JaLCDOI 10.18926/14913
タイトル(別表記) マトリックスメタロプロテアーゼと膵疾患
フルテキストURL 071_076_083.pdf
著者 横山 元浩| 越智 浩二| 水島 孝明| 一村 光子| 鶴見 哲也| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 Matrix metalloproteinases (MMPs) is a family of collagenolytic enzymesand are associated with many pathological conditions. Especially, MMPs have a strong relation with tumor progression and invasion. In this review, we focused on association of MMPs and pancreatic diseases, and a potential treatment of MMPs inhibitors for pancreatic cancer.
抄録(別表記) マトリックスメタロブロテアーゼ(MMP)は,コラーゲン分解能を有し,種々の疾患との関連性が示唆されている。とりわけ,癌の浸潤,転移には密接な関係があるとされている。また,MMP阻害剤を癌の治療に用いる試みもなされている。本稿ではMMPと膵疾患の関連性,MMP阻害剤の膵癌への応用の可能性について総説する。
キーワード matrix metalloproteinase(MMP) tissue inhibitor of metalloproteinase(TIMP) pancreatic cancer (膵癌) chronic pancreatitis (慢性膵炎)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2001-02-01
71巻
開始ページ 76
終了ページ 83
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308587
JaLCDOI 10.18926/14912
フルテキストURL 071_073_075.pdf
著者 芦田 耕三| 柘野 浩史| 保﨑 泰弘| 光延 文裕| 御舩 尚志| 西田 典数| 岡本 誠| 高田 真吾| 谷崎 勝朗| 辻 孝夫|
抄録 症例は80才,女性。76才時[平成7年11月]より肝機能異常[アルカリフォスファターゼ高値]を認め,肝機能異常出現1年7ケ月後,血清学的検索で原発性胆汁性肝硬変症が疑われたが,無治療にて外来で経過を観察を行った。アルカリフォスファターゼ値は漸増傾向を示し,トランスアミナーゼ値の異常も伴ってきたため,平成12年11月精査目的で入院。組織検査等で無症候性原発性胆汁性肝硬変症[PBC]と診断した。PBCは中年・女性に好発する疾患で,高齢【特に後期高齢者]での発症は極めて稀である。4年間の自然経過も含め,興味深いと考えられたので報告する。
キーワード 原発性胆汁性肝硬変症 (primary biliary cirrhosis) 高齢 (elderly) 自然経過 (natural course)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2001-02-01
71巻
開始ページ 73
終了ページ 75
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308230
JaLCDOI 10.18926/14911
タイトル(別表記) A case of systemic lupus erythematosus (SLE) associated with disseminated intravascular coagulation (DIC)
フルテキストURL 071_068_072.pdf
著者 高田 真吾| 岡本 誠| 柘野 浩史| 原田 誠之| 保﨑 泰弘| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷崎 勝朗| 新谷 憲治| 原田 実根|
抄録 播種性血管内凝固症候群(DIC)を合併した全身性エリテマトーデス(SLE)を経験したので報告する。症例は73歳女性。64歳時慢性関節リウマチ(RA)と診断された。1999年1月食欲低下を訴え当科受診した。血小板減少、FDP高値、PT上昇等よりDIC発症を疑った。膠原病では凝固系の異常を認めるが、本症例では凝固系が完進しDICを来したと考えられた。 本症例はリウマチ因子陽性であったが、朝のこわばり等典型的なRAの所見に乏しく他の膠原病の合併を疑い、腎障害、血小板減少、抗Sm抗体、抗核抗体陽性よりSLEと診断した。
抄録(別表記) A case of disseminated intravascular coagulation (DIC) in a patient with systemic lupus erythematosus (SLE) was described. A 73-year-old female was diagnosed as having rheumatoid arthritis when she was 64 years old. In Jan, 1999, the patient was admitted to our hospital with the complaint of loss of appetite. She was suspected of DIC because of thrombocytopenia, increased fibrin degradation product and prolonged prothrombin test. Abnormality in coagulation system is recognized in collagen disease. In this case coagulation system was activated and DIC occurred. In this case rheumatoid factor was positive. But she was suspected of complicating other collagen disease because she was poor in typical characteristics of rheumatoid arthritis, such as morning stiffness. SLE was diagnosed on the basis of renal injury, thrombocytopenia, positive anti-Sm antibody and positive antinuclaer antibody in this case.
キーワード 慢性関節リウマチ (Rheumatoid arthritis) 全身性エリテマトーデス (Systemic lupus erythematosus) 播種性血管内凝固症候群 (Disseminated intravascular coagulation syndrome)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2001-02-01
71巻
開始ページ 68
終了ページ 72
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308643
JaLCDOI 10.18926/14910
タイトル(別表記) ステロイド依存性気管支喘息症例の病的骨折と皮質骨傷害の検討
フルテキストURL 071_059_067.pdf
著者 柘野 浩史| 後藤 文禮| 中井 睦郎| 岡本 誠| 高田 真吾| 御舩 尚志| 保﨑 泰弘| 光延 文裕| 芦田 耕三| 穐山 恒雄| 辻 孝夫| 谷崎 勝朗|
抄録 In a previous study, we demonstrated that chronic administration of systemic glucocorticoids decreases cortical bone mineral density (BMD) and induces development of pathologic fractures in asthmatic patients. To investigate cortical bone porosity due to glucocorticoids, we studied cortical bone volume, BMD, bone strength, and fractures in patients with asthma in this report. A total of 82 postmenopausal asthmatic patients were enrolled in the study. Vertebral fractures were diagnosed via plain spinal radiograms. Peripheral quantitative computed tomography (pQCT) was used to measure cortical BMD, relative cortical volume, and Strength Strain Index (SSI). Multiple regression analysis, Student's t test, and other statistical analyses were performed. Patients with systemic glucocorticoids therapy had lower cortical BMD, relative cortical volume, SSI, and more number of vertebral fractures than patients without it. Lifetime cumulative dose of glucocorticoids was related to cortical BMD, relative cortical volume, SSI, and the number of vertebral fractures. The cortical volumedensity relationship appeared to remain constant regardless of systemic glucocorticoid administration. The number of vertebral fractures correlated highly with cortical BMD, relative cortical volume, and SSI at the radius. In conclusion, systemic glucocorticoid administration decreases cortical bone density, cortical bone volume, and bone strength. G lucocorticoid administration appears to be responsible for the process of cortical bone porosity at both endosteal and intracortical sites. Given that both cortical bone density and volume provide bone strength, cortical bone porosity was seen to contribute to glucocorticoid - induced bone strength loss and fractures.
抄録(別表記) 【目的】骨強度には皮質骨の状態が主に関与するため,全身ステロイド療法に伴う病的骨折と皮質骨障害について検討した。【方法】閉経後女性気管支喘息患者82例で,ステロイド依存性群と非依 存群において,椎体骨折数,槙骨皮質骨骨密度,皮質骨容量,骨強度(SSI)をⅩ線側面像とpQCTを用いて検討した。 【結果】ステロイド依存群はステロイド非依存群に比べて,椎体圧迫骨折数は有意に多く,榛骨皮質骨骨密度,皮質骨容積比,骨強度は各々有意に低下していた。また,皮質骨骨密度と容積は一定の割合で減少していた。椎体圧迫骨折数は皮質骨骨密度,皮質骨容積比,骨強度の全てと高い相関を認めた。 【結論】ステロイド依存性気管支暗息症例においては,皮質骨の骨 密度と容量が同時に減少して骨強度が減少することによって,病的骨折が発症すると考えられた。
キーワード glucocorticoid cortical bone pQCT osteoporosis
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2001-02-01
71巻
開始ページ 59
終了ページ 67
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308222
JaLCDOI 10.18926/14903
タイトル(別表記) Spa therapy for 999 patients with respiratory disease admitted at Misasa Medical Branch for last 7 years
フルテキストURL 071_001_009.pdf
著者 谷崎 勝朗| 御舩 尚志| 光延 文裕| 保﨑 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 高田 真吾| 越智 浩二|
抄録 1993年1月より1999年12月までの7年間に当院へ入院した呼吸器疾患999例のうち閉塞性換気障害を示す829例(気管支慌息BA+COPD)を対象に,年齢,地域分布などの経年変化について検討を加えた。 1.最近7年間に当院へ入院した閉塞性呼吸器疾患患者829例のうち, 気管支喘息は636例(76.7% )であった。閉塞性呼吸器疾患のなかで気管支喘息の占める割合の経年変化では,1996年度が最も高く(84.5% )その後徐々に低下する傾向か見られ1999年度では65.5% であった。一方′肺気腫は近年増加の傾向を示し,19993年度では5.6% であったが.1999年度では25.6% であった。  2.入院患者の地域分布では,鳥取県内からの入院患者に比べ,遠隔地(鳥取県外)からの入院患者が比較的多く,この7年間の鳥取県外(遠隔地)からの入院患者は829例中433例(52.2% )であった。また,岡山,大阪,兵庫,広島,山口,愛媛,東京,神奈川などからの入院症例か多い傾向が見られた。  3.年齢別検討では,いずれの地域においても,高齢者の入院症例が多く,鳥取県内,県外を問わず,70才以上の症例の頻度が明らかに高い傾向か見られた.そして,50才以上の症例の全症例に対する頻度は,鳥取県内では80.9% ,県外では96.7% であり,県内ではその多くが,また県外ではそのほとんどが50才以上の症例であった。
抄録(別表記) The patients with asthma or COPD who were admitted at our hospital for last 7 years (1993-1999) were examined in relation to patient age and areas where patients came. 1. Of 829 patients with obstructive ventilatory dysfunction, 636 patients (76.7% ) had asthma. The frequency of asthma in all patients with obstructive ventilatory dysfunction was the highest (84.5% ) in 1993 and showed a tendency to decrease to 65.5% in 1999. In contrast, the frequency ofpulmonary emphysema tended to increase from 5.6% in 1993 to 25.6% in 1999. 2. The number of patients with asthma or COPD from distant areas (outside Tottori prefecture) was larger (433 patients; 52.2% ) than the number of those inside Tottori prefecture (396 patients) for 7 years. The number of patients from Okayama, Osaka, Hyogo, Hiroshima, Yamaguchi, Ehime, Tokyo, and Kanagawa was. larger than the number from other distant areas. 3 . Regarding the distribution of age of these patients, the number of patients over the age of 50 in all subjects was larger in patients from distant areas (96.7% ) than in those inside Tottori prefecture (80.9% )
キーワード 気管支喘息 (asthma) 肺気腫 (pulmonary emphysema) 温泉療法 (Spa therapy) 高齢患者 (aged patients) 遠隔地 (distant area)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2001-02-01
71巻
開始ページ 1
終了ページ 9
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308210
JaLCDOI 10.18926/14943
タイトル(別表記) Interferon and pancreatitis
フルテキストURL 070_084_087.pdf
著者 越智 浩二| 松村 直樹| 水島 孝明| 蓮岡 英明| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 インターフェロンは慢性肝炎や悪性腫瘍の治療など,広く臨床の場に用いられるようになった。その副作用の一つとして,膵炎があり,その多くは急性膵炎である,慢性膵炎の報告もあり,膵炎はインターフェロンを用いる場合に知っておくべき副作用である。そこで,膵炎とインターフェロンの関係について現在までに知られている知見について概説する。
抄録(別表記) Pancreatitis is known to be one of the adverse effects of interferon, which has been widely used for treatment of chronic hepatitis and malignant diseases. In this paper, we reviewed pancreatitis as adverse effects of interferon and effect of interferon on the pancreas.
キーワード インターフェロン (interferon) 急性膵炎 (acute pancreatitis) 慢性膵炎 (chronic pancreatitis)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 84
終了ページ 87
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308150
JaLCDOI 10.18926/14942
タイトル(別表記) 臨床的および実験的側面からみた慢性膵炎とフリーラジカル
フルテキストURL 070_079_083.pdf
著者 越智 浩二| 松村 直樹| 水島 孝明| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 Free radicals have been suspected to play an important role in the pathogenicity of chronic pancreatitis. We reviewed studies on free radicals in chronic pancreatitis in both c1inical and experimental aspects. Many clinical studies have provided circumstantial evidence for the close relation between free radicals and chronic pancreatitis. However, few experimental studies in animals on relation between free radicals and chronic pancreatitis have been reported, because adequate experimental models for elucidating a pathological role of free radicals in chronic pancreatitis have not been established. The research concerning the role of free radicals in chronic pancreatitis is expected to improve our understanding the pathological mechanisms of the disease.
抄録(別表記) 慢性肺炎の発症機序は不明な点が多いが、フリーラジカルがそれに関与することが示唆する報告も多い。しかし,その直接的な証明はなされていない。慢性膵炎の病態にフリーラジカルがどのように関与するかを理解することは慢性膵炎の発症機序の解明の一助になると考え,臨床的および実験的側面から慢性膵炎とフリーラジカルの関係を概説した。
キーワード 慢性膵炎 (chronic pancreatitis) フリーラジカル (free radicals)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 79
終了ページ 83
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308147
JaLCDOI 10.18926/14941
タイトル(別表記) Analysis of Factors Regarding Spa Therapy in Patients with Rheumatoid Arthritis
フルテキストURL 070_073_078.pdf
著者 吉尾 慶子| 田熊 正栄| 能見 真由美| 中村 寿美江| 原田 誠之| 谷崎 勝朗|
抄録 1998年4月より9月までの6ヶ月間に当院へ入院し温泉療法をうけた慢性関節リウマチ患者6例を対象に,温泉治療経験の有無,年齢,機能障害度(クラス),罹患年数の4項目が温泉療法効果に及ぼす影響につき検討した。温泉治療経験の有無では治療経験を有する患者においてMHAQ(modified health assessment questionnaile),患者による疼痛評価,患者による全般活動性評価に有意な改善が見られ,年齢(75才以上,75才未満)では,75才未満においてMHAQに有意な改善傾向が見られた。機能障害度(クラス3以上,クラス2以下),罹患年数(15年以上,15年未満)においては有意差は見られなかった。温泉の永続効果を保つためには,年1~2回の入院を繰り返すことが効果的であることが示唆された。
抄録(別表記) In patients with rheumatoid arthritis (RA) who received spa therapy (ST) on admission, we examined factors for treatment response. This study included 6 RA patients and the following 4 parameters were investigated: presence or absence of previous ST, age, duration of RA, and grade of the functional disorder. Treatment response was evaluated according to the American College of Rheumatology core set measures. With respect to the presence or absence of previous ST, modified health assessment questionnaire (MHAQ), pain scale and patient global assessments in the group with previous ST were significantly improved compared to those in the group without previous ST. With respect to age, MHAQ in the group consisting of patients less than 75 years old was significantly improved compared to that in the group consisting of patients 75 years old or older. With respect to the grade of the functional disorder (class 2 or lower vs. class 3 or higher) and the duration of RA (less than 15 years vs. 15 years or more), there were no significant differences. These results suggest that repeated therapy is more effective in ST and treatment response may be relatively poor in elderly patients with RA aged over 75 years.
キーワード 慢性関節リウマチ 温泉療法
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 73
終了ページ 78
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308424
JaLCDOI 10.18926/14927
タイトル(別表記) サーモグラフィーによる体表面温度の測定 3.体表面温度の回復率と末消血流量との相関
フルテキストURL 070_036_042.pdf
著者 保崎 泰弘| 高田 真吾| 光延 文裕| 御舩 尚志| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 原田 誠之| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 辻 孝夫|
抄録 The body surface peripheral circulation in 12 cases, including 9 patients with diabetes mellitus who were suffering coldness, numbness or pain in their feet, and 3 healthy volunteers was examined using Laser-Doppler blood flowmetry. At the same time, the body surface temperature was estimated by thermography. Thermographic results were analyzed quantitatively by calculating a recovery ratio as : Recovery ratio = [Total counts of thermography(Pixels) over temperature (T) after cold loading] ÷ [Initial counts over T before cold loading] x 100(%). The recovery ratio and the blood flow were correlated, r=0.68, p<O.01. The peripheral circulation of 16 patients with diabetes mellitus was observed at three different conditions including, l)placed at room temperature at 20℃for 15 min, 2) submerged and warmed for 5 min in a hot bath at 36℃(i.e. hot loading), and 3) submerged and cooled for 5 min in a water bath at 20℃ (i.e. cold loading). Three different baseline temperatures, 26℃, 27℃ and 28 ℃, were used in processing the thermographic results into pictures. The highest correlation (r=0.59, p=0.0002) was obtained under the condition of cold loading using a baseline temperature limitation of27℃.The difference ratio (%) of blood flow was calculated as the blood flow at cold loading divided by the blood flow at hot loading in these 16 patients. The difference ratio of the blood flow and the recovery ratio of thermography were correlated, r=0.46, p<O.OOO1. We found a strong correlation between the results of Laser-Doppler blood flowmetry and one of thermographic methods used to monitor peripheral circulation in patients with diabetes mellitus. Cold loading using a baseline temperature limitation of 27℃ were recommended for further examinations. Patients with low blood flow as well as with large differences in their peripheral circulation between cold loading and hot loading had severe coldness in their body surface temperature. We showed the usefulness of the results of thermography, when quantified by picture processing using computer software, in relation with the results of Laser-Doppler blood flowmetry.
抄録(別表記) 末梢神経障害を有する糖尿病患者の末梢循環障害の程度を数量的に検討する目的で、下肢に冷感ならびにしびれ感または疼痛を訴える糖尿病患者9症例と健常ボランティア3例の計12例(平均年齢59歳)についてサーモグラフィーを用いて体表面温度を測定した。更に,サーモグラフィーで得られた結果と末梢皮膚血流量をレーザードプラー血流計を用いて測定して得られた結果と比較した。サーモグラフィーによる測定で得られた結果は回復率として数量化して表示された。回復率の算出方法は回復率= [冷水負荷後の特定温度27℃以 上の体表面温度のサーモグラフィーのPixelの総数]÷ [冷水負荷前の特定温度27℃以上の体表面温度のサーモグラフィーのPixelの総数]×100%で求めた。レーザードプラ-血流計を用いて測定して得られた末梢血流量は左右それぞれ5カ所,計10カ所の測定値の平均で表示した。その結果,末梢皮膚温度の回復率と末梢皮膚の血流量との問には正の相関関係(r=0.68,p<0.01)が認められた。次に,末梢皮膚血流量について,室温20℃安静15分後,温水36℃浸水負荷10分後,冷水20℃浸水負荷30分後の異なる3条件について、またサーモグラフィーで得られた結果を,画像処理の過程で用いられた,26℃,27℃,28℃の3つの異なる特定温度との関連について検討を行なった。対象は,下肢に冷感ならびにしびれ感または疼痛を訴える糖尿病患者16症例(平均年齢69歳,平均HbAIC9.6%)について測定した。その結果,末梢皮膚 血流量は冷水20℃浸水負荷30分後に測定して得られた結果と,回復率は特定温度27℃で画像処理して得られた結果とが最も相関が高い(r=0.59,p=0.0002)ことが示された。`次に,相関が高い条件は,室温20℃安静15分後に血流量を測定した場合(r=0.483,p=0.0002)であった。そして温 水36℃浸水負荷10分後に測定して得られた結果とが最も相関関係が低い結果となった。更に,冷水20℃浸水負荷30分後に測定して得られた結果を温水36℃浸水負荷10分後に測定して得られた結果で割った比を%で表示したところ回復率とこの比との間には正の相関関係(r=0.46,p<0.0001)が認められた。このことから,温水36℃負荷時と,冷水20℃負荷時との差が大きい患者 において末梢皮膚温度の低下が著しいことが示された。これまで悲観血的に測定されてきたサーモグラフィーによる末梢循環の数量的評価の試みは,レーザー血流計による結果と組み合わせることで,両者の間に正の相関関係が示されたことにより,今後,数量化された客観的評価を可能にした。
キーワード サーモグラフィー (thermography) レーザードプラー血流計 (Laser-Doppler blood flowmetry) 糖尿病 (diabetes mellitus) 末梢循環 (peripheral circulation) 冷水負荷 (cold loading)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 36
終了ページ 42
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308240
JaLCDOI 10.18926/14936
タイトル(別表記) 腰椎MRI画像と腰痛の関係
フルテキストURL 070_067_072.pdf
著者 高田 真吾| 湯本 英一朗| 岡本 誠| 柘野 浩史| 原田 誠之| 保崎 泰弘| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷崎 勝朗| 原田 実根|
抄録 The purpose of this study was to examine the potential role of magnetic resonance imaging (MRI) in the evaluation of low back pain (LBP). The study group, 19 patients with low back pain (2 subjects aged 32-39 years and 17 aged 59-78), underwent MRI of the lumbar spine. Disc degeneration at L4/5 was the most common finding (68.4%). Overall in present study, all patients with LBP had abnormalities around the lumbar spine (evidence of disc degeneration, deformity of lumbar spine, disc bulging or protrusion, facet hypertrophy, nerve root compression and so on).
抄録(別表記) この研究の目的は腰痛評価におけるMRIの役割を検討することであった。対象は腰痛を訴え腰椎MRIを受けた19名(32歳から39歳2名,59歳から78歳17名)であった。椎間板変成はL4/5levelで最も多く認められた(68.4%)。本研究において腰痛を有する全患者に腰椎の異常(椎間板変性,disc bulging, protrusion, facet hypertrophy,神経根圧迫,腰椎変形など)を認めた。
キーワード MRI (Magnetic resonance imaging) 腰椎 (Lumbar spine) 椎間板変性 (Disc disease)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 67
終了ページ 72
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308559
JaLCDOI 10.18926/14935
タイトル(別表記) A Case of Recurrent Churg-Strauss Syndrome Associated with Bronchial Asthma
フルテキストURL 070_061_066.pdf
著者 原田 誠之| 柘野 浩史| 光延 文裕| 御舩 尚志| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 岡本 誠| 高田 真吾| 山本 敏雄| 谷崎 勝朗|
抄録 入院中にChurg-Strauss症候群の再燃を来した症例を報告した。症例は気管支喘息を有する73歳の女性で,持続する両下肢の知覚障害を主訴に当院に入院した。入院2週頃より微熱,下腹部不快感が続き右下肢のdrop foot,下血を呈した。末梢血では著明な好酸球増多を認め,内視鏡検査で直腸潰瘍を認めた。3年前の両下肢の知覚障害出現時にも同様の症状を経験しており,Churg-Strauss症候群の再燃と診断し,ステロイド治療を開始することにより新たな後遺症を残すことなく寛解に至った。Churg-Strauss症候群の発症・再燃の機序を考える上で貴重な症例と考え,文献的考察を加え報告する。
抄録(別表記) A recurrent case of Churg-Strauss syndrome (CSS) associated with bronchial asthma is reported. A 73-year-old woman with bronchial asthma was admitted to our hospital because of persistent sensory disturbance of the bilateral lower limbs. About 2 weeks or more after admission, slight fever and an unpleasant sensation in the lower abdomen appeared and continued. Several days later, drop foot and melena developed. The eosinophil count was markedly increased and the endoscopic examination revealed rectal ulcers. Since the patient had a same experience of these symptoms three years ago, the recurrence of CSS was strongly suggested. Immediately after steroid treatment was started, these newly developed symptoms were relieved with no segulae. We reported the present case, which may be useful for clarifying the onset of CSS, with a review of the literature.
キーワード Churg-Strauss症候群 (Churg-Strauss syndrome) アレルギー性肉芽腫性血管炎 (allergic granulomatous angiitis) 血管炎症候群 (vasculitis syndrome) 気管支喘息 (bronchial asthma) 好酸球増多 (eosinophilia)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 61
終了ページ 66
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308532
JaLCDOI 10.18926/14926
タイトル(別表記) 気管支喘息症例における気道過敏性と鼻腔・副鼻腔疾患の関係に関する検討
フルテキストURL 070_028_035.pdf
著者 御舩 尚志| 高田 真吾| 岡本 誠| 柘野 浩史| 芦田 耕三| 原田 誠之| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 谷崎 勝朗| 原田 実根|
抄録 Pathological changes of nasosinus occur often in subjects with bronchial asthma. Coexisting nasosinus lesion may affect pathophysiology of lower respiratory tract in asthmatics. The extent of nasal and sinus lesion was quantified in 17 patients with bronchial asthma, and their relationships to atopic status, asthma severity and bronchial hyperresponsiveness were evaluated in this study. Opacification degree of maxillary sinuses and nasal mucosa thickening were quantified using CT scans. The opacification degree was evaluated as (total opacification area)/(total maxillary sinus area). Although the opacification degree of maxillary sinuses in atopic patients showed no significant difference compared with that in non-atopic patients, maximum nasal mucosa thickening in atopic patients had a significant difference compared with that in non-atopic patients (p=0.028). In severe asthmatics, the opacification degree of maxillary sinuses was significantly more prominent compared with those in moderate and mild asthmatics (p=0.0005, p=0.036, respectively). Significantly marked nasal mucosa thickening was recognized in mild asthmatics compared with that in moderate asthmatics (p=0.0462). Regarding bronchial hyperresponsiveness, a significant correlation between Dmin and the opacification degree of maxillary sinuses was observed (rs= -0.551, p=0.0276). Nasal mucosa thickening had no correlation with bronchial hyperresponsiveness. The results suggest that sinusitis may affect bronchial hyperresponsiveness and asthma severity. Treatment of sinusitis may lead to improvement of asthma symptoms.
抄録(別表記) 鼻腔・副鼻腔疾患はしばしば気管支喘息症例に合併が認められ,喘息症例の下気道病態に影響を及ぼしている可能性が考えられる。今回,気管支喘息17例において,CTを用いて上顎洞の不透明化率・鼻腔粘膜肥厚を計測し,アトピー性の有無,喘息の重症度,気道過敏性との関係を検討した。上顎洞不透明化率は全上顎洞面積の総計に対する不透明化領域面積総計として計算を行った。上顎洞不透明化率はアトピー性の有無で差は認められなかったが,鼻腔粘膜はアトピー性喘息症例で有意に肥厚していた。重症気管支喘息における上顎 洞不透明化率は,中等症および軽症喘息症例に比べ有意に高値であった。鼻腔粘膜肥厚は中等症喘息症例に比べ,軽症症例で有意に肥厚していた。気道過敏性(Dmin)は上顎洞不透明化率とのあいだに弱い負の相関が認められた(rs=-0.551,p=0.0276).鼻粘膜肥厚と気道過敏性は相関が認められなかった。今回の結果から副鼻腔病変が気道過敏性・喘息重症度に影響を及ぼしている可能性が考えられ.副鼻腔疾患の治療により喘息症状の改善に繋がる可能性が考えられた。
キーワード 気管支喘息 (bronchial asthma) 副鼻腔炎 (sinusitis) CT所見 (CT findings) 気道過敏性 (hyperresponsiveness)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 28
終了ページ 35
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308098
著者 松原 扶美恵| 井上 妙子| 光延 彰子| 御舩 尚志| 谷崎 勝朗|
発行日 1999-12
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
70巻
資料タイプ データ・データベース
JaLCDOI 10.18926/14934
タイトル(別表記) 気管支喘息症例における皮質骨海綿化
フルテキストURL 070_053_060.pdf
著者 柘野 浩史| 中井 睦郎| 岡本 誠| 原田 誠之| 高田 真吾| 御舩 尚志| 光延 文裕| 芦田 耕三| 保崎 泰弘| 穐山 恒雄| 辻 孝夫| 谷崎 勝朗|
抄録 In previous studies, we have demonstrated that chronic administration of systemic glucocorticoids decreases cortical bone mineral density (BMD), cortical bone volume, bone strength, and induces development of pathologic fractures in asthmatic patients. We have also demonstrated that glucocorticoid administration appears to be responsible for the process of cortical bone porosity at both endosteal and intracortical sites in postmenopausal asthmatic patients. There is a difference of gonadal hormones between male and female. To investigate the influence of hormonal difference on glucocorticoid-induced cortical bone porosity, we studied cortical bone volume and BMD in both male and female patients with asthma in this report. A total of 99 asthmatic patients (male 26 cases, female 73 cases) were enrolled in the study. Peripheral quantitative computed tomography (pQCT) was used to measure cortical BMD and relative cortical volume. The cortical volume-density relationship appeared to remain constant regardless of the level of systemic glucocorticoid administration, age or sex, suggesting cortical bone porosity causes similar and simultaneous decreases in cortical bone volume and density. In conclusion, glucocorticoid administration appears to be responsible for the process of cortical bone porosity at both endosteal and intracortical sites despite the gonadal hormonal differences.
抄録(別表記) 【目的】これまでに我々は,気管支喘息症例において経口ステロイドによる皮質骨骨密度,容積の減少が骨折に関与する新知見を報告し,閉経後女性では皮質骨骨密度一容積の減少はステロイド投与量にかかわらず一定であることを報告してきた。この皮質骨骨密度-容積の関係において性差による違いを検討するために,男性,女性患者の両方について検討を行った。【方法】対象はステロイド依存性喘息99例(男性26例,女性73例)。性別,年齢,経口ステロイド積算総投与量により6群に分類した。椎体圧迫骨折はⅩ線側面像にて評価 し,皮質骨容積比および皮質骨骨密度はpQCT(Stratec XCT960)を用いて測定した。それぞれの群の皮質骨骨密度-容積比の関係を算出し比較検定をおこなった。【結果】それぞれの群の皮質骨の骨密度と容積比は有意に相関した。それぞれの群の皮質骨骨密度-容積比の傾きは,いずれも有意差を認めなかった。【結論】気管支喘息症例におけるステロイド投与による皮質骨の骨密度と容積の減少は,性別にかかわらずほぼ一定で,皮質骨は内側と外側において同様に海綿化してゆくと考えられた。
キーワード bronchial asthma systemic glucocorticoid cortical bone cortical porosity peripheral quantitative computed tomography
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 53
終了ページ 60
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308477
JaLCDOI 10.18926/14933
タイトル(別表記) 気管支喘息患者における白血球ロイコトリエン産生能に対する不飽和脂肪酸食の効果に影響する因子
フルテキストURL 070_043_052.pdf
著者 岡本 誠| 光延 文裕| 芦田 耕三| 御舩 尚志| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 原田 誠之| 高田 真吾| 谷崎 勝朗| 片岡 幹男| 新谷 憲治| 原田 実根|
抄録 Dietary supplementation with perilla seed oil, a vegetable oil rich in α -lin- olenic acid, inhibits the generation of leukotrienes(LTs) by leucocytes in patients with bronchial asthma. We examined the factors that affect the suppression of LT generation by leucocytes with perilla seed oil-rich supplementation in patients with asthma, by comparing the clinical features of patients with asthma, whose generation of leukotriene (LT) C4 was suppressed by dietary supplementation with perilla seed oil (n-3 fatty acids) (group A), with those of patients who showed no suppression of LTC4 generation (group B). Group A showed a significant increase in the generation of LTB4 and L TC4 by leucocytes after corn oil-rich supplementation (n-6 fatty acids), and a significant decrease in the generation of LTB4 and LTC4 after perilla seed oil-rich supplementation (n-3 fatty acid). However, this was not observed in group B. The level of serum IgE and peak expiratory flow (PEF) in group A were significantly higher than in group B. Furthermore, the serum levels of LDL-cholesterol, β-lipoprotein and phospholipid were significantly lower in group A than in group B. These results suggest that the clinical features differ between these two asthmatic populations with respect to suppression of LTB4 and LTC4 generation by n-3 fatty acids in perilla seed oil-rich supplementation.
抄録(別表記) a-リノレン酸の豊富なエゴマ油の食事は気管支喘息患者の白血球ロイコトリエン(LT)産生能を抑制する。気管支喘息患者の内,エゴマ油食によりLTC4の産生が抑制された群(A群)と抑制されない群(B群)の臨床データを比較することにより,気管支喘息患者の白血球ロイコトリエン産生能に影響する因子を検討した。A群はコーン油(n-6系脂肪酸)の豊富な食事後,白血LTB4,LTC4の産生能が増加し,エゴマ油(n-3系脂肪酸)の豊富な食事後LTB4,LTC4の産生能が減少した。これらの変化はB群では認められなかった。A群のIgE値,ピークフロー(PEF)値はB群に比し,有意に高値であった。またLDL-コレステロール,β-リポ蛋白,リン脂質はA群ではB群に比し,有意に低値であった。これらの結果はエゴマ油の豊富な食事のn-3系脂肪酸によるLTB4,LTC4の産生能の抑制に関して2群の気管支喘息患者群間に臨床データの相違があることを示唆している。
キーワード エゴマ油 (perilla seed oil) 気管支喘息 (bronchial asthma) ロイコトリエン (leukotrienes) IgE 脂質代謝 (lipometabolism)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 43
終了ページ 52
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308623
JaLCDOI 10.18926/14925
タイトル(別表記) 気管支喘息における胸部HRCT所見の臨床[光延文裕1]的意義
フルテキストURL 070_017_027.pdf
著者 光延 文裕| 御舩 尚志| 芦田 耕三| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 岡本 誠| 原田 誠之| 中井 陸郎| 谷崎 勝朗|
抄録 The significance of the low attenuation area (LAA) of the lungs on high resolution computed tomography (HRCT) has not been determined in patients with asthma. We examined the relationship between the percentage of lung area with CT numbers lower than -950HU (% LAA) and the mean CT number in 81 patients with reversible airway obstruction (asthma) and in 22 healthy subjects, as well as the relationship between maximal % LAA and various parameters of pulmonary function, smoking history, disease severity and allergic type in the asthmatic subjects. The mean CT number was obtained by scans at three anatomic levels, and maximal % LAA was the % LAA which had the largest value of those measured at the three anatomic levels of the lung. We found that: 1. The mean CT number was closely related to the maximal % LAA of the lungs in all subjects studied (r= -0.916, p<O.OOO1). 2. The maximal % LAA in asthmatics with a previous smoking history (median: 20.1) was significantly larger than that in asthmatics without a smoking history (median: 10.8), and that in healthy subjects with (median: 8.8) and without a history of smoking (median: 10.4). 3. The maximal % LAA was significantly correlated with FEV1/FVC (r=-0.611, p<O.OOO1) and TLC (r=0.391, p=0.0068) in the asthmatic subjects. 4. The maximal % LAA was significantly correlated with the severity of asthma (p<O.01), but not with the etiology of asthma. This study suggests that the maximal % LAA is influenced by disease severity in patients with asthma, and that a smoking history has a more significant effect on the pulmonary function of asthmatics than healthy individuals.
抄録(別表記) 【目的】気管支喘息症例において胸部HRCTを用いて% LAA(Lowattenuationarea)を評価し,臨床病態との関連を検討する。 【対象と方法】気管支喘息症例81例ならびに健常者22例を対象とした。大動脈弓部,下葉分岐部,横隔膜上3cmの3スライスを撮影し,胸部CT値の演算によりCT値が-950HU以下の% LAA,さらに3スライス中の最大% LAAと3スライスの平均CT値を算出した。その値と年齢,発症年齢,罹病期間,性別,喫煙歴,重症度,病型,肺機能との関連を検討した。【結果】1.最大% LAAは平均CT値と強い相関を示した(r=-0.916,p<0.0001)。2.最大% LAAは喫煙喘息患者において非喫煙喘息患者,喫煙ならびに非喫煙健常者に比較して喫煙者において有意に高値を示した。% LAAは喫煙者,非喫煙者ともに重症例において有意に高値を示した。3.最大% LAAは肺機能では1秒率(r=-0.611,p<0.0001),全肺気量(r=-0.391,p<0.0001)と有意な相関を示した。4.最大% LAAは喘息の重症度とは有意の竿間を示したが,病型とは関連は見られなかった。 【考案】喘息患者におけるHRCTによる最大% LAAは喫煙,重症度,肺機能と関連を示しており,気管支喘息の臨床病態を反映する可能性が示唆された。
キーワード low attenuation area high resolution computed tomography reversible airway obstruction
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 17
終了ページ 27
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308175
JaLCDOI 10.18926/14922
タイトル(別表記) Ⅰ型アレルギー反応および副腎皮質ホルモンは気管支喘息における末梢血白血球のロイコトリエンB4およびC4産生に影響をおよぼす
フルテキストURL 070_009_016.pdf
著者 谷崎 勝朗| 光延 文裕| 御舩 尚志| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 原田 誠之| 高田 真吾| 越智 浩二| 小出 典男|
抄録 The generation. of leukotrienes 84 (LT84) and C4 (LTC4) by leucocytes stimulated with Ca ionophore A23187 was examined in 71 patients with asthma (42 with atopic and 29 with nonatopic asthma) and 23 healthy controls. Of these patients,22 had SDIA (steroid-dependent intractable asthma). 1. The generation of LT84 and LTC4 by leucocytes was significantly more enhanced in patients with atopic, non-SOIA asthma than in healthy subjects, but not in patients with nonatopic asthma. The generation of LT84 and LTC4 in atopic asthma was significantly more decreased in patients with SOIA than in those with non-SOIA. 2. The LTC4 generation was significantly larger in attack stage than in attack-free stage of patients with atopic and nonatopic asthma when they had not SOIA. However, no significant difference was found in LT84 generation between attack and nonattack stages in these patients. 3. In patients with SOIA, no significant differences were observed in the generation of LT84 and LTC4 between attack and nonattack stages. The results suggest that IgE-mediated allergy and asthma attacks enhance and glucocorticoids inhibit the generation of LT84 and LTC4 by leucocytes.
抄録(別表記) 気管支喘息71例および健康人23名を対象に、Ca ionophore A23187刺激時の末梢血白血球のロイコトリエンB4 (LTB4)およびC4(LTC4)の産生能について検討を加えた。なお、71例中ステロイド依存性重症難治性喘息(SDIA)は22例であった。1.アトピー性、16非SDIA症例におけるLTB4、LTC4産生は、健康人と比べ有意に高い値を示したが、非アトピー性喘息では健康人との間に有意の差は見られなかった。また、アトピー性喘息では、SDIA症例において非SDIA症例に比べ、LTB4、LTC4産生が有意に抑制されていた。2.非SDIA症例では、アトピー性、非アトピー性を問わず、LTC4産生は、非発作時に比べ発作時に有意に亢進した状態であった。しかし、LTB4産生には、非発作時、発作時との間に有意の差は見られなかった。3.SDIA症例では、LTB4、LTC4産生と発作との有意の関連は見られなかった。以上の結果より、IgE にmediateされるアレルギー反応や喘息発作はLTB4、LTC4産生に促進的に、また副腎皮質ホルモンは抑制的に作用することが示唆された。
キーワード bronchial asthma LT84 LTC4 IgE-mediated allergy glucocorticoids
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 9
終了ページ 16
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308654
JaLCDOI 10.18926/14921
タイトル(別表記) Spa therapy for patients with asthma. A study on 437 patients with asthma admitted for last 5 years.
フルテキストURL 070_001_008.pdf
著者 谷崎 勝朗| 光延 文裕| 御舩 尚志| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 原田 誠之| 高田 真吾| 越智 浩二|
抄録 1994年1月より1998年12月までの5年間に当院へ入院した呼吸器疾患のなかで気管支喘息を対象に,年齢,地域分布などの経年変化について検討を加えた。1.最近5年間に当院へ入院した呼吸器疾患患者は664例で,このうち,気管支喘息は437例(65.8% )であった。呼吸器疾患のなかで気管支喘息に占める割合の経年変化では,1995年度が最も高く(74.4% ),1997,1998年度にはやや低下(ともに60.7% )の傾向が見られた。2.入院患者の地域分布では,鳥取県内からの入院患者に比べ,遠隔地(鳥取県外)からの入院患者が比較的多く,いずれの年度においても50% 以上(平均57.3% )であった。また,岡山,大阪,兵庫,広島,山口,愛媛県などからの入院症例が多い傾向か見られた。3.年齢別検討では,いずれの地域においても,高齢者の入院症例か多く,鳥取県内では70才以上の症例の頻度(平均35.1% )が,また遠隔地(鳥取県外)では60-69才の症例の頻度(平均37.7% )が高い傾向か見られた。
抄録(別表記) The parients with asthma who were admitted at our hospital for last 5 years (1994-1998) were examined in relation to age and areas where patients came. 1. Of 664 patients with respiratory disease admitted for last 5 years, 437 patients (65.8% ) had asthma. The frequency of asthma in all patients with respiratory disease was the highest (74.4% ) in 1995, and decreased in 1997 and 1998 (60.7% ). 2. The number of patients with asthma from distant areas (outside Tottori prefecture) was constantly larger than the number of those inside Tottori prefecture in each year. The number of patients from Okayama, Osaka, Hyogo, Hiroshima, Yamaguchi, and Ehime was larger than the number from other distant areas. 3. Regarding the distribution of age of these patients, the number of patients over the age of 60 was more frequently observed, regardless of the area where patients came. Larger number of patients over the age of 70 (35.1% ) was found in those inside Tottori prefecture, while the number of patients between the ages of 60 and 69 (37.7% ) was larger in those from distant areas.
キーワード 気管支喘息 (asthma) 温泉療法 (spa therapy) 高齢患者 (aged patients) 遠隔地 (distant area)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 1
終了ページ 8
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308420
JaLCDOI 10.18926/14965
タイトル(別表記) 膵癌における癌遺伝子および癌抑制遺伝子
フルテキストURL 069_082_087.pdf
著者 越智 浩二| 松村 直樹| 一村 光子| 水島 孝明| 原田 英雄| 蓮岡 英明| 横山 元浩| 鶴見 哲也| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 Recent advances in molecular biology have revealed that a number of oncogenes (K-ras, erbB-2, and Met) and tumor suppressor genes (p53, p16, APC, and DCC) contribute to the development of pancreatic cancer. This paper reviewed the present knowledge of oncogenes and tumor suppressor genes relevant to pancreatic cancer. Further studies on molecular alterations in pancreatic cancer may lead to a better understanding of tumor biology, offering a possibility of development of new diagnostic and therapeutic approaches in the future.
抄録(別表記) 膵癌の予後は惨憺たるものである。一方で,最近の分子生物学の分野での研究の進歩により,遺伝子レベルでの異常が膵癌では数多く存在することも明らかになってきた。膵癌の予後を改善するために,発展が期待される膵癌における遺伝子診断や遺伝子治療に向けて現在までの膵癌で明らかになった癌遺伝子(k-ras,erbB-2,Met),癌抑制遺伝子(p53,p16,APC,DDC)について,概説した。
キーワード Pancreatic cancer oncogene tumor suppressor gene genetic mutation
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 82
終了ページ 87
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308547
JaLCDOI 10.18926/14964
タイトル(別表記) The effects of perilla seed oil ointment for atopic dermatitis
フルテキストURL 069_076_081.pdf
著者 宮本 美由紀| 穐山 千晶| 能見 美智代| 高田 純子| 西村 伸子| 中村 寿美江| 川上 恭弘| 岡本 誠| 芦田 耕三| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 近年アトピー性皮膚炎が増加しており,工ゴマ油を使った食事療法がアレルギー抑制に有用であることが報告されている。そこで今回,エゴマ油を外用剤として使用するため,亜鉛華単軟膏を基剤とした工コマ軟膏を作製し,アトピー性皮膚炎患者3例を対象にその臨床応用を試みた。その結果,掻痒感の軽減に効果がみられ,また皮膚症状では,丘疹.表皮剥離,苔癬化,落屑などの所見が改善される傾向が見られた。
抄録(別表記) The perilla seed oil contains rich α-linolenic acid (α-LNA), parent n-3 fatty acid. The dietary intake of n-3 fatty acid, such as perilla seed oil, has been reported to have some clinical effects in patients with allergic disease. In this report, we prepared the perilla seed oil ointment for atopic dermatitis and the effects of the ointment was evaluated in three patients with atopic dermatitis. This ointment suppressed skin itch, and improved papules, excoriation, lichenification and desquamation of the skin. These results suggest that the perilla seed oil ointment has some effectiveness including suppression of inflammatory changes of the skin in patients with atopic dermatitis.
キーワード アトピー性皮膚炎 エゴマ軟膏 掻痒感
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 76
終了ページ 81
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308418