このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 20003
Eprint ID
20003
フルテキストURL
タイトル(別表記)
A Case Study of Curricula for Music Teachers Training in Japan and China - Okayama University, Tokyo University of the Arts and Northeast Normal University -
著者
早川 倫子 岡山大学
山本 宏子 岡山大学
抄録
近年,わが国の教員養成においても日本人学生の中国への留学,そして中国人学生の日本への留学が,増加傾向にあるのは周知の通りである。そのような中で,日本と中国の音楽教員養成に関するカリキュラムの構造が異なっているために,留学生らにとって,希望する研究内容と実際のカリキュラムが適さないという問題等が生じている実態がある。筆者らは,中国の教員養成に関する音楽カリキュラムおよび教育内容の実態を調査するために,東北師範大学内にある音楽学院を訪問した。それらの調査内容を踏まえ,本研究ではそれぞれ構造やシステムの違う岡山大学教育学部・教育学研究科(音楽教育),東京藝術大学音楽学部・音楽研究科,東北師範大学音楽学院を事例として取り上げ比較することによって,前述した問題について検討を行った。
キーワード
音楽教員養成 (Music Teachers Training)
カリキュラム (Music Curricula)
日中 (Japan and China)
O-NECUS
留学生 (Students Studying abroad)
発行日
2010-03-10
出版物タイトル
岡山大学教育実践総合センター紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
10巻
1号
出版者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
出版者(別表記)
Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
開始ページ
55
終了ページ
62
ISSN
1346-3705
NCID
AA12457417
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
著作権者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
rdc