このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 54076
Sort Key
5
タイトル(別表記)
A case of mucinous adenocarcinoma of the duodenum and literature review of 16 cases reported in Japan
フルテキストURL
Thumnail 128_21.pdf 8.16 MB
著者
浜野 郁美 姫路赤十字病院 外科
松本 祐介 姫路赤十字病院 外科
遠藤 芳克 姫路赤十字病院 外科
渡邊 直樹 姫路赤十字病院 外科
甲斐 恭平 姫路赤十字病院 外科
佐藤 四三 姫路赤十字病院 外科
和仁 洋治 姫路赤十字病院 病理診断科
抄録
 Primary mucinous adenocarcinoma of the duodenum is rare. Here we report a case we recently encountered, and we review 16 cases reported in Japan. An 82-year-old Japanese woman was admitted to our hospital complaining of abdominal pain and heartburn. An endoscopic examination revealed a Type 2 tumor in the descending limb of the duodenum, and endoscopically obtained specimens revealed a poorly differentiated adenocarcinoma. We performed a curative pancreatoduodenectomy with lymph node resection, and the surgical specimen revealed that the duodenum was the primary site of the mucinous adenocarcinoma. The patient is currently alive > 1 year after the operation without any evidence of recurrence. Of the 16 patients reviewed, all patients had advanced tumors those depth were T3-T4. 9 patients had lymph node metastasis and 4 patients had peritoneal dissemination at the time of surgery. Since mucinous adenocarcinoma of the duodenum is often progressive cancer at a diagnosis, which is tend to have a worse prognosis than other histological types.
キーワード
原発性十二指腸癌(primary duodenal cancer)
粘液癌(mucinous carcinoma)
膵頭十二指腸切除(pancreatoduodenectomy)
備考
症例報告(Case Reports)
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
発行日
2016-04-01
128巻
1号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
21
終了ページ
25
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
isVersionOf https://doi.org/10.4044/joma.128.21
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2016 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
NAID
Eprints Journal Name
joma
参考文献
1) 佐藤寿雄, 木村俊一, 佐久間晃 : 十二指腸悪性腫瘍について. 外科(1970) 32, 281-287.
2) Spira IA, Ghazi A, Wolff WI : Primary adenocarcinoma of the duodenum. Cancer (1977) 39, 1721-1726.
3) 胃癌取扱い規約第14版, 日本胃癌学会編, 金原出版, 東京 (2010).
4) 近藤 晢, 蜂須賀喜多男, 山口晃弘, 堀 明洋, 広瀬省吾, 深田伸二, 宮地正彦, 碓氷章彦, 渡辺英世, 石橋宏之, 加藤純爾, 神田 裕, 他 : 原発性十二指腸癌7 切除例の臨床的検討. 日消外会誌 (1984) 17, 1987-1995.
5) 猪瀬悟史, 土屋嘉昭, 野村達也, 梨本 篤, 瀧井康公, 藪崎 裕, 中川 悟, 田中乙雄, 太田玉紀 : 原発性十二指腸癌27切除例の臨床病理組織学的検討. 日消外会誌 (2010) 43, 135-140.
6) 尾上俊介, 加藤岳人, 柴田佳久, 鈴木正臣, 尾上重巳, 長澤圭一, 吉原 基, 田口泰郎, 安藤晴光, 臼井弘明 : 原発性十二指腸癌自験例10例の臨床病理学的検討. 日消外会誌 (2006) 14, 674-679.
7) 羽生富士夫, 今泉俊秀, 中迫敏明 : 消化器外科における今日の標準的治療 十二指腸癌. 消外 (1994) 17, 501-505.
8) 小川 洋, 河内保之, 西村 淳, 牧野成人, 新国恵也 : 原発性十二指腸癌10例の臨床病理学的検討. 日臨外会誌 (2009) 70, 968-973.
9) Sarela AI, Brennan MF, Karpeh MS, Klimstra D, Colon KP : Adenocarcinoma of the duodenum : importance of accurate Lymph node staging and similarity in outcome to gastric cancer. Ann Surg Oncol (2004) 11, 380-386.
10) Santoro E, Sacchi M, Scutari F, Carboni F, Graziano F : Primary adenocarcinoma of the duodenum : traeatment and survival in 89 patients. Hepatogastroenterology (1997) 44, 1157-1163.
11) Bakaeen FG, Murr NM, Sarr MG, Thompson GB, Farnell MB, Nagorney DM, Farley DR, van Heerden JA, Wiersema LM, Schleck CD, Donohue JH : What prognostic factors are important in duodenal adenocarcinoma. Arch Surg (2000) 135, 635-642.
12) Ohigashi H, Ishikawa O, Tamura S, Imaoka S, Sasaki Y, Kameyama M, Kabuto T, Furukawa H, Hiratsuka M, Fujita M, Hashimoto T, Hosomi N, et al. : Pancreatic invasion as the prognostic indicator of duodenal adenocarcinoma treated by pancreatoduodenectomy plus extended lymphadenectomy. Surgery (1998) 124, 510-515.
13) 菅原 元, 山口晃弘, 磯谷正敏, 原田 徹, 金岡祐次, 鈴木正彦, 芥川篤史, 鈴村 潔, 臼井達哉 : 原発性十二指腸癌の臨床病理学的検討. 日消外会誌 (2001) 34, 1283-1288.
14) Pickleman J, Koelsch M, Chejfec G : Node-positive duodenal carcinoma is curable. Arch Surg (1997) 132, 241-244.
15) 宮川直子, 山田雅文, 田中重三 : 原発性十二指腸癌 (粘液癌) の1例. 今治臨内会誌 (1990) 2 , 77-80.
16) 佐々木誠, 押淵 徹, 浜崎宏明, 藤本正博, 梶原義史, 松尾繁年, 角田 司 : 原発性十二指腸球部膠様腺癌の1 例. 日消外会誌(1991) 24, 2419-2423.
17) 魚谷英之, 沢田石勝, 堀川直樹, 小西宗明, 小西義男, 伊達和俊, 清水哲朗, 塚田一博, 田中三千雄 : 原発性球部進行癌の1例. 癌の臨床 (1998) 44, 645-650.
18) 横浜吏郎, 石関哉生, 田森啓介, 稲場 守, 谷 光憲, 村川力彦, 福良嚴宏, 西山 徹, 牧野 勲, 徳差良彦, 三代川斉之 : 十二指腸原発mucinous papillary adenocarcinoma の1 例. 消化器画像 (2002) 4 , 233-239.
19) 藤倉博之, 浦上 淳, 岩本末治, 山下和城, 吉田和弘, 木元正利, 杉生訓昭, 武田昌治, 角田 司 : 原発性十二指腸癌7 症例の検討. 川崎医学会誌 (2002) 28, 137-142.
20) 児玉久光, 吉本晃宏, 内田陽子 : 原発性十二指腸球部癌の1 例. 外科 (2003) 65, 1741-1744.
21) 田中弓子, 黒田雅利, 横井美樹, 原田英也, 吉谷新一郎, 斎藤人志, 高島茂樹 : 長期生存の得られた十二指腸癌・大腸癌異時性重複癌の1 例. 金医大誌 (2004) 29, 115-119.
22) 加納幹浩, 村下純二 : 腹腔内腫瘤にて発見された十二指腸球部粘液癌の1 例, 日臨外会誌 (2005) 66, 2181-2184.
23) Yagyu T, Aihara T, Murayama M, Kikuchi S, Nakamura E, Hase K, Hatsuse K, Tamura K, Mochizuki H : Mucinous carcinoma of the duodenum associated with hereditary nonpolyposis colorectal cancer : report of a case. Surg Today (2006) 36, 1129-1132.
24) 奥村文浩, 妹尾恭司, 吉田道弘, 宮部勝之, 内藤 格, 田中創始, 林 香月, 安藤朝章, 中沢貴宏, 大原弘隆, 濱口 桂, 金井道夫, 他 : 腹膜播種に対し化学療法が有効であった副膵管内腫瘍栓をともなう原発性十二指腸粘液癌の1 例. 日消誌 (2009) 106, 1736-1743.
25) 山田卓司, 三浦 修, 川野豊一, 松崎圭祐, 山本雅一 : 十二指腸球部粘液癌の1 例. 日消外会誌 (2011) 44, 1111-1117.
26) 椛島 章, 工藤健介, 中村俊彦, 二宮瑞樹, 濱津隆之, 長谷川博文, 牛島千衣, 北村昌之 : 十二指腸癌術後腹膜播種再発に対して集学的治療にて長期予後を得た1 例. 癌と化学療法 (2012) 39, 1969-1971.
27) 大下裕夫, 種村廣巳, 天岡 望, 河嶋 廣, 本田一郎 : 0 -Ⅰ型の肉眼型を呈した13㎜大の進行十二指腸粘液癌の1 例. 癌の臨床(2014) 60, 99-104.
28) 山本澄治, 佐藤博紀, 遠藤 出, 久保雅俊, 宇高徹総, 水田 稔, 宮谷克也 : S- 1 療法が奏効した巨大十二指腸粘液癌切除の1例. 日消外会誌 (2014) 47, 490-498.
29) Ryder NM, Ko CY, Hines OJ, Gloor B, Reber HA : Primary duodenal adenocarcinoma. a 40-year experience. Arch Surg (2000) 135, 1070-1075.
30) 芹澤昌史, 中山 淳 : 陥凹型を呈した早期胃粘液癌の1 例. ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease (2014) 30, 27-31.
31) 樋口哲郎, 小林宏寿, 石川敏昭, 石黒めぐみ, 飯田 聡, 植竹宏之, 榎本雅之, 杉原健一 : 大腸粘液癌の再発形式の検討. 癌と化学療法 (2010) 37, 2560-2562.
32) 金澤 周, 塩澤 学, 田村周三, 稲垣大輔, 山本直人, 佐藤 勉, 大島 貴, 湯川寛夫, 今田敏夫, 赤池 信 : 大腸粘液癌根治切除症例における臨床病理学的検討と予後因子の検討. 日本大腸肛門病会誌 (2010) 63, 43-50.