このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49381
フルテキストURL
Thumnail 125_29.pdf 4.66 MB
タイトル(別表記)
Mesalazine suppositories and their clinical application
著者
船隠 恵子 国立病院機構福山医療センター 薬剤科
堀田 修次 国立病院機構福山医療センター 薬剤科
濱岡 照隆 国立病院機構福山医療センター 薬剤科
田阪 武志 国立病院機構福山医療センター 薬剤科
立花 広志 国立病院機構福山医療センター 薬剤科
村上 敬子 国立病院機構福山医療センター 内科
豊川 達也 国立病院機構福山医療センター 内科
佐藤 英治 福山大学薬学部
友田 純 国立病院機構福山医療センター 内科
抄録
Ulcerative proctitis (UP) is a prevalent condition associated with increased morbidity, and topical mesalazine (5-aminosalicylic acid [5-ASA]) is known to inhibit the inflammatory processes in UP. We successfully devised mesalazine suppositories, in which 250mg mesalazine was equally distributed and remained stable for at least 2 weeks. We evaluated the effect of using mesalazine suppositories twice a day (BID) on two UP patients. The results demonstrated that mesalazine suppositories were efficacious, well tolerated and safe for the long-term maintenance of UP remission.
キーワード
メサラジン坐薬(mesalazine suppositories)
潰瘍性大腸炎直腸型(ulcerative proctitis)
備考
原著(Original Paper)
発行日
2013-04-01
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
125巻
1号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
29
終了ページ
33
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2013 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma