このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11691
Eprint ID
11691
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Clinical significance of eosinophilic leucocytes in onset mechanisms of bronchial asthma
著者
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
周藤 眞康 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
貴谷 光 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
河内 和久 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
多田 慎也 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
高橋 清 岡山大学医学部附属病院第二内科
木村 郁郎 岡山大学医学部附属病院第二内科
抄録
末梢血好酸球が気管支喘息の発症病態にどのように関与しているかについて,1.末梢血好酸球の変動,2.好酸球の局所出現,3,好酸球とアレルギー反応,4.アレルギー反応と好酸球の機能,5.好酸球と喘息の臨床病態の各項目で検討した。その結果,気管支喘息では,全般的に末梢血好酸球増多がみられ,同時にアレルギー反応局所への遊走が観察されること,末梢気 道では,ある程度肺胞マクロファージの出現と逆相関にあること,リンパ球との関連もある程度認められることなどが示された。そして,局所出現した好酸球は,IgE抗体の関与の程度により,その機能が異なる可能性が示唆された。また臨床病型別の検討では,アトピー型ではいずれの臨床山型においても好酸球の出現率は明かな増加傾向を示したが,非アトピー型では,Ib.気管支攣縮+過分二型においてのみ好酸球増多が著明であった。
抄録(別表記)
Participation of eosinophil leucocytes in onset mechanisms of bronchial asthma was discussed in following sections ; 1. changes in number of eosinophils in the peripheral blood, 2. emergence of eosinophils in local allergic reaction sites, 3. eosinophils and allergic reactions, 4. different functions of eosinophils III allergic reactions, 5. eosinophils and clinical types of bronchial asthma. The results showed that eosinophilia in the peripheral blood was generally observed in patients with bronchial asthma. In these cases, eosinophils migrated into local allergic reaction sites. A reversed correlation was present between number of eosinophils and macrophages, and number of eosinophils correlated to a certain extent with number of lymphocytes in the small airways and alveolar region. Function of eosinophils was shown to be different between IgE-and non-IgE-mediated reactions, by measurement of arylsulfatase activity III BALF. Marked eosinophilia in BALF was observed in any clinical types of atopic asthma, although eosinophils were increased only in bronchoconstriction + hypersecretion type (type II) of non-atopic asthma.
キーワード
好酸球 (Eosinophils)
肺生検 (Lung biopsy)
気管支肺胞洗浄 (Bronchoalveolar lavage)
臨床病型 (Clinical type)
気管支喘息 (Bronchial asthma)
発行日
1990-09
出版物タイトル
環境病態研報告
出版物タイトル(別表記)
Papers of the Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
61巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
89
終了ページ
97
ISSN
0913-3771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Sort Key
14
Eprints Journal Name
mmc