このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 20022
Eprint ID
20022
フルテキストURL
Thumnail 122_9.pdf 1.8 MB
タイトル(別表記)
The DNA damage sensors ataxia-telangiectasia mutated kinase and checkpoint kinase 2 are required for hepatitis C virus RNA replication
著者
有海 康雄 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 腫瘍ウイルス学
黒木 美沙緒 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 腫瘍ウイルス学
團迫 浩方 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 腫瘍ウイルス学
阿部 健一 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 腫瘍ウイルス学
池田 正徳 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 腫瘍ウイルス学
脇田 隆字 国立感染症研究所 ウイルス第二部
加藤 宣之 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 腫瘍ウイルス学
キーワード
HCV
ATM
Chk2
宿主因子
DNA 損傷センサー
備考
平成20年度岡山医学会賞(林原賞)受賞論文
発行日
2010-04-01
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
122巻
1号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
9
終了ページ
16
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma