このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11779
Eprint ID
11779
フルテキストURL
タイトル(別表記)
An approach to English culture : in the case of Lawrence Country depicted in Lady Chatterley's Lover
著者
武田 光史 岡山大学医療技術短期大学部
抄録
世界に先駆けて産業革命を成し遂げ七つの海を支配した英国の近代機械・産業文明の発展とは反比例するかのように破壊され消滅していく自然の森林と田園。それはかつて英国の中部一帯に広がっていたロビン・フッドの活躍したシャーウッドの森とて例外ではない。そこで現在わずかに残存しているその森の一部を含めてロレンス自身が「わが心のふるさと」と呼んだ生まれ故郷イーストウッドが、彼の最後の小説『チャタリー夫人の恋人』の中にどのように採り入れられ、どのように描写されているかを考察することにより、英国文化の偉大なる伝統が如何なるものであるかのその一端なりを論じてみる。
抄録(別表記)
Some of the scenes of predictive insight into the vicissitudes of England when the heroine Connie went out for a drive in Chapter 11 are quated here as a substitute for the abstract of this paper, "The car ploughed uphill through the long squalid straggle of Tevershall,... And between, in between, were the tattered remnants of the old coaching and cottage England, even the England of Robin Hood,... England, my England! But Which is my England? The stately homes of England make good photographs, and create the illusions of a connection with the Elizabethans.... This is history. One England blots out another. The mines had made the halls wealthy. Now they were blotting them out, as they had already blotted out the cottages. The industrial England blots out the agricultural England. One meaning blots out another. The new England blots out the old England...."
キーワード
英国文化 (English culture)
『チャタリー夫人の恋人』 (Lady Chatterley's Lover)
D.H. ロレンスの故郷 (D.H. Lawrence Country)
イーストウッド (Eastwood)
古き良き時代 (the good old days)
発行日
1996-09-30
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of School of Health Sciences Okayama University
7巻
1号
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
67
終了ページ
74
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Sort Key
10
Eprints Journal Name
fhs