このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16121
Eprint ID
16121
フルテキストURL
Thumnail 97_47.pdf 270 KB
タイトル(別表記)
Studies on the consistency of internally taken contrast medium for Pancreas CT
著者
松島 紀志夫 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
三村 誠一 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
田原 誠司 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
北山 卓一 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
稲村 圭司 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
三上 泰隆 岡山大学医学部附属病院中央放射線部
橋本 敬二 岡山大学医学部放射線医学教室
平木 祥夫 岡山大学医学部放射線医学教室
青野 要 岡山大学医学部放射線医学教室
抄録
A problem of Pancreatic CT scanning is the discrimination between the pancreas and the adjacent gastrointestinal tract. Generally we administer a dilution of gastrografin internally to make the discrimination. The degree of dilution has been decided by experience at each hospital. When the consistency of the contrast medium is low in density, an enhancement effect cannot be expected, but when the consistency is high, artifacts appear. We have experimented on the degree of the dilution and CT-No to decide the optimum consistency of gastrografin for the diagnosis of pancreatic disease. Statistical analysis of the results show the optimum dilution of gastrografin to be 1.5%.
キーワード
Pancreas CT
希釈造影剤濃度
視覚評価の統計処理
発行日
1985-02-25
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
97巻
1-2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
47
終了ページ
53
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/97/1-2/97_1-2_47/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma