JaLCDOI 10.18926/14908
タイトル(別表記) 寒冷負荷の末梢循環に及ぼす影響
フルテキストURL 071_042_049.pdf
著者 保﨑 泰弘| 光延 文裕| 御舩 尚志| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 高田 真吾| 横井 正| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 辻 孝夫|
抄録 The purpose of this study is the effect of partial cold-loading on whole body peripheral circulation. The body surface peripheral circulation in 24 cases (25 years old to 86 years old, the average was 64.3 years) who were suffering coldness, numbness or pain in their feet was examined using Laser-Doppler blood flowmetry. The peripheral circulation at the base of the 2nd toe of the right foot was estimated after the foot was submerged and cooled for 5 min in a water bath at 20°C (i. e. cold-loading). At the same time, the distant body surface peripheral circulation was estimated at the base of the 2nd finger of the right hand. Simultaneous observations were made of blood flow, blood mass and blood velocity. The peripheral blood flow of the upper limbs at a room temperature of 20°C (pre-loading) was 5.00 ml/min 100 9 tissue on average. The average blood rnass was 287 and the average blood velocity was 0.516. On the other hand, the average peripheral blood flow of the lower limbs was 2.23, the average blood mass was 149 and the average blood velocity was 0.574. This result shows that the blood flow and blood mass of the upper limbs were more than in the lower limbs. The average blood flow at the upper limbs decreased to 3.69 from 5.00 (or at 26.2% ) when the lower limbs were submerged and cooled for 5 min in a water bath at 20°C (i. e. cold-loading). On the other hand, blood flow of the lower limb was 1.51 m l under a condition of cold-loading, and decreased 32.3% from 2.23. Blood mass of the upper limb was 241 on average and decreased 16.0% from 287. Blood mass of the lower limb was 113 on average and decreased 24.2% from 149. There was no difference between blood velocity of the upper limb under the conditions of room temperature at 20°C (0.516) and cold-loading (0.501). However, blood velocity of the lower limb increased to 0.642 from 0.574. After the end of cold loading, there was some tendency for blood flow, blood rnass and blood velocity to return to the amount at pre-loading. Twenty minutes after the end of cold-loading, blood flow increased to 5.74 (14.8% ) compared with pre-loading (5.00). However, blood flow of the lower limb remained at only 83.9% (1.87) of the amount at pre-loading (2.23). These results show that partial cold-loading of the lower limb had a quantitative effect on the distant peripheral circulation. The speculated mechanism of this phenomenon is that it to protects against loosing body heat from the body surface under the conditions of local cold-loading. Our body has defense mechanisms to decrease whole body peripheral circulation to protect against loosing body heat.
抄録(別表記) 局所寒冷負荷の全身の末梢循環に及ぼす影響について検討する目的で,下肢の20℃冷水負荷時における上肢末梢循環の変化をレーザードプラー血流計を用いて数量的に測定し検討を行なった。症例は,下肢に冷え症,しびれ感を有した25歳から86歳までの24症例(平均年齢64.3歳)であった。下肢,上肢の末梢循環を20℃冷水負荷時に,末梢血流量,血液量,血流速度について観察した。上肢の末梢血流量は20℃室内安静時平均5.00mβ/min/100g tissue,血液量は287,血流速度は0.516であった。下肢は血流量2.23,血液量は149,血流速度は0.574であった。上肢の血流量,血液量ともに下肢より多いことが示された。しかし同一症例における上肢と下肢との間の血流量,血液量,血流速度に相関関係は認めなかった。下肢の20℃ 冷水負荷中の上肢の血流量は平均3.69で有意に低下(26.2%)した。下肢はその間1.51で有意に低下(32.3%)した。上肢の血液量は平均241で有意に低下(16.0%)した。下肢はその間113で有 意に低下(24.2%)した。上肢の血流速度は平均0.501で不変であった。下肢はその間0.642で有意に増加(11.8%)した。冷水負荷直後よりそれぞれ負荷前に復帰する傾向を示した。負荷後20分では上肢の血流量は平均5.74で負荷前値に比べて増加(14.8%)傾向を示した。下肢は1.87で負荷前値に比べて低値(83.9%)に留まる傾向にあった。下肢の冷水負荷は上肢の末梢循環にも影響を及ぼすことが数量的に示された。局所の寒冷負荷による体温の低下を防ぐために反射的に全身の皮膚の末梢循環量を低下させていることが示された。
キーワード Laser-Doppler blood flowmetry (レーザードプラー血流計) cold loading (冷水負荷) peripheral circulation (末梢循環) blood flow (血流量) blood velocity (血流速度)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2001-02-01
71巻
開始ページ 42
終了ページ 49
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308072
JaLCDOI 10.18926/14835
タイトル(別表記) 気管支喘息における気管支肺胞洗浄液中の細胞成分に対する加齢および副腎皮質ホルモンの影響
フルテキストURL 72_016_022.pdf
著者 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 西田 典教| 高田 真吾| 横井 正| 谷崎 勝朗|
抄録 Effects of aging and glucocorticoid therapy on bronchoalveolar lavage (BAL) cells, particularly lymphocytes, neutrophils and eosinophils, were examined in 81 patients with asthma. 1. The proportion of BAL lymphocytes tended to increase with aging in asthmatics under age 69 years, and the proportion was significantly higher in patients with asthma between the ages of 60 and 69 than in those under age 39 and between the ages of 40 and 49. 2. The proportions of BAL neutrophils and eosinophils were not related to aging. 3. The proportion of BAL lymphocytes was higher in patients without glucocorticoid therapy than in those with steroid-dependent intractable asthma (SOIA) in those under age 69 years. In patients between the ages of 50 and 59, the proportion of BAL lymphocytes was significantly higher in patients without glucocorticoids than in those with SOIA. 4. The proportion of BAL neutrophils was higher in patients without glucocorticoid therapy than in those with SOIA, and the difference was significant in patients between the ages of 60 and 69. 5. The proportion of BAL eosinophils was not related to glucocorticoid therapy. These results suggest that the proportion of BAL lymphocytes and neutrophils is affected by aging and glucocorticoid therapy, but not BAL eosinophils.
抄録(別表記) 気管支喘息81例を対象に,気管支肺胞洗浄(BAL)液中の細胞成分,特にリンパ球,好中球および好酸球に対する加齢および副腎皮質ホルモ ンの影響について検討を加えた。 1.BAL液中のリンパ球頻度は,69才以下の症例では加齢とともに増加する傾向を示し,60-69才の年齢層では,39才以下および40-49才の年齢層の症例に比べ有意に高い値を示した。  2.BAL液中の好中球および好酸球頻度と加齢との間には関連が見られなかった。  3.BAL液中のリンパ球頻度は,69才以下の症例では,ステロイド依存性重症難治性喘息(SDIA)に比べ,ステロイド非使用例で有意に高い値を示し,50-59才の年齢層ではその差は有意であった。  4.BAL液中好中球頻度は,ステロイド非使用例に比べSDIA症例において高い値を示し,60-69才の年齢層ではその差は有意であった。  5.BAL液中好酸球頻度は,ステロイド使用の有無との関連は見られなかった。これらの結果は,BAL液中リンパ球および好中球頻度は加齢や副腎皮質ホルモン投与の影響を受けるが,BAL液中好酸球額度には影響しないことを示唆している。
キーワード aging asthma glucocorticoid therapy BAL cells
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2002-02-01
72巻
開始ページ 16
終了ページ 22
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308605
JaLCDOI 10.18926/15320
タイトル(別表記) 気管支喘息における気道の反応性および炎症反応におよぼす加齢の影響について
フルテキストURL 064_089_096.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 原田 英雄| 木村 郁郎|
抄録 Ventilatory function, cellular composition in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid and release of chemical mediators from leucocytes were examined in 25 older asthmatics (mean age 66.7 years) and 25 younger asthmatics (mean age 45.1 years) in relation to clinical asthma types. 1. Ventilatory function tests showed that the values of ventilatory parameters such as % MMF, % V(50) and % V(25) were lower in older subjects than in younger subjects, and a significant difference was found in the % V(50) value between the two age groups. Regarding clinical asthma types, the values of % MMF, % V(50), and V(25) were significantly lower in both younger and older subjects with type II. 2. In analysis of cellular composition in BAL fluid, the proportion of BAL lymphocytes was significantly lower in type II older subjects than in younger subjects with the same type. A significantly increased proportion of BAL neutrophils was observed in both younger and older subjects with type II. 3. The release of leukotriene C(4) (LTC(4)) from leucocytes was significantly lower in type II older subjects than in younger subjects with the same type, and LTC(4) release in patients with type II was also significantly lower than that in those with other asthma types in both younger and older subjects. The release of histamine and leukotriene B(4) (LTB(4)) from leucocytes was not significantly different between the two age groups. These results demonstrate that ventilatory function, cellular composition in BAL fluid, and the release of chemical mediators from leucocytes are affected by aging and clinical asthma types.
抄録(別表記) 25例の老年者気管支喘息と25例の若壮年者喘息症例を対象に,換気機能,気道内細胞成分の頻度,白血球からの化学伝達物質遊離などの気道反応と関連した要素について,喘息の臨床病型との関連のもとに検討を加えた。 1. % MMF, % V(50), % V(25)などの換気パラメーターは老年症例において全般的に低く, % V(50)では若壮年症例に比べ有意の低値を示した。臨床病型別では,II型喘息において,両年齢群とも他の病型に比べ% MMF, % V(50)及び% V(25)値は有意に低い傾向が見られた。 2. 気管支肺胞洗浄(BAL)液中のリンパ球頻度は,II型の老年症例において若壮年症例に比べ有意に低い値を示した。BAL液中好中球頻度は,いずれの年齢群においても,他の病型に比べ有意に高い値を示した。 3. 白血球からのLTC(4)遊離は,II型の老年症例において若壮年症例に比べ,また他の臨床病型に比べ有意に低い値を示した。ヒスタミンおよびLTB(4)遊離には両年歯群間に有意の差は見られなかった。これらの結果は,換気機能,気道内細胞成分の頻度,白血球からの化学伝達物質遊離などが,加齢や臨床病態により影響を受けることをある程度示しているものと考えられた。
キーワード Ventilatory function (換気機能) Cellular composition in BAL fluid (気道内細胞成分) chemical mediators (化学伝達物質) aging (加齢) clinical asthma type (臨床病型)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 89
終了ページ 96
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307744
著者 光延 文裕| 芦田 耕三| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 西田 典数| 永田 拓也| 横井 正| 高田 真吾| 谷崎 勝朗|
発行日 2003-02-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
73巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/14839
タイトル(別表記) 脂質代謝に関連した気管支喘息患者における白血球ロイコトリエン産生能に対するα-リノレン酸食の効果
フルテキストURL 72_045_054.pdf
著者 岡本 誠| 光延 文裕| 芦田 耕三| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 西田 典教| 横井 正| 高田 真吾| 谷崎 勝朗| 谷本 光音|
抄録 Dietary sources of a -linolenic acid, such as perilla seed oil, may have the capacity to inhibit the generation of leukotrienes (LTs) by leucocytes in patients with asthma, as has been reported with the consumption of other long - chain n- 3 fatty a-cids. The factors affecting the suppression of leukotriene (LT) C4 generation by leucocytes were examined by comparing the clinical features of patients with asthma who had been given dietary perilla seed oil (n - 3 fatty acids). Group A consisted of patients in whom the leucocyte generation of dietary perilla seed oil LTC4 was suppressed by this procedure. Group B consisted of those in whom LTC4 generation was not suppressed. LTC4 generation by leucocytes significantly decreased in group A for two (P<0.05) and four weeks (P<O. OS), conversely, significantly increased in group B for four weeks (p<O. OS). The two study groups differed significantly in LTC4 generation by leucocytes after four weeks of dietary supplementation (P<0.05). Ventilatory parameters such as peak expiratory flow (PEF) , forced vital capacity (FVC) and forced expiratory volume in one second (FEV(1.O)) increased significantly after four weeks of dietary supplementation in group A (P<0.05). Values of PEF, FVC, FEV(1.O) and V(25) between groups A and B significantly differed prior to dietary supplementation. Serum levels of total cholesterol, LDL- cholesterol and phospholipid were significantly decreased by dietary supplementation in group A after four weeks. Serum levels of total-choles terol, triglyceride, HDL-Cholesterol, LDL-Cholesterol and phospholipid values between the two study groups differed significantly prior to dietary supplementation. Serum levels of triglyceride and LDL- cholesterol differed significantly between the two study groups after four weeks of dietary supplementation. The effects of dietary supplementation with perilla seed oil to patients with asthma by suppressing the generation of LTC4 is associated with clinical features such as respiratory function and lipometabolism.
抄録(別表記) エゴマ油のようなα-リノレン酸食が他のn-3系不飽和脂肪酸食において報告されてきた様に喘息患者の白血球ロイコトリエン(LTs)産生能を抑制すると考えられる。そこでエゴマ油(n-3系脂肪酸)を摂取した気管支喘息患者の臨床所見を比較することによって白血球ロイコトリエン(LT)C4の抑制に影響する因子を検討した。A群はエゴマ油摂取により白血球LTC4の産生能が抑制された群であり、B群は白血球LTC4の産生能が抑制されなかった群である。A群では食事摂取2週後(P<0.05),4週後(P<0.05)に白血球LTC4産生能が低下した。逆にB群では摂取4週後有意に増加した(P<0.05)0 2群間で食事摂取4遡後に白血球LTC4産生能に有意差がみられた(P<0.05)。ピークフロー値(PEF)、努力性肺活量(FVC)、1秒量(FEV(1))といった呼吸機能はA群において食事摂取4週後に有意に上昇した(P<0.05)。食事摂取前のPEF、FVC、FEV(1)、V(25)はA群,B群の2群間で有意差がみられた。A群において血清総コレステロール、低比重リポ蛋白(LDL)コレステロール、リン脂質は食事摂取4週後に有意に低下した。食事摂取前の血清総コレステロール、中性脂肪、高比重リポ蛋白コレステロール、LDLコレステロール、リン脂質において2群間に有意差がみられた。血清中性脂肪、LDLコレステロールは食事摂取4週後2群間に有意差がみられた。気管支喘息患者のある群へのエゴマ油食はLTC4産生能を抑制し、それには呼吸機能や脂質代謝といった臨床因子が関連していると考えられた。
キーワード alpha -linolenic acid leukotrieneC4 bronchial asthma lipometabolism
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2002-02-01
72巻
開始ページ 45
終了ページ 54
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308212
著者 芦田 耕三| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 西田 典数| 永田 拓也| 高田 真吾| 横井 正| 谷崎 勝朗|
発行日 2003-02-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
73巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/14909
タイトル(別表記) 脂肪の変化と関連した気管支喘息に対するn-3系脂肪酸食の効果 ― n-6系脂肪酸との比較
フルテキストURL 071_050_058.pdf
著者 岡本 誠| 光延 文裕| 芦田 耕三| 御舩 尚志| 保﨑 泰弘| 柘野 浩史| 高田 真吾| 谷崎 勝朗| 原田 実根|
抄録 N-3 fatty acids have been reported to be effective for asthma. In the present study, the effects of perilla seed oil (n-3 fatty acids) on asthma were compared with the effects of corn oil (n-6 fatty acids) in terms of pulmonary function, lipometabolism and the generation of leukotriene C4 (LTC4) by leucocytes. A total of 28 asthmatic patients were randomly divided into two groups : Group A patients (15 subjects) consumed perilla seed oil-rich supplementation, while Group B patients (13 subjects) consumed corn oil-rich supplementation for 4 weeks. Generation of LTC4 by leucocytes, respiratory function and the serum levels of lipids were compared between the two groups. The generation of LTC4 by leucocytes decreased significantly in Group A subjects following perilla seed oil-rich supplementation for 2(P < 0.05) and 4 weeks(P < 0.01). A significant difference in the generation of LTC4 was observed between the two groups after different dietary supplementations for 4 weeks (P < 0.05). Significantly increased values for PEF (P < 0.01), FVC (P < 0.05) and FEV1.0 (P < 0.05) were found in Group A subjects following perilla seed oil supplementation for 4 weeks, compared with the initial value prior to supplementation. A significant decrease in the serum level of total cholesterol, LDL-cholesterol and phospholipid was detected in Group A subjects following perilla seed oil supplementation for 4 weeks. The present results suggest that peril la seed oil-rich supplementation is effective in the treatment of asthma in terms of its ability to suppress LTC4 generat ion by leucocytes, and in inducing an improvement in pulmonary function associated with changes in the serum level of lipids.
抄録(別表記) n-3系脂肪酸は喘息に有効であることが報告されている。今回、エゴマ油(n-3系脂肪酸)の喘息に対する効果を呼吸機能、イコトリエンC4(LTC4)産生能の観点から、コーン油(n-6系脂肪酸)のそれと比較した。28例の喘息患者を無作為に2群に分け、A群(15例) はエゴマ油食を、B群(13例)はコーン油食をそれぞれ4週間摂取した。白血球LTC4産生能、呼吸機能、血清脂質を2群間で比較した。白血球LTC4産生能はエゴマ抽食を摂取したA群で2週後(P < 0.05)、4過後(P < 0.01)に有意に低下した。食事摂取4過後に岳群間でLTC4産生能に有意差が認められた(P < 0.05)。エゴマ油食を4過摂取したA群ではピークフロー(P < 0.05)、肺活量(P < 0.01)、1秒量(P < 0.05)が食事摂取前に比し、有意に増加した。またA群ではエゴマ坤食摂取4週後に血清総コレステロール値、LDL-コレステロール値、リン脂質の有意な低下がみられた。こ れらの結果より、エゴマ油食は白血球LTC4産生能を抑制することにより、呼吸機能を改善し、血清脂質の変化と関連して、喘息の治療に有効であることが示唆された。
キーワード perilla seed oil (エゴマ抽) a -1inolenic acid (α-リノレン酸) leukotriene C4 (ロイコトリエンC4) respiratory function (呼吸機能) 脂質代謝
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2001-02-01
71巻
開始ページ 50
終了ページ 58
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308088
著者 岡本 誠| 芦田 耕三| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 西田 典数| 永田 拓也| 横井 正| 高田 真吾| 谷崎 勝朗| 谷本 光音|
発行日 2003-02-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
73巻
資料タイプ 紀要論文
著者 芦田 耕三| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 濱田 全紀| 岩垣 尚史| 藤井 誠| 高田 真吾| 谷崎 勝朗|
発行日 2004-12-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
75巻
資料タイプ 紀要論文
著者 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 岩垣 尚史| 藤井 誠| 高田 真吾| 濱田 全紀| 谷崎 勝朗|
発行日 2004-12-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
75巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/14963
タイトル(別表記) サーモグラフィーによる体表面温度の測定 2.温水負荷の効果
フルテキストURL 069_068_075.pdf
著者 保崎 泰弘| 高田 真吾| 光延 文裕| 御舩 尚志| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 原田 誠之| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄| 辻 孝夫|
抄録 The body surface temperature of 41 patients suffering coldness, numbness or pain in their feet was examined using thermography. Thermographic results were analyzed quantitatively by calculating a recovery ratio as: Recovery ratio =[Total counts of thermography (Pixels) over temperature (T) after cold loading] ÷ [Initial counts over T before cold loading] x 100(%). Three different baseline temperatures, 26℃. 27℃ and 28℃, were used in processing the thermographic results into pictures. The recovery ratio was susceptible to temperature, and we recommend a baseline temperature limitation of 27℃ for clinical study. A bi-modal distribution of recovery ratio was observed in 18 patients with diabetes mellitus. One group (6 subjects) had high recovery ratio between 80%-100%, and another group (10 subjects) had a low recovery ratio between 0%-19%. The results of thermography were also influenced by weather. To reduce the effect of outside temperature, we used pre-loading with hot water at 36℃ for 5 min (hot loading). A large difference in recovery ratio between presence and absence of hot loading was observed in 6 of the 30 subjects. The difference was over-estimated in more than 20% of recovery ratio without hot loading as compared with hot loading in these 6 subjects. The effect of drugs on peripheral circulation, such as beraprost sodium and sarpogrelate hydrochloride, was clear and quantified using thermography under these conditions of hot loading.
抄録(別表記) 下肢に冷感ならびにしびれ感または疼痛を訴える患者41症例についてサーモグラフィーを用いて体表面温度を測定した。測定で得られた結果は回復率として数量化して表示された。回復率の算出方法は回復率=[冷水負荷後の特定温度T℃以上の体表面温度のサーモグラフィーのPixelの総数]÷[温水負荷前の特定温度T℃以上の体表面温度のサーモグラフィーのPixelの総数]× 100%で求めた。サーモグラフィーで得られた結果と画像処理の過程で用いられた,26℃,27℃,28℃の3つの異なる特定温度T℃ との関連について検討を行なった。その結果,回復率は特定温度T℃に影響を受けやすいことが明らかとなった。下肢の体表面温度の低い臨床症例においては27℃の条件が適当と考えられた。前述の41症例中の18症例の糖尿病患者について検討を行なった。そのサーモグラフィーの結果は,比較的回復率の高い(80%~100%)群の6症例と比較的回復率の低い(0%~19%)群の10症例の2群に別れた。わずかに残り2症例が20%から79%の間であった。下肢の症状が気温の低い時期に出親しやすいためにサーモグラフィーの検査を冬期に行なう必要性が高まった。しかし,天候の影響を受けやすいために冷水負荷前の測定領域の下肢が冷えすぎているために20℃の室温に15分間の安静時間では体表面温度が十分に暖まることが出来ず,27℃以上の領域として測定範囲全体を観察できない 問題に直面した。この間温点を解決する手段として36℃の温水に5分間下肢を入れて暖める温水負荷を加えることにした。そこで, 温水負荷を行なった症例30症例について,温水負荷を行なう前(室温)の回復率と温水負荷を行なった後の回復率について比較検討を行なったところ,20%にあたる6症例において温水負荷を行なわなかった場合に20%以上の回復率の過剰評価が認めら れた。温水負荷を行なうことにより年間を通じて天候の影響を最小限にすることが可能となり,この結果,長期間の内服薬の末梢循環に及ぼす影響の測 定を行なった場合に,季節の影響を最小限にしてサーモグラフィーにより回復率を用いて数値化された測定結果を検討することが可能となった。具体的に末梢循環の改善に薬効が有ると言われている薬剤であるベラプロストおよびサルポグレラートを3ヵ月間内服した場合の前後のサーモグラフィーで得られた回復率について検討を行なった。その結果はベラプロストにおいては,6.9%から41.9%に上昇または回復率の6.1倍の上昇を認めた。サルポグレラートにおいては,1.9%から17.3%に上昇または回復率の9.1倍の上昇を認めた。以上より,温水負荷を加えたサーモグラフィーの測定結果の数値化は下肢に症状の有る患者の末梢循環の評価ならびに薬効の評価の比較に有用であることが表わされた。
キーワード サーモグラフィー (thermography) 糖尿病 (diabetes mellitus) 末梢循環 (peripheral circulation) 冷水負荷 (cold loading) 温水負荷 (hot loading)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 68
終了ページ 75
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308316
JaLCDOI 10.18926/15088
タイトル(別表記) サーモグラフィーによる体表面温度の測定
フルテキストURL 067_063_070.pdf
著者 保崎 泰弘| 名和 由一郎| 竹内 一昭| 柘野 浩史| 芦田 耕三| 横田 聡| 光延 文裕| 御舩 尚志| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄| 池田 敏| 武田 和久|
抄録 Body Surface Temperature was observed by thermography. The surface temperature of a healthy person's lower limbs, after being cooled in a water bath, increased in parallel with time. Patients with Diabetes Mellitus had different patterns in the rate of increase of the surface temperature. After cold loading, one patient had a 99% recovery ratio of surface temperature, the same level as healthy volunteers (83%, and 88%), as calculated by a picture processing program with the computerized thermotracer. However, the recovery ratio of other patients was poorer, ranging from 56% to under 6% recovery. This measurement of elevation of body temperature is useful for the estimation of peripheral blood flow in patients with lower limbcirculation failure.
抄録(別表記) 健常人並びに糖尿病患者を対象にして下肢の体表面温度を測定した。測定にはサーモグラフィーを用い,得られた画像の数値化にはコンピュータを用いた画像処理システムを利用した。健常人を用いた実験では,20℃の水を用いた冷水負荷を5分間行うことにより,冷水負荷後,下肢の体表面温度は時間とともに上昇して30分後に良好な回復を得ることができた。画像処理により28℃以上の体表面温度を呈した下肢の面積を負荷前と比較したところ,回復率は,2名の健常人についてみるとそれぞれ83%,88%であった。27℃で画像処理を行った場合には回復率は93%となり過大評価される可能性があった。また,29℃で画像処理を行ったところに,逆に,64%となり過少評価される可能性があり,28℃が最も良い条件であった。この様な条件下で,糖尿病患者7名について同様に測定を行ったところ,1名は健常人と同じく99%の良好な回復率を呈した。しかし,他の1名は56%であり,残りの,5名は6%以下であった。この様に,糖尿病患者では,下肢の体表面温度の冷水負荷後の回復率に顕著な差を認めた。この差は,糖尿病患者における,末梢循環障害の程度を反映しているものと考えられた。この様にコンピュータを用いた画像処理システムの応用によりサーモグラフィーの画像は数値化することが出来,測定結果はより客観的に据えることが可能となった。画像処理されたサーモグラフィーは下肢の循環障害を持つ患者の末梢血流量の評価に有用な測定方法であると考えられた。
キーワード Thermography (サーモグラフィー) Diabetes Mellitus (糖尿病) Peripheral Circulation (末梢循環) Cold Loading (冷水負荷)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 63
終了ページ 70
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307566
JaLCDOI 10.18926/14927
タイトル(別表記) サーモグラフィーによる体表面温度の測定 3.体表面温度の回復率と末消血流量との相関
フルテキストURL 070_036_042.pdf
著者 保崎 泰弘| 高田 真吾| 光延 文裕| 御舩 尚志| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 原田 誠之| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 辻 孝夫|
抄録 The body surface peripheral circulation in 12 cases, including 9 patients with diabetes mellitus who were suffering coldness, numbness or pain in their feet, and 3 healthy volunteers was examined using Laser-Doppler blood flowmetry. At the same time, the body surface temperature was estimated by thermography. Thermographic results were analyzed quantitatively by calculating a recovery ratio as : Recovery ratio = [Total counts of thermography(Pixels) over temperature (T) after cold loading] ÷ [Initial counts over T before cold loading] x 100(%). The recovery ratio and the blood flow were correlated, r=0.68, p<O.01. The peripheral circulation of 16 patients with diabetes mellitus was observed at three different conditions including, l)placed at room temperature at 20℃for 15 min, 2) submerged and warmed for 5 min in a hot bath at 36℃(i.e. hot loading), and 3) submerged and cooled for 5 min in a water bath at 20℃ (i.e. cold loading). Three different baseline temperatures, 26℃, 27℃ and 28 ℃, were used in processing the thermographic results into pictures. The highest correlation (r=0.59, p=0.0002) was obtained under the condition of cold loading using a baseline temperature limitation of27℃.The difference ratio (%) of blood flow was calculated as the blood flow at cold loading divided by the blood flow at hot loading in these 16 patients. The difference ratio of the blood flow and the recovery ratio of thermography were correlated, r=0.46, p<O.OOO1. We found a strong correlation between the results of Laser-Doppler blood flowmetry and one of thermographic methods used to monitor peripheral circulation in patients with diabetes mellitus. Cold loading using a baseline temperature limitation of 27℃ were recommended for further examinations. Patients with low blood flow as well as with large differences in their peripheral circulation between cold loading and hot loading had severe coldness in their body surface temperature. We showed the usefulness of the results of thermography, when quantified by picture processing using computer software, in relation with the results of Laser-Doppler blood flowmetry.
抄録(別表記) 末梢神経障害を有する糖尿病患者の末梢循環障害の程度を数量的に検討する目的で、下肢に冷感ならびにしびれ感または疼痛を訴える糖尿病患者9症例と健常ボランティア3例の計12例(平均年齢59歳)についてサーモグラフィーを用いて体表面温度を測定した。更に,サーモグラフィーで得られた結果と末梢皮膚血流量をレーザードプラー血流計を用いて測定して得られた結果と比較した。サーモグラフィーによる測定で得られた結果は回復率として数量化して表示された。回復率の算出方法は回復率= [冷水負荷後の特定温度27℃以 上の体表面温度のサーモグラフィーのPixelの総数]÷ [冷水負荷前の特定温度27℃以上の体表面温度のサーモグラフィーのPixelの総数]×100%で求めた。レーザードプラ-血流計を用いて測定して得られた末梢血流量は左右それぞれ5カ所,計10カ所の測定値の平均で表示した。その結果,末梢皮膚温度の回復率と末梢皮膚の血流量との問には正の相関関係(r=0.68,p<0.01)が認められた。次に,末梢皮膚血流量について,室温20℃安静15分後,温水36℃浸水負荷10分後,冷水20℃浸水負荷30分後の異なる3条件について、またサーモグラフィーで得られた結果を,画像処理の過程で用いられた,26℃,27℃,28℃の3つの異なる特定温度との関連について検討を行なった。対象は,下肢に冷感ならびにしびれ感または疼痛を訴える糖尿病患者16症例(平均年齢69歳,平均HbAIC9.6%)について測定した。その結果,末梢皮膚 血流量は冷水20℃浸水負荷30分後に測定して得られた結果と,回復率は特定温度27℃で画像処理して得られた結果とが最も相関が高い(r=0.59,p=0.0002)ことが示された。`次に,相関が高い条件は,室温20℃安静15分後に血流量を測定した場合(r=0.483,p=0.0002)であった。そして温 水36℃浸水負荷10分後に測定して得られた結果とが最も相関関係が低い結果となった。更に,冷水20℃浸水負荷30分後に測定して得られた結果を温水36℃浸水負荷10分後に測定して得られた結果で割った比を%で表示したところ回復率とこの比との間には正の相関関係(r=0.46,p<0.0001)が認められた。このことから,温水36℃負荷時と,冷水20℃負荷時との差が大きい患者 において末梢皮膚温度の低下が著しいことが示された。これまで悲観血的に測定されてきたサーモグラフィーによる末梢循環の数量的評価の試みは,レーザー血流計による結果と組み合わせることで,両者の間に正の相関関係が示されたことにより,今後,数量化された客観的評価を可能にした。
キーワード サーモグラフィー (thermography) レーザードプラー血流計 (Laser-Doppler blood flowmetry) 糖尿病 (diabetes mellitus) 末梢循環 (peripheral circulation) 冷水負荷 (cold loading)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 36
終了ページ 42
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308240
JaLCDOI 10.18926/14925
タイトル(別表記) 気管支喘息における胸部HRCT所見の臨床[光延文裕1]的意義
フルテキストURL 070_017_027.pdf
著者 光延 文裕| 御舩 尚志| 芦田 耕三| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 岡本 誠| 原田 誠之| 中井 陸郎| 谷崎 勝朗|
抄録 The significance of the low attenuation area (LAA) of the lungs on high resolution computed tomography (HRCT) has not been determined in patients with asthma. We examined the relationship between the percentage of lung area with CT numbers lower than -950HU (% LAA) and the mean CT number in 81 patients with reversible airway obstruction (asthma) and in 22 healthy subjects, as well as the relationship between maximal % LAA and various parameters of pulmonary function, smoking history, disease severity and allergic type in the asthmatic subjects. The mean CT number was obtained by scans at three anatomic levels, and maximal % LAA was the % LAA which had the largest value of those measured at the three anatomic levels of the lung. We found that: 1. The mean CT number was closely related to the maximal % LAA of the lungs in all subjects studied (r= -0.916, p<O.OOO1). 2. The maximal % LAA in asthmatics with a previous smoking history (median: 20.1) was significantly larger than that in asthmatics without a smoking history (median: 10.8), and that in healthy subjects with (median: 8.8) and without a history of smoking (median: 10.4). 3. The maximal % LAA was significantly correlated with FEV1/FVC (r=-0.611, p<O.OOO1) and TLC (r=0.391, p=0.0068) in the asthmatic subjects. 4. The maximal % LAA was significantly correlated with the severity of asthma (p<O.01), but not with the etiology of asthma. This study suggests that the maximal % LAA is influenced by disease severity in patients with asthma, and that a smoking history has a more significant effect on the pulmonary function of asthmatics than healthy individuals.
抄録(別表記) 【目的】気管支喘息症例において胸部HRCTを用いて% LAA(Lowattenuationarea)を評価し,臨床病態との関連を検討する。 【対象と方法】気管支喘息症例81例ならびに健常者22例を対象とした。大動脈弓部,下葉分岐部,横隔膜上3cmの3スライスを撮影し,胸部CT値の演算によりCT値が-950HU以下の% LAA,さらに3スライス中の最大% LAAと3スライスの平均CT値を算出した。その値と年齢,発症年齢,罹病期間,性別,喫煙歴,重症度,病型,肺機能との関連を検討した。【結果】1.最大% LAAは平均CT値と強い相関を示した(r=-0.916,p<0.0001)。2.最大% LAAは喫煙喘息患者において非喫煙喘息患者,喫煙ならびに非喫煙健常者に比較して喫煙者において有意に高値を示した。% LAAは喫煙者,非喫煙者ともに重症例において有意に高値を示した。3.最大% LAAは肺機能では1秒率(r=-0.611,p<0.0001),全肺気量(r=-0.391,p<0.0001)と有意な相関を示した。4.最大% LAAは喘息の重症度とは有意の竿間を示したが,病型とは関連は見られなかった。 【考案】喘息患者におけるHRCTによる最大% LAAは喫煙,重症度,肺機能と関連を示しており,気管支喘息の臨床病態を反映する可能性が示唆された。
キーワード low attenuation area high resolution computed tomography reversible airway obstruction
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 17
終了ページ 27
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308175
JaLCDOI 10.18926/14933
タイトル(別表記) 気管支喘息患者における白血球ロイコトリエン産生能に対する不飽和脂肪酸食の効果に影響する因子
フルテキストURL 070_043_052.pdf
著者 岡本 誠| 光延 文裕| 芦田 耕三| 御舩 尚志| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 原田 誠之| 高田 真吾| 谷崎 勝朗| 片岡 幹男| 新谷 憲治| 原田 実根|
抄録 Dietary supplementation with perilla seed oil, a vegetable oil rich in α -lin- olenic acid, inhibits the generation of leukotrienes(LTs) by leucocytes in patients with bronchial asthma. We examined the factors that affect the suppression of LT generation by leucocytes with perilla seed oil-rich supplementation in patients with asthma, by comparing the clinical features of patients with asthma, whose generation of leukotriene (LT) C4 was suppressed by dietary supplementation with perilla seed oil (n-3 fatty acids) (group A), with those of patients who showed no suppression of LTC4 generation (group B). Group A showed a significant increase in the generation of LTB4 and L TC4 by leucocytes after corn oil-rich supplementation (n-6 fatty acids), and a significant decrease in the generation of LTB4 and LTC4 after perilla seed oil-rich supplementation (n-3 fatty acid). However, this was not observed in group B. The level of serum IgE and peak expiratory flow (PEF) in group A were significantly higher than in group B. Furthermore, the serum levels of LDL-cholesterol, β-lipoprotein and phospholipid were significantly lower in group A than in group B. These results suggest that the clinical features differ between these two asthmatic populations with respect to suppression of LTB4 and LTC4 generation by n-3 fatty acids in perilla seed oil-rich supplementation.
抄録(別表記) a-リノレン酸の豊富なエゴマ油の食事は気管支喘息患者の白血球ロイコトリエン(LT)産生能を抑制する。気管支喘息患者の内,エゴマ油食によりLTC4の産生が抑制された群(A群)と抑制されない群(B群)の臨床データを比較することにより,気管支喘息患者の白血球ロイコトリエン産生能に影響する因子を検討した。A群はコーン油(n-6系脂肪酸)の豊富な食事後,白血LTB4,LTC4の産生能が増加し,エゴマ油(n-3系脂肪酸)の豊富な食事後LTB4,LTC4の産生能が減少した。これらの変化はB群では認められなかった。A群のIgE値,ピークフロー(PEF)値はB群に比し,有意に高値であった。またLDL-コレステロール,β-リポ蛋白,リン脂質はA群ではB群に比し,有意に低値であった。これらの結果はエゴマ油の豊富な食事のn-3系脂肪酸によるLTB4,LTC4の産生能の抑制に関して2群の気管支喘息患者群間に臨床データの相違があることを示唆している。
キーワード エゴマ油 (perilla seed oil) 気管支喘息 (bronchial asthma) ロイコトリエン (leukotrienes) IgE 脂質代謝 (lipometabolism)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 43
終了ページ 52
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308623
著者 水島 孝明| 越智 浩二| 江盛 康之| 谷岡 洋亮| 澤 公成| 藤岡 真一| 真治 紀之| 小出 典男| 谷崎 勝朗|
発行日 2003-02-01
出版物タイトル 岡大三朝医療センター研究報告
73巻
資料タイプ 紀要論文
JaLCDOI 10.18926/14910
タイトル(別表記) ステロイド依存性気管支喘息症例の病的骨折と皮質骨傷害の検討
フルテキストURL 071_059_067.pdf
著者 柘野 浩史| 後藤 文禮| 中井 睦郎| 岡本 誠| 高田 真吾| 御舩 尚志| 保﨑 泰弘| 光延 文裕| 芦田 耕三| 穐山 恒雄| 辻 孝夫| 谷崎 勝朗|
抄録 In a previous study, we demonstrated that chronic administration of systemic glucocorticoids decreases cortical bone mineral density (BMD) and induces development of pathologic fractures in asthmatic patients. To investigate cortical bone porosity due to glucocorticoids, we studied cortical bone volume, BMD, bone strength, and fractures in patients with asthma in this report. A total of 82 postmenopausal asthmatic patients were enrolled in the study. Vertebral fractures were diagnosed via plain spinal radiograms. Peripheral quantitative computed tomography (pQCT) was used to measure cortical BMD, relative cortical volume, and Strength Strain Index (SSI). Multiple regression analysis, Student's t test, and other statistical analyses were performed. Patients with systemic glucocorticoids therapy had lower cortical BMD, relative cortical volume, SSI, and more number of vertebral fractures than patients without it. Lifetime cumulative dose of glucocorticoids was related to cortical BMD, relative cortical volume, SSI, and the number of vertebral fractures. The cortical volumedensity relationship appeared to remain constant regardless of systemic glucocorticoid administration. The number of vertebral fractures correlated highly with cortical BMD, relative cortical volume, and SSI at the radius. In conclusion, systemic glucocorticoid administration decreases cortical bone density, cortical bone volume, and bone strength. G lucocorticoid administration appears to be responsible for the process of cortical bone porosity at both endosteal and intracortical sites. Given that both cortical bone density and volume provide bone strength, cortical bone porosity was seen to contribute to glucocorticoid - induced bone strength loss and fractures.
抄録(別表記) 【目的】骨強度には皮質骨の状態が主に関与するため,全身ステロイド療法に伴う病的骨折と皮質骨障害について検討した。【方法】閉経後女性気管支喘息患者82例で,ステロイド依存性群と非依 存群において,椎体骨折数,槙骨皮質骨骨密度,皮質骨容量,骨強度(SSI)をⅩ線側面像とpQCTを用いて検討した。 【結果】ステロイド依存群はステロイド非依存群に比べて,椎体圧迫骨折数は有意に多く,榛骨皮質骨骨密度,皮質骨容積比,骨強度は各々有意に低下していた。また,皮質骨骨密度と容積は一定の割合で減少していた。椎体圧迫骨折数は皮質骨骨密度,皮質骨容積比,骨強度の全てと高い相関を認めた。 【結論】ステロイド依存性気管支暗息症例においては,皮質骨の骨 密度と容量が同時に減少して骨強度が減少することによって,病的骨折が発症すると考えられた。
キーワード glucocorticoid cortical bone pQCT osteoporosis
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2001-02-01
71巻
開始ページ 59
終了ページ 67
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308222
JaLCDOI 10.18926/15307
タイトル(別表記) 気管支喘息におけるハウスダストアレルギー. 血清IgE値とIgE抗体価と年齢との関連
フルテキストURL 064_031_035.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 越智 浩二| 原田 英雄| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 Serum IgE levels and IgE antibody values in relation to patient age were examined in 50 patients with house dust mite (HDm) sensitive asthma, 1. IgE antibody values to HDm were highest in patients between the ages of 10 and 19, and the values generally low in those over the age of 40. 2. High IgE antibody values to HDm were accompanied by high serum IgE levels in patients between 10 and 19. IgE antibody values and serum IgE levels were in general low in patients over age 40. In patient under age 9, serum IgE levels were less than 500 IU/ml in 5 of the 10 subjects despite an increased value of IgE antibodies to HDm. These results suggest that an increased production of IgE antibodies to HDm is usually accompanied by an increased production of total IgE in younger subjects. However, an increase in production of IgE antibodies is not always related to an increase in production of total IgE in patients under age 9. The results also show that production of IgE antibodies to HDm and total IgE is in general low in older patients despite the hyperreactivity to HDm.
抄録(別表記) ハウスダストが原因抗原であるアトピー型気管支喘息50例を対象に,血清IgE値とIgE抗体価を年齢との関連のもとに検討した。1.IgE抗体価は10-19才の年齢層の症例において最も高く,一方40才以上の症例では全般的に低い傾向が見られた。2.10-19才の年齢層の症例では,IgE抗体価の高値と同時に血清IgE値も高い値を示したが,40才以上の症例では,IgE抗休価および血清IgE値いずれも10-19才の症例に比べ全般的に低い値を示した。9才以下の症例では,IgE抗体価の高値にもかかわらず,血清IgE値は比較的低く,500IU/ml以下を示した症例が10例中5例に観察された。これらの結果は,若年症例では,IgE抗体の産生亢進と総IgEの産生亢進が同時に見られること が多いが,9才以下ではIgE抗体産生亢進に総IgE産生亢進が必ずしもともなわない場合があることを示している。また,40才以上の症例では,ハウスダストに対する過敏性は有しているものの,IgE抗体価および血清IgEは全般的に低い値を示す傾向が示唆された。
キーワード Serum IgE (血清IgE) IgE antibodies (IgE抗体) house dust mite (ダニ) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 31
終了ページ 35
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307674
JaLCDOI 10.18926/15308
タイトル(別表記) 老年者気管支喘息における液性および細胞性免疫反応について
フルテキストURL 064_075_082.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 瓦屋 正志| 越智 浩二| 原田 英雄| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 Humoral and cellular immune responses in bronchial asthma were examined by comparing the results of older asthmatics (group OA) with those of older healthy subjects (group OH) and of younger asthmatics (group YA). In humoral immune response, IgE-mediated immune system expressed by elevated serum IgE levels and IgE antibodies for house dust mite (HDm) and/or Candida albicans was clearly found in older asthmatics, while there was no finding showing the presence of IgE-mediated immune response in older healthy subjects. There was no significant difference in levels of serum IgG and IgA among the three groups. However, the serum IgM level was significantly lower in older asthmatics than in younger asthmatics. IgE antibodies to HDm and/or Candida albicans were more frequently found in older asthmatics compared with older healthy subjects. In contrast, IgG(4) antibodies to HDm were not different among the three groups. IgG(4) antibodies to Candida albicans were significantly higher in both older groups than in younger group. However, there was no significant difference between asthmatic and healthy subjects in the elderly. Delayed skin reaction to PPD was significantly more decreased in older asthmatics. These results show that bronchial asthma in the elderly is characterized by the presence of IgE-mediated immune response and by the changes of immune response with aging.
抄録(別表記) 気管支喘息における液性および細胞性免疫反応について,老年者気管支喘息,老年者健常人,および若年者気管支喘息の間で比較検討を行った。1.まず,液性免疫では,血清IgE値高値,ハウスダストやカンジダに対するIgE抗体陽性などのIgE系反応は,老年者気管支喘息においては明らかに観察されたが,老年者健常人では全く観察されなかった。血清IgGおよびIgA値には3者間に有意の差は見られなかったが,血清IgMは,若年者喘息に比べ老年者喘息で有意に低い値を示した。2.ハウスダストやカンジダに対するIgE抗体は老年者喘息において老年者健常人に比べより高い頻度で陽性であったが,一方,ハウスダストに対するIgG(4)抗体は3者聞に有意の差は見られなかった。また,カンジダに対するIgG(4)抗体は,老年者喘息および健常人において,若年者喘息に比べ有意の高値を示した。しかし,老年者の喘息と健常人との間には有意の差は見られなかった。3.PPDによる遅延型皮膚反応は,若年者喘息に比べ老年者喘息において有意の減弱傾向を示した。これらの結果は,老年者喘息はIgE系反応を有していること,そして,加齢による免疫反応の変化の影響を受けること,を示している。
キーワード IgE IgG(4) Immunoglobulings (免疫グロブリン) PPD Bronchial asthma (気管支喘息) 加齢
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 75
終了ページ 82
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307261
JaLCDOI 10.18926/14954
タイトル(別表記) 肺気腫患者における吸入抗原に対するIgE抗体
フルテキストURL 069_021_027.pdf
著者 光延 文裕| 御舩 尚志| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 原田 誠之| 湯本 英一郎| 高田 真吾| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄| 長谷川 晴巳|
抄録 To analyze the pathophysiological changes ot the airways in emphysema, bronchial responsiveness and the generation of leukotrienes B4 (LTB4) and C4 (LTC4) by peripheral leucocytes were examined in 22 patients with emphysema. The subjects were divided into two groups according to the presence or absence of IgE antibodies against inhalant allergens; RAST positive group and RAST negative group. 1. Smoking history, mean CT number and mean maximum % low attenuation area (% LAA) <-950HU of the lung on high resolution computed tomography (HRCT), and DLco value suggested that there were emphysematous changes of the lung in all subjects. However, these findings were not different between the two groups. 2. The level of serum IgE was significantly higher in RAST positive group than in RAST negative group. 3. The mean % increase in FEV1.0 after inhalation of β-agonists was higher in RAST positive group than in RAST negative group. The % increase more than 15% was found in 4 of the 9 subjects (44.4%) in RAST positive group and 2 of the 12 (16.7%) in RAST negative group. 4. The generation of LTC4 by leucocytes was significantly higher in RAST positive group than in RAST negative group (p<0.01). The generation of LTB4 was not significantly different between the two groups. The results suggest that IgE-mediated allergy participates in the bronchial responsiveness of patients with emphysema.
抄録(別表記) 肺気腫患者の気道病変を解析する目的で,22例の肺気腫患者を対象に,その気道反応および白血球のロイコトリエンB4,C4産生能について検討を加えた。この際対象症例はIgE抗体の有無によってRAST陽性症例RAST陰性症例に分類された。1.喫煙歴,平均CT値,high resolution computed tomography(HRCT)上の-950HU以下の% low attenuation area(% LAA),DLcoなどの値は,いずれも対象症例が高度な気腫化病変を有してい ることを示した。2.血清IgE値は,RAST陽性例で陰性例に比べ有意の高値を示した。3.β受容体刺激薬吸入後のFEV1.0の増加は,RAST陽性例で陰性例に比べ高度であった。そして,吸入後のFEV1.0が15%以上の増加を示した症例は,RAST陽性例では9例中4例(44.4%),陰性例では12例中2例(16,7%)であった。4.白血球のLTC4産生量は,RAST陽性例で陰性例に比べ有意に高い値であったが,LTB4産生は両者間に有意の差は見られなかった。以上の結果より,IgEにmediateされるアレルギー反応が,肺気腫患者 の気道反応に関与している可能性が示唆された。
キーワード emphysema bronchial responsiveness FEV1.0 LTB4 LTC4
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 21
終了ページ 27
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308178