このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 792
Eprint ID
792
フルテキストURL
タイトル(別表記)
In Vitro Rooting and Multiple Buds Formation from Asparagus Lateral Buds with Ancymidol
著者
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
河内 和久 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
貴谷 光 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
周藤 眞康 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
抄録
高齢者の増加やいわゆるcompromised hostの増加により,肺結核症の臨床像が変化してきている。肺結核に典型的な臨床像を呈さず,頻回の喀疾検査にても抗酸菌を証明できなかった6症例に対し,気管支肺胞洗浄(bronchoalveolar lavage:BAL)を施行し,得られた洗浄液・吸引液の塗抹標本から抗酸菌を証明し,気管支粘膜の変化を認めた。以上の結果より,気管支型の結核症が増加してきている可能性が考えられた。気管支肺胞洗浄は,気管支型の結核症を含め,結核症の診断に有効と考えられた。
キーワード
肺結核 (Pulmonary tuberculosis)
気管支型結核症 (Tuberculosis of mucous membrane)
気管支肺胞洗浄法 (Bronchoalveolar lavage)
抗酸菌 (Acid fast bacilli)
発行日
1990-09
出版物タイトル
環境病態研報告
出版物タイトル(別表記)
Papers of the Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
61巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
30
終了ページ
35
ISSN
0913-3771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc