このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41175
フルテキストURL
Thumnail 71_6361.pdf 294 KB
タイトル(別表記)
Serological Studies on the Liver Antibody Part 3. Studies on the Azo-dye Labelled Liver Antibody
著者
谷野 光弘 岡山大学医学部第一内科教室
抄録
With the use of Atoxyl antibody obtained from the rabbit immunized with Atoxyl labeled egg-white albumin the author traced the changes of Atoxyl in the blood and oragns of the rabbit inoculated with Atoxyl labeled normal rabbit serum and homologus liver antiserum. As the results it has been clarified that the liver antiserum does not reveal absolute visceral specificity but it shows a relative visceralspecificity and also it tends to disturb the liver function.
発行日
1959-09-20
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
71巻
10-1号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
6361
終了ページ
6365
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/71/10-1/71_10-1_6361/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma