining of abdominal pain and menstrual irregularity was found suffering from adenocarcinoma of the transverse colon by cytology tests for vaginal smear and ascites. She was operated for colonic obstruction palliatively because of the extensive lesions and died 2 months after surgery for all that of the intensive cancer therapy. The histological diagnosis was primary linitis plastica type of carcinoma of the transverse colon. Carcer involvement to the ovaries and uterine tubes could possibly be responsible for the positive cytology test for vaginal smear. This rare type of careinoma demonstrates certain clinicopathological characteristics that differ from those of the ordinary colonic carcinomas, such as unfavourable prognosis with the difficulty for diagnosis due to minimal mucosal changes and the marked thickend wall of the tumor being unable to perform endoscopic studies.
キーワード びまん浸潤型大腸癌 スキルス大腸癌 (Scirrhous Carcinoma of the Colon) Ⅳ型大腸癌 Linitis Plastica型大腸癌 (Linitis Plastica Type of Carcinoma)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1989-07
60巻
開始ページ 94
終了ページ 99
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309174
JaLCDOI 10.18926/19813
タイトル(別表記) Absolute ethanol injection for non-parasitic hepatic cyst.
フルテキストURL 060_067_071.pdf
著者 森末 真八| 鈴鹿 伊智雄| 平井 俊一| 曽田 益弘| 得能 輝男| 古元 嘉昭| 砂川 満| 萬 秀憲| 小松原 正吉| 寺本 滋|
抄録 非寄生虫性肝嚢胞の3例に,超音波ガイド下にドレナージ及び純エタノール注入を行い,全例に嚢胞の著明な縮小効果を認めた。本法は手技も容易で,副作用も軽微であり,エタノール注入と嚢胞縮小効果の間には1カ月以上の時間的な経過を要するが,肝嚢胞に対して,外科的療法に代わる有用な治療法であると思われる。
抄録(別表記) Three patients suffering from nonparasitic hepatic cysts were successfully treated with absolute ethanol injection under ultrasonic guided puncture. As the procedure was simple and less invasive, it was considered that this treatment for hepatic cysts was an alternative to surgery. However, more than one month was needed, untill remqrkable shrinkage of cysts was expected in all three patients.
キーワード 肝嚢胞 (Liver cyst) 超音波ガイド下穿刺術 (Ethanol injection) エタノール注入療法 (Transcutaneous hepatic puncture)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1989-07
60巻
開始ページ 67
終了ページ 71
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309013