このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15117
Eprint ID
15117
フルテキストURL
タイトル(別表記)
ダニ喘息における気道遊走細胞からのヒスタミン遊離の加齢による減少
著者
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
梶本 和宏 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
保﨑 泰弘 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
横田 聡 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
越智 浩二 岡山大学医学部臨床検査医学
原田 英雄 岡山大学医学部臨床検査医学
池田 敏 岡山大学医学部公衆衛生学
武田 和久 岡山大学医学部公衆衛生学
抄録
Histamine release from bronchoalveolar cells induced by house dust mite (HDm) was compared in patients with atopic asthma sensitive to HDm in relation to age. 1. Total cell number in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid was larger in patients over the age of 40 years (9.10×10(6)) than in those aged between 20 and 39 years (6.25×10(6)), however, this was not significant. 2. Number of BAL eosinophils was not significantly different between the two age groups. 3. Number of BAL basophilic cells was significantly higher in younger patients (20-39 years) (1.85±1.03×10(2)/mℓ) than in older patients (40+ years) (0.39±0.24×10(2)/mℓ) (p<0.001). 4. Histamine release from BAL cells induced by HDm was significantly higher in younger patients (38.1±24.8%) than in older patients (0%) (p<0.001). These results suggest that histamine release from BAL cells in patients with HDm allergy decreases with aging.
抄録(別表記)
ダニ喘息14例を対象に,ハウスダストエキスによる気道遊走細胞からのヒスタミン遊離と加齢との関連について検討を加えた。1.気管支肺胞洗浄液(BALF)中の総細胞数は,20-39才の症例群(6.25×10(6)) に比べ,40才以 上の症例群(9.1×10(6)) でやや多い傾向が見られたが,推計学的には有意差は見られなかった。2.BALF中好酸球数は,20-39才と40才以上の症例群間に差は見られなかった。3.BALF中好塩基性細胞数は,40才以上の症例群(0.39±0.24×10(2)/mℓ)に比べ,20-39才の症例群(1.85±1.03×10(2)/mℓ)において有意に多い傾向が見られた(P<0.001)。4.ハウスダストエキスによるBALF中細胞からのヒスタミン遊離は,40才以上の症例群(0%) に比べ20-39才の症例群(38.1±24.8%)において有意に高い結果が得られた(P<0.001)。これらの結果より,ダニ喘息(アトピー型喘息)における気道遊走細胞からのヒスタミン遊離は,加齢とともに減少することが示唆された。
キーワード
Bronchial asthma
House dust allergy
Histamine release
Bronchoalveolar cells
発行日
1995-09
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual Reports of Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
66巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
1
終了ページ
7
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc