JaLCDOI 10.18926/15282
タイトル(別表記) Influence of the Bone for Electron-beam Therapy
フルテキストURL 008_1_037_042.pdf
著者 中桐 義忠| 稲村 圭司| 田原 誠司| 宇野 弘文| 東 義晴| 渋谷 光一| 後藤 佐知子| 丸山 敏則| 森岡 泰樹| 栄 勝美| 中川 富夫| 武本 充広| 杉田 勝彦| 平木 祥夫|
抄録 電子線治療は,体表面またはその近傍に発生する悪性腫瘍の治療にしばしば用いられる治療法である。電子線はエネルギーに対応した飛程を持っており,飛程を越えると急激に線量は減少する。この性質は腫瘍に一定の線量を照射し,腫瘍後方に存在する決定臓器を保護することができるので,病巣を選択的 に治療するのに好都合である。しかし,照射野内に人体軌部組織より密度の違う物質が存在する場合,散乱,吸収の影響が大きく,電子線線量分布は乱れたものとなる。今回,人体内にある骨を想定してVolumeの違う骨Phantomを使 用して影響を調べたところ,骨幅によって骨後方および断端に線量の乱れが生じることがわかった。すなわち,骨の中央ではある程度後方に距離が離れると,線量は大きく減少する現象が見られた。また,横方向の線量分布は骨断端近くで一旦線量の減少が見られ,断端を離れると急激に増加する。したがって,実際の臨床において,Target Volume近くに骨が存在する場合は総線量の決定に際して注意が必要である。
抄録(別表記) The Electron-beam therapy is often used for the treatment to malignant tumors on the surface or its neighborhood of the body. An electron-beam has the range depended on its energy, and its dose is rapidly decreased at the points beyond the range. This property is available to irradiating a tumor with leaving the critical organs unexposed. However, we should take notice that the dose-distributions are disordered if materials of various densities are in the irradiation field. In this paper, we examined how the dose-distribution are disordered by using the phantom made from human bones of various volumes. As a result, the peculiar disorders of the dose-distribution due to the difference of the bone width were found at the back and edge of a bone. Moreover, the dose at the edge of a bone was decreased, but the dose at the side of a bone was rapidly increased in the distance position from the bone. It is necessary to take account of that the above peculiar phenomenon affect the total dose for the treatment when bones exist near the target volume in the irradiation field.
キーワード 電子線治療 (electron-beam therapy) 線量分布 (dose distribution) 不均質物質 (inhomogeneity)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1997-09-10
8巻
1号
開始ページ 37
終了ページ 42
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307839
JaLCDOI 10.18926/15228
タイトル(別表記) 放射線エネルギーの違いによる喉頭癌における吸収線量の影響
フルテキストURL 012_2_091_099.pdf
著者 青山 英樹| 中桐 義忠| 井上 光広| 稲村 圭司| 田原 誠司| 宇野 弘文| 森岡 泰樹| 平木 祥夫|
抄録 We investigated the usefulness of Gafchromic MD-55 film (Nuclear Associates, Inc.) for measuring the radiation doses on the radiotherapy of laryngeal cancers. Since larynx has thin wedge-shaped structure in anterior neck adjacent to airway, the radiation doses to the lesion may be diminished because of build-up and build-down. So, the dose has been measured with conventional measuring systems such as thermoluminescent dosimetry (TLD). However, it was not possible to evaluate the dose distribution correctly using TLD, because it is impossible to float a TLD chip in an air cavity. In this study, we employed Gafchromic MD-55 film as a dosimeter, for it can be set on the area of interest and with a measurability of dose range of 3 to 100 Gy, though it has no energy dependency. And this radiometer is composition near the soft tissue of the human body. The dose distributions to larynx were investigated with this film using neck phantom under each radiation beam energy of 4, 6 and 10 MV x-rays. Our neck phantom is made from acrylic resin and simulates a normal larynx on the basis of image information of computed tomography (CT). Moreover we observed secondary build-up and build-down curves in tissue in the vicinity of air cavities, especially at 10 MV x-rays. These findings suggest that patients with TI-T2 glottic cancers with anterior commissure invasion may receive more effective treatment with 4 MV x-rays rather than with 6 MV and 10 MV x-rays.
抄録(別表記) Tl声門癌に対して放射線治療を単独で行うのは確立している方法である。しかし,頚部は解剖学的に複雑であり,前方に薄いⅤ字形で,喉頭が気道に隣接している構造を持つので,病巣への線量はbuild-upとbuild-downの影響による線量低下が生じることが考えられる。すなわち,放射線エネルギーの選択が喉頭癌の局所的制御に影響を及ぼすと言える。この影響は,より高い放射線エネルギーでは,それに伴いより強く起きるということが基礎実験にて報告されている。また,それらの線量測定は,熱ルミネセンス線量計(TLD)のような従来の測定システムで測定されていた。しかし,空気空洞へTLD を単体 で浮かせ線量を正確に測定し評価を行うのは困難である。本研究において,我々は Gafchromic MD-55 film (Nuclear Associates, Inc.)を使用し測定した。 Gafchromic MD-55 film は,フィルムタイプ線量計でありエネルギー依存性がなく,3~100 Gyを測定可能であり,アクリル製頸部ファントムの空気組織境界面及び,空洞部に線量計を容易に精度良く配置することが可能である。また,この線量計は人体の軟部組織に近い組成である。そこで, 4, 6および10MVの各エネルギーでこの線量計を用いてエネルギーの違いによる,頸部ファントムを用いて喉頭の線量評価を行った。その結果,我々は,特に放射線エネルギー10MVで頸部ファントムにおける,前部組織-組織空洞境界面-空洞部の一連したbuild-upおよびbuild-downを線量計で評価することができた。これらの研究の結果、前交連浸潤を有するT1-T2に相当する声門癌患者は,放射線エネルギー6MVおよび10MVではなく,4MVを用いることによって,より効果的な放射線治療を行えると推測できる。
キーワード Gafchromic MD-55-2 film radiation dose build-up build-down glottic cancer
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2002-03-20
12巻
2号
開始ページ 91
終了ページ 99
ISSN 1345-0948
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307342
JaLCDOI 10.18926/15227
タイトル(別表記) Suitability on the densitometry systematize in Laser Densitometer Model 1710 for Gafchromic MD-55-2 film
フルテキストURL 012_2_083_090.pdf
著者 青山 英樹| 中桐 義忠| 井上 光広| 稲村 圭司| 田原 誠司| 宇野 弘文| 森岡 泰樹| 平木 祥夫|
抄録 医療の高度化に伴い,放射線治療分野においても急速な技術革新が行われている。QOL(Quality of Life)を考慮に入れた治療が求められる多くの場合,放射線治療が大きな選択肢の一つであることは言うまでもない。このような状況下の中で,正常組織に影響を与えず病巣に限局した放射線を照射する技術が開発され,外照射においては,欧米に習い我が国でも研究段階から臨床へ移り変わろうとしている。その際に,投与線量評価を欠かすことができないが,従来から使用されているいずれの線量計も新しい治療法に対応しきれていない。そこで,フィルムタイプ線量計, Gafchromic MD-55-2 film の開発により,いくつかの問題が解決されてきている。しかし,この線量計を精度良く測定する濃度測定器が必要になるが,現段階において規格化されたガイドラインが存在しないのが現状である。そこで本研究では,当施設で保有しているⅩ線フィルム線量測定用 Laser Densitometer Model 1710 を用いて Gafchromic MD-55-2 fllm による線量測定を行い,問題点の抽出を行うとともに線量測定精度の考察を行った。
抄録(別表記) For the medical advancement, the speedy technical innovation is performed also in the radiotherapy. When patients can search for QOL (Quality of Life), the radiation therapy is one of the choices. The radiation therapy system for limited irradiation to lesion without affecting normal tissue has been developed over several years. On the technology of external irradiation in our country, the level is improving to clinical stage from study grade. In such things, a new requirement will come out also as for the measuring method of the medication dose. However, conventional various radiometers have many problems to the dosimetry of the new radiotherapy method. Gafchromic MD-55-2 film, which has new form of radiochromic film based on poly-diacetylene and has been introduced for medical applications recently, is expected to solve some problems. Now, in clinical usage of this film, there is no comprehensive guideline for densitometry system and it's calibration yet. So, in this paper, the densitometry of Gafchromic MD-55-2 film was performed with Laser Densitometer Model 1710 for general-purpose film dosimetry system. And then, problems in the densitometry were extracted and the accuracy of dosimetry was investigated.
キーワード Gafchromic MD-55-2 film Laser Densitometer Model 1710 濃度測定器制御ソフトウェア (Control software of densitometry system) 測定精度 (Accuracy of measurement)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2002-03-20
12巻
2号
開始ページ 83
終了ページ 90
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307935
JaLCDOI 10.18926/15204
タイトル(別表記) Characteristic of GAFCHROMIC XR TYPE T dosimetry film
フルテキストURL 014_1_023_029.pdf
著者 窪津 真理子| 中桐 義忠| 氏福 亜矢子| 谷口 友季子| 八谷 美穂| 東 義晴| 後藤 佐知子| 丸山 敏則| 青山 英樹| 田原 誠司| 稲村 圭司| 渡邉 敏充| 杉田 勝彦|
抄録 医療の高度化に伴い,近年では長時間のⅩ線透視を行うInterventional Radiology(IVR)手技が頻繁に行われ,副作用としての難治性放射線皮膚障害例の報告が増加している。確定的影響である放射線皮膚障害はしきい値を超えると発症し,線量に依存して障害の程度が重篤となるため,患者被曝線量の測定が重要である。しかし,IVRでは照射部位が多彩で,焦点-皮膚間距離が不安定なため,その測定方法は確立されていない。本研究では,近年IVR等低エネルギー線量測定用フイルムとして開発されたCAFCHROMIC XR TYPE T について性能評価を行い,患者皮膚入射面の被曝線量測定への応用の可能性について検討した。その結果,線量特性,線質特性,ネット値の安定性に良好な特性を示し,臨床に使用可能であったので報告する。
抄録(別表記) In recent years, interventional radiology (IVR) using which uses prolomged fluoroscopy has been performed frequently in clinical radiology. Also, reports of radiation skin injuries whose symptoms occur after IVR has been also increasing. These symptoms will become worse if the radiation induced skin injuries are caused by doses which are above the designated threshold, and the grade of injuries are dependent on dose. Therefore, it is important that patient skin dose is measured correctly. But when perfoming IVR, irradiation is complex pricedure, and there is a measurement error with an unfixed source-to-skin distance. So. in this paper, characteristics of GAFCHROMIC XR TYPE T (which are film for low energy X-rays) are performed. Then, they are decided whether the application to the skin surface incidence dose measurement whoud be posible. From these results usefull data can be obtainned; for exanmpe film characteristics, energy factors and stability of sensivility.
キーワード 患者被爆線量 (Patient Exposure dose) GAFCHROMIC XR TYPE T Radiochromic film Interventional Radiology (IVR) 測定精度 (Radiation dosimetry)
出版物タイトル 岡山大学医学部保健学科紀要
発行日 2003-12-25
14巻
1号
開始ページ 23
終了ページ 29
ISSN 1345-0948
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307331
JaLCDOI 10.18926/11931
タイトル(別表記) Statistics and analysis on the troubles of linear accelarator.
フルテキストURL 005_099_103.pdf
著者 中桐 義忠| 三上 泰隆| 東 義晴| 渋谷 光一| 後藤 佐知子| 稲村 圭司| 田原 誠司| 宇野 弘文| 杉田 勝彦| 平木 祥夫|
抄録 放射線治療の成否は厳密に設定されたTarget Volumeに如何に正確な線量を照射するかによって決まる。治療術式の過程において、最も大きな誤差を生む要因は照射機器である。誤差の少ない治療を目指す第一歩は機器を正確に作動させることであり、日常からの保守点検および整備が必要である。今回、岡山大学附属病院で1976年から1991年までに使用されたリニアックについて、その故障状況を集計し、部位別故障件数、管球の寿命、稼動率などを分析検討した。その結果、故障件数では設置され稼動を始めた1976年、装置の老朽化が進んだ1990、1991年に多かった。部位別集計では加速部に圧倒的に多く、次いで照射口、高圧部の順であった。稼動率は設置年および1987年を除いてはいずれも96%以上とよい結果であった。この結果は全国に稼動している同型の装置の保守点検に役立つものと考える。
抄録(別表記) The Accuracy of radiation dose exposed the rigidly selected target volume is one of significant factors that have an influence upon the efficiency of treatment in the radiotherapy techniques. Therefore, it is necessary to daily maintain and check irradiation equipment for the radiotherapy. For the radiotherapy, the electron linear accelerator, Toshiba LMR-15A, had worked from 1976 to 1991 in Okayama University Hospital. On this study, all records regarding the operating condition were analyzed concerning parts of trouble, life of a tube and operating efficiency for these sixteen years. In a high frequency of trouble, an accelerating structure ranked first, followed by a collimator and a high voltage generator. The operating efficiency was 95% or greater. This report should be helpful to maintain and check a same model in other hosptals.
キーワード 放射線治療 (radiotherapy) 直線加速器 (linear accelarator) 故障 (troubles of radiation system)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1995-01-31
5巻
開始ページ 99
終了ページ 103
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313722
JaLCDOI 10.18926/11878
タイトル(別表記) Dosimetry in Radiography
フルテキストURL 004_069_073.pdf
著者 中桐 義忠| 後藤 佐知子| 三上 泰隆| 東 義晴| 渋谷 光一| 稲村 圭司| 田原 誠司| 宇野 弘文| 高田 義明| 丹谷 延義| 山田 俊治| 杉田 勝彦| 平木 祥夫|
抄録 Utilization of radiation in medical treatment is increasing more and more ; consequently, It becomes more important to estimate exposure dose correctly. Altough there are many reports about exposue dose for patients, most of them merely describe the results of the measurements by parts of the body. Exposure dose differs with equipment, instruments, screen-firm system, contition of radiography, and so on. This paper describes the relation between skin dose and contitions of radiography, and also shows the result of measurement of "TPR" which needs to know the absorbed dose of each organ.
キーワード 線量測定 低エネルギー 被曝
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1994-01-31
4巻
開始ページ 69
終了ページ 73
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313669
JaLCDOI 10.18926/11820
タイトル(別表記) Photon background caused by the reduction of the electron beam energy - Materials of scattering foil -
フルテキストURL 003_013_018.pdf
著者 中桐 義忠| 三村 誠一| 稲村 圭司| 田原 誠司| 三宅 英昭| 東 義晴| 江草 具視| 三上 泰隆| 平木 祥夫| 山田 俊治| 杉田 勝彦|
抄録 The total skin electron beam therapy has been one of the clinical treatment for peripherally T-cell lymphoma; Mycosis fungoides, adult T-cell lymphoma, and so on. The crucial points in this treatment are not only having an optimum energy level of electron beam for a target volume (a tissue) but also keeping the photon back ground low. It is not easy to regulate those points by the control panel, however, for the equipment that is conventinally used for electron beam, theoretically, is to exchange lead (Pb), which is ordinarily used, to a low atomic number material as a scattering foil. We examined several different kinds and / or various thickness as a scattering foil material that can make the electron beam lower without an increase of the contaminant as X-ray. We hereby reported the results, and strongly suggested the following two materials in use; acrylic plate, carbon board, and so on, which are easily available and worked, would be practically useful for the total skin electron beam therapy.
キーワード 電子線エネルギー X線混入率 電子線全身照射法 スキャタリングホイル
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1993-01-31
3巻
開始ページ 13
終了ページ 18
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313375
JaLCDOI 10.18926/11805
タイトル(別表記) Dose Distributions at Standard Diagnostic X-Ray Energy
フルテキストURL 002_063_071.pdf
著者 三宅 英昭| 稲村 圭司| 中桐 義忠| 門久 繁文| 三上 泰隆| 東 義晴| 山田 俊治| 杉田 勝彦| 平木 祥夫|
抄録 Exposure dose has been indicated by surface dose or transit dose, but they could not indicate dose distributions inside the body. Modulex as the radiation therapy planning system was used for dose distributions at standard diagnostic X-ray energy. X-ray is low energy X-ray at standard diagnostic radiography, so alterations of the energy and the scattering dose distribution by absorbers are quite different from those at high energy X-rays. Mix-DP was put to the homogeneous tissue use, then Bone equivalent phantom or Lung equivalent phanton was put to the inhomogeneous tissue use. Density correction factors for inhomogeneous phantoms were gotten by the calculation of the water equivalent thickness. In Bone the inhomogeneous correction depended strongly on the bone thickness. In Lung it was in need of one density correction factor and the scattering correction method for the decrease of the back scattering. The calculated dose distributions by Modulex agreed with measured data when each correction was carried out, and it was indicated that those data apply to inclinical situations.
キーワード Exposure Dose Dose Distribution Radiation Therapy Planning System Density Correction Scattering Correction
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1992-02-05
2巻
開始ページ 63
終了ページ 71
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313328
JaLCDOI 10.18926/11766
タイトル(別表記) Basic properies of beam flatness analyzer (THEBES 7000)
フルテキストURL 007_1_023_027.pdf
著者 中桐 義忠| 小栗 宣博| 丸山 敏則| 大川 義弘| 若狭 弘之| 永谷 伊佐雄| 東 義晴| 渋谷 光一| 後藤 佐知子| 三上 泰隆| 稲村 圭司| 森岡 泰樹| 杉田 勝彦| 平木 祥夫|
抄録 癌の有力な治療法の1つである放射線治療はシステム全体の許容誤差が±5%と、正確な治療が要求されている。正確な線量を正確な場所に照射されなければならない。そのためには日頃から照射装置のQuality Control が重要である。Beam平坦度の測定はその中でも、重要な項目で1/6月の測定頻度が勧告されている。今回、市販のBeam Flatness Analyzer (7000型 THEBES) を使用する機会を得たので、その基礎的性能であるChamber 相互の感度のちがい、測定値の再現性、識別可能な最小線量について実験を行った。各項目とも誤差が非常に少なく、日常の使用に際してそのデータは十分信頼できるものであることがわかった。
抄録(別表記) Lrradiation, which is one of the effective therapies to Cancer, is required to be accurate within ±5% of the tolerable error of the total system. An accurate dose has to be irradiated accurately at a target volume. For that Quality Control of the irradiation equipment is cotinually important. As the measurement of Beam Flatness is an important item, it is obligated to be measured once a week. In this paper as we have an opportunity to use a Beam Flatness Analyzer sold on a corporation of medical instrument, we experiment about the difference of sensitivity of mutual Chamber which is its basic property, the reproducibility of the measured score, and the minimum value of measuralbe dose. We find that the difference in every item is so small that its data is very reliable in a daily use.
キーワード 放射線治療 (radiation therapy) ビーム平坦度 (beam flatness) 性能評価 (valuation of property) 電子加速器 (electron accelerator)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1996-09-30
7巻
1号
開始ページ 23
終了ページ 27
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313499
JaLCDOI 10.18926/11750
タイトル(別表記) Total Skin Electron Beam Therapy
フルテキストURL 001_001_006.pdf
著者 中桐 義忠| 稲村 圭司| 三宅 英昭| 田原 誠司| 三村 誠一| 江草 具視| 三上 泰隆| 山田 俊治| 杉田 勝彦| 平木 祥夫|
抄録 The peripherally T-cell lymphoma; Mycosis fungoides etc, has the good radiation sensitivity, and has been adapted for total skin electron beam therapy. In this study the pendular irradiation method was used for the purpose of total skin electron beam therapy in Mycosis fungoides, and physical data on the radiation field and the electron beam energy were useful clinically.
抄録(別表記) 皮膚に限局した一連の末梢型T細胞リンパ腫は放射線に対する感受性が高く、電子線治療の適応となる疾患である。こららの疾患は一般的に全身の皮膚に浸潤するため、治療に際してはTarget Volumeの深さに合わせた最小限のエネルギーで全身隈なく照射する必要がある。筆者等は最近臨床で遭遇した菌状息肉症の患者を治療するため、その患者に合った物理的なデータを測定した。照射野の拡大には振子照射法を用い、エネルギー低減方法は装置に装備されている鉛のスキャタラーを低原子番号で、しかも加工のしやすい塩化Vinyl板に交換する方法を工夫した。データとして治療効果、副作用に関係する線量率、エネルギー、及び照射野内平坦度について測定した結果、距離が長くなる関係から線量率が低下する全身照射法の欠点は解消できなかったが、エネルギー及び平坦度については使用可能なデータを得ることができた。
キーワード 電子線全身照射法 菌状息肉症 全身性皮膚疾患
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1991-03-25
1巻
開始ページ 1
終了ページ 6
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313887
著者 中桐 義忠| 三宅 英昭| 杉田 勝彦| 三上 泰隆| 稲村 圭司| 三村 誠一| 大川 義弘| 竹田 芳弘| 平木 祥夫| 藤木 知一| 岸 幹二| 千原 直人|
発行日 1990-10
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
102巻
9-10号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 中桐 義忠| 東 義晴| 渋谷 光一| 後藤 佐知子| 丸山 敏則| 杉田 勝彦| 園山 真世| 森岡 泰樹| 稲村 圭司| 田原 誠司| 宇野 弘文| 門久 繁文| 井上 龍也| 平木 祥夫|
発行日 1995-12-20
出版物タイトル 環境制御
17巻
資料タイプ 紀要論文
著者 松島 紀志夫| 永谷 伊佐雄| 稲村 圭司| 門久 繁文| 中桐 義忠| 三上 泰隆| 杉田 勝彦| 青野 要|
発行日 1984-12-30
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
96巻
11-12号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 松島 紀志夫| 三村 誠一| 田原 誠司| 北山 卓一| 稲村 圭司| 三上 泰隆| 橋本 敬二| 平木 祥夫| 青野 要|
発行日 1985-02-25
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
97巻
1-2号
資料タイプ 学術雑誌論文