このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14211
Eprint ID
14211
フルテキストURL
Thumnail 103_833.pdf 297 KB
タイトル(別表記)
A report of thirteen cases of familial polyposis coli
著者
渡辺 和彦 岡山大学医学部第一外科学教室
岩垣 博巳 岡山大学医学部第一外科学教室
淵本 定儀 岡山大学医学部第一外科学教室
椎木 滋雄 岡山大学医学部第一外科学教室
松原 長秀 岡山大学医学部第一外科学教室
赤在 義浩 岡山大学医学部第一外科学教室
渡辺 哲也 岡山大学医学部第一外科学教室
須崎 紀一 岡山大学医学部第一外科学教室
浜田 史洋 岡山大学医学部第一外科学教室
合地 明 岡山大学医学部第一外科学教室
日伝 晶夫 岡山大学医学部第一外科学教室
折田 薫三 岡山大学医学部第一外科学教室
抄録
Familial polyposis coli (FPC) is an inherited nonsex linked mendelian dominant disease in which there exist at least 100 adenomatous polyps throughout the entire large bowel. Thirteen patients with FPC, of whom 7 were male and 6 female, visited our department between 1966 and 1990. The mean age of the patients was 33.5. Eight of the 13 patients (61.5%) had gastric and/or duodenal polyps, and eight of the 13 patients (61.5%) had colorectal carcinomas at admission. Colectomy with ileorectal anastomosis (IRA) was performed on 2 patients. The functional results were good bowel frequency, good sphincter control and lack of dietary restriction. Clinical experience tended to suggest that the risk of rectal cancer following IRA is extreme and unacceptable, although our two cases were still free of rectal cancer. Since 1980, the total colectomy with mucosal proctectomy and ileal pouch-anal anastomosis was the procedure of choice in our department. Good results were obtained on the six patients on whom this procedure was performed.
キーワード
家族性大腸ポリポーシス
胃・十二指腸ポリープ
癌化
備考
原著
発行日
1991-08
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
103巻
7-8号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
833
終了ページ
839
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/103/7-8/103_7-8_833/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma