このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 351
Eprint ID
351
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Studies on Grass Productivity of Steep Mountainous Grassland (IV) A Comparison of Grass-Ladino Clover Mixures as Pastures for Young Steers on Steep Mountainous Grassland
著者
三秋 尚 岡山大学
片寄 功 岡山県和牛試験場
白石 太郎 岡山県和牛試験場
智和 正 岡山県和牛試験場
黒田 昭昌 岡山県和牛試験場
有富 敬典 岡山県和牛試験場
嘉寿 頼栄 岡山県和牛試験場
豊田 繁正 岡山県和牛試験場
小割 利美 岡山県和牛試験場
渡辺 滋樹 岡山県和牛試験場
抄録
急傾斜山地草地の不耕起造成用草種としてのオーチャードグラス,トールフェスク,レッドトップの各草地にラジノクローバを混播した時の家畜の生産性と草地植生の影響を調査し,急傾斜山地草地におけるラジノクローバ混播に関する知見をうるために,1970年と1971年の2か年間,黒毛和種若令去勢牛を用いて放牧実験を行なった. 得られた結果の概要は次のとおりである. 1)放牧期間中の1目1頭当たり増体量の2か年間の平均はオーチャードグラス・クローバ草地620g,卜ールフェスク・クローバ草地621g,レッドトップ・クローバ草地615gであった. 2)イネ科単播草地ヘクローバを混播することによって増体盤の増加がみとめられた. 3)オーチャードグラスとトールフェスク草地ではクローバの混播により裸地が著しく減少したが,レッドトップ草地では余り影響がみられなかった. 4)レッドトップ・クローバ草地ではクローバが優勢化しやすく放牧牛に鼓脹症の発生がみられた. 5)肥沃条件下ではレッドトップにラジノクローバを混播することは余りこのましくない。
発行日
1974
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
43巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
67
終了ページ
73
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa