このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11070
Eprint ID
11070
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Screening nad lsolation of Azo Dyes Decolorizing Microorganisms and Analysis of Their Mechanism
著者
稲垣 賢二 岡山大学
川口 将和 岡山大学
田口 隆章 有限会社タグチ
田村 隆 岡山大学
田中 英彦 岡山大学
抄録
A yeast, Candida sp. MK-1, newly isolated from activated sludge as a dye decolorizing microorganism, decolorized Color lndex (C.l.) Reactive orange 16 and C.l. Reactive red 21 on the solid medium. Both azo dyes were also decolorized even in the liquid medium. The decolorizing activity by Candida sp. MK-1 depends on glucose concentration. Textile stained by Reactive orange 16 or Reactive red 21 was decolorized by Candida sp. MK-1. There results suggest that Candida sp. MK-1 has potential applications for the decolorization of textile and for the bioremediation of dye-contaminated wastewater.
抄録(別表記)
アゾ染科を脱色する微生物の検索を行い、岡山市旭西浄化センターの活性汚泥サンプルから染科脱色菌1株を単離した。単離菌MK-1株はCandida属に分類される酵母であり、実験に用いた5種のアゾ染科のうちColor Index(C.I.)Reactive orange 16, C.I.Reactive red 21の2種類の染科を効率的に脱色した。脱色機構を検討したところCandida sp.MK-1株による脱色はグルコースんい依存していることが判明した。さらに菌体を用いた染色生体の脱色も可能であった。これらの結果は、今回単離したCandida sp. MK-1株が、抜染法等に応用可能であり、更に染科を多量に含んだ有色廃水の処理等のバイオレメディエーションにも応用できる可能性を示した。
キーワード
decolorization
azo dyes
Candida sp
screening
bioremediation
発行日
1998-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
87巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
47
終了ページ
51
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa