このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11690
Eprint ID
11690
フルテキストURL
タイトル(別表記)
A study of x-rays protection in a hip-joint radiography examination
著者
中桐 義忠 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻
丸山 敏則 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻
後藤 佐知子 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻
東 義晴 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻
澁谷 光一 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻
田村 恵里 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科 学生
谷本 江利子 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科 学生
鳥居 史子 岡山大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科 学生
竹田 芳弘 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻
杉田 勝彦 岡山大学医学部保健学科放射線技術科学専攻
抄録
幼小児を含めた若年者の股関節X線撮影検査においては鉛板などで生殖腺を防護して行うのが通常である。男性の場合は生殖腺は体外に露出しているので,それを鉛板で包むようにすればある程度目的は達成される。しかし,女性の場合,生殖腺は骨盤腔内に存在するため,卵巣及び子宮を防護でき診断目的領域にかからないように鉛板を成形し,腹壁上に置いて撮影する。X斬写真上ではグリッドで散乱線を除去しているため,鉛板の陰影がくっきりと撮影され,生殖腺は完全に防護されているように見える。しかし,体内では散乱線によるかなりの被曝があるものと考えられる。そこで今回,鉛板下の散乱線量を鉛板幅及び電圧を変化させ,ファントム内各深さの散乱線量を測定した。その結果,鉛板下の散乱線量が相当量認められ,その量は深さ3~4cmでピークを形成した。鉛板幅による変化は幅が狭いほど線量は大きくなり,電圧による変化は60kVと80kVを比べると80kVの方が多くなった。これを鉛板なしの場合と比較すると,ファントム内意さが増すにしたがい増大した。したがって,臨床において鉛板がずれて再撮影をすることのないよう細心の注意が必要であると考えられた。
抄録(別表記)
Usually in a hip-joint radiographic examination for the youth including children, the gonads should be well protected with an appropriate lead shield etc. Since the male gonads are in the outside of the body, if covered with a lead shield, the shield can protect them. However, in the case of the female, since the gonads of exist in a pelvic cavity, the lead shield is cut to a specific pattern so that it can protect the ovaries and the womb, and it is set on the abdomen during the radiographic exposure. Since the scattered radiation on an X-ray film can be removed with the grid, the image of a lead shield is obtained clearly, and the gonads seem to be protected completely. The shield can not protect the gonads of the female from the scattered radiation, though it protects them almost completely from the primary X-rays beam. Therefore, the gonads have radioactive contamination from scattered radiation. Then, in order to estimate the amount of scattered radiation under the lead shield, the dose under the shield was measured by using a phantom in this research, changing lead shield width, the tube-voltage, and the monitoring depth of a phantom. As a results, the dose under the lead shield was observed considerably and showed the peak at the depth of 3 or 4cm. Therefore, it was thought that a careful caution was required for obviating lead shield in clinical.
キーワード
股関節X線撮影 (Radiography Examination of Hip-joint)
医療被爆 (Patient Dose)
X線測定 (Dosimetry)
生殖腺防護 (X-rays Protection of the Gonads)
発行日
2001-03-24
出版物タイトル
岡山大学医学部保健学科紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
11巻
2号
出版者
岡山大学医学部保健学科
出版者(別表記)
Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
開始ページ
59
終了ページ
64
ISSN
1345-0948
NCID
AA11403004
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Sort Key
6
Eprints Journal Name
fhs