このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 18332
Eprint ID
18332
フルテキストURL
Thumnail 77_1061.pdf 819 KB
タイトル(別表記)
A Case Report of Twin Gallbladder Ascertained by Peritoneoscopy
著者
島田 宜浩 岡山大学医学部小坂内科教室
小林 敏成 岡山大学医学部小坂内科教室
小島 澄一 岡山大学医学部小坂内科教室
宮下 知義 岡山大学医学部小坂内科教室
木下 陽 岡山大学医学部小坂内科教室
種谷 節郎 岡山大学医学部小坂内科教室
高山 有泰 岡山大学医学部小坂内科教室
玉尾 博康 岡山大学医学部小坂内科教室
抄録
After X-ray examinations of a case complaining of upper abdominal pain it was suspected of twin gallbladder, and subsequently it was confirmed by peritoneoscopy. This paper described about this unusual case. It was demonstrated that this case had a twin gallbladder one lobe in front of another each of which measured about 3cm of diamater. This corresponds to the bilobed gallbladder reported by S. Sherlock. The anterior lobe was hardly functioning and hence the bladder function was performed by the posterior lobe. This point was verified by roentgenographs of the gallbladder as well as by peritoneoscopy.
発行日
1965-07-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
77巻
7号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
1061
終了ページ
1066
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/77/7/77_7_1061/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma