著者 能祖 一裕| 小林 功幸| 中村 進一郎| 湯本 英一朗| 鈴木 貴博| 箱田 知美| 詫間 義隆| 田中 弘教| 松本 栄二| 谷口 英明| 藤川 達也| 鈴木 真由美| 守屋 昭男| 坂口 孝作| 辻 孝夫|
発行日 2001-12-31
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
113巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
JaLCDOI 10.18926/14956
タイトル(別表記) MR-angiographyで経過を観察しえた慢性関節リウマチに合併した巨細胞動脈炎の1例
フルテキストURL 069_035_039.pdf
著者 原田 誠之| 光延 文裕| 兒玉 富美子| 保崎 泰弘| 御舩 尚志| 柘野 浩史| 岡本 誠| 湯本 英一朗| 高田 真吾| 谷崎 勝朗|
抄録 We report a patient who developed giant cell (temporal) arteritis during treatment of rheumatoid arthritis. The patient was a 57-year-old Japanese woman and had been well controlled with anti-rheumatic drugs, when she presented to our hospital with severe bitemporal headaches and marked fatigue. An exclusive diagnosis was rapidly made and she was diagnosed as having giant cell arteritis based on the classification criteria by American College of Reumatology. Additionally, magnetic resonance (MR) angiography was performed, from which stenotic change in the bilateral superficial temporal arteries was strongly suspected and then corticosteroid therapy was quickly started. The patient followed an uneventful course without developing any complications such as visual dysfunctions. Therapeutic effect was confirmed by MR-angiographic findings obtained 4 weeks after the initiation of therapy.
抄録(別表記) 慢性関節リウマチ治療経過中に巨細胞動脈炎(側頭動脈炎)を合併した1例を報告した。症例は抗リウマチ剤投与で良好にコントロールされていた慢性関節リウマチの57歳の女性で,強い両側頭部痛と全身倦怠感を主訴に来院した。アメリカリウマチ学会(ACR)の分類基準に基づき巨細胞動脈炎と診断し,MR-アンギオグラフィーで両側浅側頭動脈の狭窄性変化を強く疑い,発症 早期よりステロイド投与を開始した。眼合併症等を来すことなく良好な経過をとり,治療開始4週間後のMR-アンギオグラフィー再検でその治療効果を確認し得た。MR-アンギオグラフィーで巨細胞動脈炎病変部を観察しえた報告は極めて少なく,文献的考察を加え報告する。
キーワード 巨細胞動脈炎 (giant cell arteritis) 側頭動脈炎 (temporal arteritis) 慢性関節リウマチ (rheumatoid arthritis) MRアンギオグラフィー (MR-angiography)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 35
終了ページ 39
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308121
JaLCDOI 10.18926/14959
タイトル(別表記) n-3系脂肪酸食の気管支喘息に対する臨床効果:n-6系脂肪酸との比較
フルテキストURL 069_040_048.pdf
著者 岡本 誠| 芦田 耕三| 光延 文裕| 御舩 尚志| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 原田 誠之| 湯本 英一朗| 高田 真吾| 谷崎 勝朗| 片岡 幹男| 原田 実根|
抄録 N-3 fatty acids, such as fish oil, have been reported to have some beneficial effects in patients with bronchial asthma by suppressing leukocyte function, followed by reduction of the need for pharmacologic agents. To examine the effects of dietary supplementation with perilla seed oil rich in α-linolenic acid (ALA), 23 patients with asthma took corn oil rich in linoleic acid (LA) for the former two weeks, perilla seed oil for the later two weeks. The asthmatic patients were classified into two groups by the changes of the generation of leukotrienes B4 (LTB4), C4 (LTC4), and B5 (LTB5) during the two courses of dietary modification: one was sensitive to dietary modification, and the other was insensitive to dietary supplementation. We compared the two groups in clinical characteristics. Significant differences were observed in peak flow (PEF), forced expiratory volume in one second (FEV1.0), IgE, sex, obesity index (OI), concentration of serum total cholesterol, albumin, low density lipoprotein {LDL)-cholesterol, β-lipoprotein and phospholipids between two groups. This study indicated that these factors influence the generation of LTB4, C4 and B5 of asthmatic patients in dietary supplementation.
抄録(別表記) 気道への炎症性白血球の集合が気管支喘息の病態に関わっている。魚油などのn-3系脂肪酸が白血球の機能を抑制することにより気管支喘息患者に良好な効果をもたらし,薬剤の必要性を減じたとの報告がなされている。α-リレノン酸を豊富に含有するエゴマ油食の効果を調べるため,気管支喘息患者23名に2コースの食事-リノール酸の豊富なコーン油食を2週間摂取後,エゴマ油食を2週間-を摂取してもらった。喘息患者は2コースの食事間のロイコトリエンB4(LTB4),CA(LTC4),B5(LTB5)の変化から2群-1群は食事に対し感受性のある群,もう1つは感受性の無い群-に分類した。我々はこの2群を臨床的に検討したところ,ピークフロー(PEF),1秒量(FEV10),IgE,性別,肥満率(OⅠ),血清総コレステロール,アルブミン,低比重リポ蛋白(LDL)-コレステロール,β-リポ蛋白,リン脂質において2群間に有意差が認められた。今回の研究から,これらの因子が,喘息患者において,LTB4,LTC4,LTB5の産生に対する食事療法の効果に影響を及ぼしていることが示唆された。
キーワード n-3系脂肪酸 (n-3 fatty acids) エゴマ油 (perilla seed oil) 気管支喘息 (bronchial asthma) LTB4 LTC4
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 40
終了ページ 48
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308199