このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 8899
Eprint ID
8899
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Prospects on transdisciplinary research useing digital elevation data
著者
新納 泉 岡山大学
抄録
正確な地形の把握は、フィールドワークを重視する研究など、地理的空間を分析する際の基本である。たとえば、筆者の専門分野である考古学では、さまざまな資料の分布図に、地図が多用されてきた。遺跡の発掘調査報告書には必ず立地と環境の節がたてられ、遺跡を地形的な環境のなかでとらえようとしている。地域の政治的構造や、流通の実態を解明するために、正確な地形にもとづいた空間的分析が不可欠となっているのである。
発行日
2004
出版物タイトル
文化共生学研究
出版物タイトル(別表記)
Studies in cultural symbiotics
2巻
1号
出版者
岡山大学大学院文化科学研究科
出版者(別表記)
Graduate School of Humanities and Social Sciences, Okayama University
開始ページ
1
終了ページ
10
ISSN
1880-9162
NCID
AA11823043
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
scs