このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 10951
Eprint ID
10951
フルテキストURL
タイトル(別表記)
A Synthesis Phosphatidylinositol Bearing Arachildonic acid
著者
森 義裕 岡山大学
海野 均 岡山大学
馬場 直道 岡山大学
抄録
Phosphatidylinositol bearing arachidonoyl group at sn-2 position was synthesized through preparation of protected myo-inositol, chemoenzymatic synthesis of an optically active lysophosphatidylcholine, introduction of an optically active sn-2 hydroxyl group, phospholipase D-assisted synthesis of a phosphatidic acid, and trisopropylbenzene sulfonylchloride assisted eaterification of the acid with the protected myo-inositol; as a final step.
抄録(別表記)
ホスファチジルイノシトールは,細胞外からのシグナルが細胞膜中の特異的受容体に結合する事により遊離される情報伝達物質の前駆体である.一般にそのグリセロール骨格のsn-2位には高度不飽和脂肪酸が,特にアラキドン酸が結合していることが知られている.本研究では,そのようなアラキドン酸結合ホスファチジルイノシトールの簡便な合成法を酵素的,化学的手法を用いる事により位置選択的に合成する事に成功した.
キーワード
Synthesis
Phosphatidylinositol
Arachidonic acid
発行日
2001-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
90巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
9
終了ページ
14
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa