このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 46874
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Hemoagglutination inhibiting antibody of Japanese Encephalitis In the sera of inpatients of a hospital in Kurashiki City and that in the sera of an upper secandary school pupils in Kurashiki City (EpidemiologIcal Study on Japanese Encephalitis, 68)
著者
緒方 正名 岡山大学医学部公衆衛生学教室
目黒 忠道 岡山大学医学部公衆衛生学教室
劔持 堅志 岡山大学医学部公衆衛生学教室
森 孝昭 岡山大学医学部公衆衛生学教室
石田 立夫 岡山県環境保健センター
平松 宗成 岡山県環境保健センター
森下 喬之 森下病院
抄録
The rale of inpatients and high school pupils in Kurashiki City having value under 10 in HI reaclion was 11.4% and 15.2% respectively, suggesting that about one seventh of inhabitants have relatively a few HI antibody just before the season of outbreak of Japanese Encephalitis in Southern part of Okayama Prefecture.
備考
日本脳炎特集号 XXII (岡山大学脳炎委員会)
発行日
1981-02-28
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
93巻
1-2 suppl号
出版者
岡山医学会
開始ページ
19
終了ページ
21
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
Copyright© 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma