タイトル(別表記) The Significance of Using LOD in Japanese Physical Education : Focusing on the Acquisition of a Variety of Movement
フルテキストURL bgeou_169_057_064.pdf
著者 酒向 治子| 森田 玲子| 川上 暁子|
抄録  本研究では,世界的に認知されているルドルフ・ラバンの運動形態理論を基に開発されたLOD(Language of Dance)に着目し,LODに関する国内外の歴史的経緯と現況を概観した上で,日本国内で求められている身体教育の方向性を視野に入れながら,LODを導入することの意味について検討を行った。その結果,「多様な動き」の系統性をもった学びが求められている現在の日本の身体教育の現状において,身体の動きの「言語系統図」を構築するべく作られたLODは,多様性のある動きの学習のみならず,系統的な動きの学びという課題についても参照するべき内容を提供すると考えられた。
キーワード ダンス 身体表現 幼児教育 舞踊教育 LOD
出版物タイトル 岡山大学大学院教育学研究科研究集録
発行日 2018-11-28
169巻
開始ページ 57
終了ページ 64
ISSN 1883-2423
言語 Japanese
論文のバージョン publisher