このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11625
Eprint ID
11625
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Spa therapy for chronic respiratory diseases - in subjects admitted in 1989. -
著者
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
周藤 眞康 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
貴谷 光 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
河内 和久 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
多田 慎也 岡山大学医学部附属病院第二内科
高橋 清 岡山大学医学部附属病院第二内科
木村 郁郎 岡山大学医学部附属病院第二内科
抄録
1989年1月より12月までの1年間に当院へ入院した慢性呼吸器疾患患者85例(延べ90例)を対象に,その背景因子,臨床的特徴,および温泉療法の臨床効果について検討を加えた。(1)対象85例のうちわけは,気管支喘息65例,肺気腫4例,肺結核症4例,アレルギー性肉芽腫性血管炎3例,閉塞性細気管支炎3例,気管支拡張症2例,慢性気管支炎2例,過敏性肺臓炎2例であり,昨年度と異なり肺結核がやや多かったことが特徴的であった。(2)これら85症例のうち,温泉療法を受けた症例は63例(74.1%)であった。(3)温泉療 法を受けた症例の地域分布では,鳥取県からの入院症例51例では32例(62.7%)であり,同様に岡山県からの入院症例20例では19例(95.0%),その他の県からの入院症例14例で12例(85.7%)であった。4.温泉療法の臨床効果は,気管支喘息では51例中著効14例,有効27例,やや有効8例,無効2例であり,明らかな有効例は41例(80.3%)であった。
抄録(別表記)
Backgrounds and immunological characteristics were studied in patients with chronic respiratory diseases admitted at Misasa Branch Hospital in 1989. At the same time, clinical effects of spa therapy were evaluated for these patients. 1. Eighty five patients with chronic respratory diseases comprised 65 patients with bronchial asthma, 4 with pulmonary emphysema, 4 with lung tuberculosis, 3 with allergic granulomatous angitis, 3 with obstructive bronchiolitis, 2 with bronchiectasia, 2 with chronic bronchitis and 2 with hypersensitivity pneumonitis. 2. Sixty three patients (74.1%) out of the 85 cases had spa therapy. 3. Out of 51 patients coming from Tottori prefecture, 32 cases (62.7%) received spa therapy. On the other hand, spa therapy was carried out for 19 cases (95.0%) out of the 20 cases from Okayama prefecture, and for 12 cases (85.7%) out of the 14 cases from the other prefectures (long distant areas). 4. Many cases with bronchial asthma showed low serum levels of IgE (lower than 200 IU/ml), and frequency of positive skin reactions to various allergens was low in the patients with bronchial asthma. Serum cortisol levels were very low in patients with steroid-dependent asthma. 5. Spa therapy was effective in 41 cases (80.3%) out of the 51 patients with bronchial asthma. Spa therapy also effective for patients with obstructive bronchiolitis, and allergic granulomatous angitis.
キーワード
気管支喘息 (Bronchial asthma)
閉塞性細気管支炎 (Obstructive bronchiolitis)
慢性気管支炎 (Chronic bronchitis)
血清コーチゾール値 (Serum cortisol level)
温泉療法 (Spa therapy)
発行日
1990-09
出版物タイトル
環境病態研報告
出版物タイトル(別表記)
Papers of the Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
61巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
7
終了ページ
15
ISSN
0913-3771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc