このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 10605
Eprint ID
10605
フルテキストURL
タイトル(別表記)
硫黄で増殖したAcidthiobacillus caldus GO-1株による還元型硫黄化合物の酸化機構
著者
上村 一雄 岡山大学
澤田 竜子 岡山大学
杉尾 剛 岡山大学
抄録
The oxidation of reduced sulfur compounds was studied by using resting cells of sulfur-grown Acidithiobacillus caldus strain GO-1. The optimum pHs for the oxidation of thiosulfate, tetrathionate, sulfur, sulfite and sulfide were 2, 3, 3-6, 7 and 7, respectively. The highest oxidation rate was observed with sulfite. The oxidation rates of the reduced sulfur compounds were measured in the absence or presence of inhibitors and uncouplers. 2, 4-dinitrophenol (DNP) and carbonyl cyanide-m-chlorophenylhydrazone (CCCP) strongly inhibited the oxidations of sulfur and sulfite. N-Ethylmaleimide (NEM) strongly inhibited the oxidation of tetrathionate and sulfur. 2-heptyl-4-hydroxy-quinoline-N-oxide(HQNO) inhibited the oxidation of sulfur and sulfite. The results suggested that tetrathionate was oxidized in the periplasmic space, and sulfur and sulfite were oxidized in the cytoplasm. Pyridine ferrohemochromes prepared from the membrane of strain GO-1 cell revealed the involvement of cytochromes b and c. Ubiquinol oxidase activity was detected in strain GO-1 cell, but cytochrome c oxidase measured by using mammalian cytochrome c as an electron donor was not detected in the cell. On the basis of the results a model for the metabolism of the reduced sulfur compounds by At. caldus strain GO-1 was proposed.
抄録(別表記)
硫黄で増殖したAcidithiobacilluscaldusGO-1株の休止菌体を用いて,還元型硫黄化合物の酸化機構を検討した.GO-1株は,チオ硫酸,テトラチオン酸,元素硫黄,亜硫酸及び硫化物の酸化活性を持っており,その最適pHは,それぞれ2,3,3-6,7及び7であった.これらの酸化活性の中で,亜硫酸の酸化速度が最も高かった.阻害剤やアンカップラーを用いて,還元型硫黄化合物の酸化への影響を調べた結果,DNPとCCCPによる元素硫黄及び亜硫酸酸化活性の強い阻害,NEMによるテトラチオン酸及び硫黄酸化活性の強い阻害,およびHQNOによる元素硫黄及び亜硫酸酸化活性の阻害が観察された.これらの結果は,テトラチオン酸がペリプラズマで,硫黄及び亜流酸が細胞質で,それぞれ酸化されることを示唆した.細胞膜からピリジンフェロヘモクロームを調製して,シトクロームの構成成分を検討した結果,ヘムb及びcが検出された.また,末端酸化酵素の活性を検討した結果,ユビキノール酸化酵素の活性は検出されたが,哺乳類のシトクロームを用いて測定したシトクロームc酸化酵素の活性は検出されなかった.これらの結果に基づいて,At.caldusGO-1株の還元型硫黄化合物の酸化機構を考察した.
キーワード
acidithiobacillus caldus
acidophile
moderately thermophilic bacterium
sulfur-oxidizing bacterium
sulfite oxidation
発行日
2002-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
91巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
23
終了ページ
29
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa