このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11650
Eprint ID
11650
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Maternity swimming at M isasa Hospital of Okayama University Medical School-Fourth report. The growth and development of babies who were born from the mothers who experienced the maternity swimming
著者
奥田 博之 岡山大学医学部附属病院三朝分院産婦人科
高取 明正 岡山大学医学部附属病院三朝分院産婦人科
近藤 裕司 岡山大学医学部附属病院産婦人科
坂田 旬子 岡山大学医学部附属病院三朝分院看護部
上本 学 岡山大学医学部附属病院三朝分院リハビリテーション部
藤井 純子 岡山大学医学部附属病院三朝分院看護部
増井 悦子 岡山大学医学部附属病院三朝分院看護部
永江 智穂 岡山大学医学部附属病院三朝分院看護部
河原 充子 岡山大学医学部附属病院三朝分院看護部
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
抄録
第1報において妊婦水泳に関する妊婦の認識について報告し,第2報において妊婦水泳の現状とその適応について報告し,第3報にて妊婦水泳が循環器系に与える影響について報告した。今回は,母親が妊婦水泳を行い出生後1年以上経過した児の発育,発達状況についてアンケート調査を行った。その結果,発育e発達状況は艮好であった。現時点で全例正常な発達をしていた。このことより我々の行っている妊婦水泳は児の発育,発達に悪影響を及ぼさないことが確かめられた。
抄録(別表記)
Seventy babies were born from the mothers who experienced maternity swimming in our hospital. The growth and development of 31 babies that were over 1 years old were investigated by means of a questionnaire survey. 62.5% of the total were answered. This survey showed that no babies had problems with their growth and development. These results suggest that maternal Swimmingmight have no hazardous effects on the fetus.
キーワード
妊婦水泳 (Maternity swimming)
児の発育・発達 (Growth and Development of the child)
発行日
1991-08
出版物タイトル
環境病態研報告
出版物タイトル(別表記)
Papers of the Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
62巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
27
終了ページ
31
ISSN
0913-3771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Sort Key
6
Eprints Journal Name
mmc