JaLCDOI 10.18926/OER/53108
Sort Key 17
フルテキストURL oer_046_2_263_271.pdf
著者 犬塚 篤|
抄録  本論は,Verganti, R.によって書かれた「デザイン・ドリブン・イノベーション」を批判的にレビューしたものである。著者が考える同著の主な問題点は,その稚拙な論理構成と実証的事実の乏しさにある。本論では,同コンセプトを安易に信用することの危険性を反事例を導入しながら説明し,経営学書を読む際の論理的思考の重要性を主張する。
抄録(別表記) This is a paper which critically reviewed the book,“Design-driven Innovation,”authored by Verganti, R. The main problem of this book which the author thinks exists in its poor logic and a lack of empirical findings. This paper explains the risk of believing this concept easily by introducing counterfactual cases, and stresses the importance of logical thinking when you read books on business management.
備考 書評 (Book Review)
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2014-12-18
46巻
2号
出版者 岡山大学経済学会
出版者(別表記) The Economic Association of Okayama University
開始ページ 263
終了ページ 271
ISSN 0386-3069
NCID AN00032897
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2014 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
査読 有り
NAID 120005540386
Eprints Journal Name oer