このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 18894
Eprint ID
18894
フルテキストURL
Thumnail 73_697.pdf 895 KB
タイトル(別表記)
Experimental study on the practice of ultrasonic wave in the field of forensic medicine
著者
神田 瑞穂 岡山大学医学部法医学教室
白石 真澄 岡山大学医学部法医学教室
竹丸 英夫 岡山大学医学部法医学教室
近藤 嘉男 熊本大学医学部法医学教室
抄録
For examining the blood group and precipitin reaction of the dried blood or saliva stain, the author used the heat and mechanical actions under ultrasonic radiation. The results are briefly as follows: It was apparent that the determinations of blood type and precipitin reaction were rapidly completed by ultrasonic radiation (710 kc) of intensity of 1000 V (radiation time-over 10 minutes) or 1500 V (radiation time-over 5 minutes) against the dried blood stain and 1000 V or 1500 V (radiation time-both over 5 minutes) against the dried saliva stain.
発行日
1961-09-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
73巻
7-9号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
697
終了ページ
707
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/73/7-9/73_7-9_697/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma