このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41552
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Equity and Efficiency in Adam Smith
著者
新村 聡 岡山大学
抄録
This paper examined whether Adam Smith thought equity and efficiency were compatible or incompatible in the civilized society. In terms of thi$ issue this paper considered the relationship between sympathy and utility in Theory of Moral Sentiments, that between inequality and opulence in Draft of Wealth of Nations, and that between liberty and wealth in Wealth of Nations.
備考
論説 (Article)
発行日
1999-03-10
出版物タイトル
岡山大学経済学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Okayama Economic Review
30巻
3号
出版者
岡山大学経済学会
出版者(別表記)
The Economic Association of Okayama University
開始ページ
183
終了ページ
196
ISSN
0386-3069
NCID
AN00032897
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
oer