このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19647
Eprint ID
19647
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Screening test for chromosome aberrations of long-time residents in misasa spa.
著者
古元 嘉昭 岡山大学医学部附属環境病態研究施設
河本 知二 岡山大学医学部附属環境病態研究施設
砂川 満 岡山大学医学部附属環境病態研究施設
矢木 信子 岡山大学医学部附属環境病態研究施設
御船 政明 岡山大学医学部附属病院三朝分院中央検査部
抄録
三朝温泉のラドン含有は,源泉で約1347~2694Bq/l,常用温泉水で137~224Bq/l,また,屋内では7.3~73.7Bq/lである。三朝温泉地に出生して,28~75年にわたる入浴者9名,および三朝温泉地外に出生して16~78 年にわたる入浴者4名について末梢静脈血の染色体検査を,ギムザ染色,および特に長年入浴している3名についてはG一分染法による分析を行なった。浴水,および生活環境のラドン濃度の多寡によらず,長年の入浴によっても染色体の構造変化は正常範囲内であった。
抄録(別表記)
Screening test for chromosome aberrations of 13 long time residents, 9 native and 4 movingin in Misasa Spa was performed. Each Radon content in baths ranges 166-224 Bq/l, in homes 8.6-73.7 Bq/l, and in offices 8.4-22 Bq/l. Normal Karyotypes on both sexes and normal range of aberrations, gaps and breaks, were found in chromosome analyses. There are no significant radioactive effects from longtime bathings and from environment in both groups of Misasa spa districts, corresponding to the facts of no significant incidence of infertility, malformations, a brief span of life, and neoplasms compared to other places.
キーワード
三朝温泉地 (Misasa spa)
ラドン泉 (Radon bath)
染色体異常 (Chromosome aberration)
発行日
1986-07
出版物タイトル
環境病態研報告
出版物タイトル(別表記)
Papers of the Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
57巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
9
終了ページ
11
ISSN
09133771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc