JaLCDOI 10.18926/19755
タイトル(別表記) 気管支喘息および慢性気管支炎患者における抗ヒトIgEによる好塩基球からのヒスタミン遊離
フルテキストURL 059_031_036.pdf
著者 谷崎 勝朗| 周藤 真康| 貴谷 光| 荒木 洋行| 辻 光朗| 高橋 清| 木村 郁郎|
抄録 Histamine release from basophils induced by anti-IgE was studied in 8 patients with chronic bronchitis and 50 patients with bronchial asthma by analyzing doseresponse curves. As the result, there were no significant differences in maximum percent histamine release from basophils among three groups of healthy subjects (24.7± 14.2%), patients with chronic bronchitis (27.7±22.1%) and those with bronchial asthma (28.4±17.0%). In the patients with bronchial asthma, the maximum percent histamine release was higher in accordance with higher serum IgE levels, and low maximum percent release was observed in patients with intrinsic asthma (14.1±7.2%). Study of dose-response curves of anti-IgE-induced histamine release showed that a negative slope from E(2) to E(1) was observed in both healthy subjects and patients with chronic bronchitis. The majority of asthmatics with serum IgE levels of 501IU/ml or over showed a positive slope from E(2) to E(1).
抄録(別表記) 気管支喘息50例,慢性気管支炎8例を対象に,抗ヒトIgE添加時の好塩基球からのヒスタミン遊離を全血法により行ない,その臨床的評価について検討を加えた。抗ヒトIgE海底時のMax % histamine releaseの平均は,健康人24.7±14.2%,慢性気管支炎27.7±22.1%,気管支喘息28.4±17.0%であり,3者間に有意の差はみられなかった。すなわち,抗ヒトIgE添加により健康人や慢性気管支炎患者の好塩基球からも有意のヒスタミン遊離が見られた。気管支喘息のなかでは,内因性喘息症例においてヒスタミン遊離(14.1±7.2%)の低い傾向が見られた。Dose-response curveの検討では,健康人,慢性気管支炎症例では全例E(2)からE(1)へかけてのnegative slopeを示した。気管支喘息症例では,血清IgE値500IU/ml以下の症例ではnegative slopeを示す症例が多く,一方501IU/ml以上の症例ではpositive slopeを示す症例がより多く見られた。
キーワード Basophil response (好塩基球の反応性) Anti-lgE (抗ヒトIgE) Histamine release (ヒスタミン遊離) chronic bronchitis (慢性気管支炎) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1988-08
59巻
開始ページ 31
終了ページ 36
ISSN 09133771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002309114
JaLCDOI 10.18926/19745
タイトル(別表記) Maternal swimming at Misasa Hospital Of Okayama University Medical School First report. Recognition of the pregnant women to maternity swimming
フルテキストURL 059_008_011.pdf
著者 奥田 博之| 須賀 清博| 坂田 旬子| 吉田 佐知江| 御船 政明| 谷崎 勝朗|
抄録 妊婦のスポーツに対する考え方は近年まで比較的消極的であったが,最近マスコミに取り上げられるようになり,妊婦水泳・エアロビクスダンス等は全国的にもかなり普及していると思われる。今回外来通院患者を対象に妊婦水泳に関するアンケート調査を行った結果,大多数のものが関心を持ち,また実施希望を持っていることが判明したのでその概要を報告する。
抄録(別表記) The sports have been contraindication for pregnant women till resent years. Since Dr. Murooka reported the safety and the effectiveness of maternity swimming in 1978. maternity swimming have been taken up and fasionarised by mass media. And then maternity swimming becomes popular in our all over the country. Now we made inquiries about maternity swimming to 25 pregnant women in our outpatients clinic. (Results) 1. Eightyfour percent of them were interested in maternity swimming. 2. Eightyeight percent of them wanted to swim. 3. Most of them had little knowledge about tocological effectiveness of maternity swimming. (Conclusion) It is nessesary that the enlightenment and the active management of maternity swimming by obstetricians.
キーワード 妊婦水泳 (Maternity swimming)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1988-08
59巻
開始ページ 8
終了ページ 11
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308990
JaLCDOI 10.18926/19743
タイトル(別表記) Spe therapy for chronic respiratory disease-in subjects admitted in 1987.
フルテキストURL 059_001_007.pdf
著者 谷崎 勝朗| 周藤 真康| 貴谷 光| 荒木 洋行|
抄録 1987年1月より12月までの1年間に当院へ入院した慢性呼吸器疾患患者52例を対象に,その背景因子,免疫アレルギー学的要素および温泉療法の臨床効果について検討を加えた。1.対象52例のうちわけは,気管支喘息37例,瀰漫性汎細気管支炎3例,慢性咳嗽3例,アレルギー性肉芽腫性血管炎2例,慢性気管支炎2例,過敏性肺臓炎2例,気管支拡張症,肺気腫,広汎性肺結核症各1例であった。2.これら52症例のうち,温泉療法を受けた症例は36例(69.2%)であった。3.対象症例の地域分布と温泉療法を受けた症例との関係では,鳥取県内の入院症例(26例)で温泉療法を受けた症例は11例(42.3%)であり,県外(遠隔地)からの入院症例(26例)で温泉療法を受けた症例は25例(96.2%)であった。4.温泉療法の臨床効果では,気管支喘息では30例中25例(83.3%)で有効であり,その他1瀰漫性汎細気管支炎,アレルギー性肉芽腫性血管炎,気管支拡張症などで有効であった。
抄録(別表記) Backgrounds, immunoallergological characteristics and clinical effects of apa therapy were examined in patients with chronic respiratory diseases admitted at Misasa Branch Hospital in 1987. 1. Fifty five patients with chronic respiratory diseases comprised 37 patients with bronchial asthma, 3 with diffuse panbronchiolitis, 3 with chronic cough, 2 with allergic granulomatous angitis, 2 with chronic bronchitis, 2 with hypersensitivity pneumonitis, each 1 with bronchiectasia, pulmonary emphysema and lung tuberculosis. 2. Thirty six patients (69.2%) out of the 52 cases had spa therapy. 3. Out of 22 patients coming from Tottori prefecture, 11 cases (42.3%) received spa therapy. On the other hand, spa therapy was carried out for 25 cases (96.2%) out of the 26 cases coming from the other prefectures (long distant areas). 4. Spa therapy was effective in 25 cases (83.3%) out of the 30 patients with bronchial asthma. Spa therapy was also effective for patients with diffuse panbronchiolitis, allergic granulomatous angitis and bronchiectasia.
キーワード 気管支喘息 (Bronchial asthma) 瀰漫性汎細気管支炎 (Diffuse panbronchiolitis) 気管支炎 気管支肺胞洗浄法 (Bronchoalveolar lavage) 温泉療法 (Spa therapy)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1988-08
59巻
開始ページ 1
終了ページ 7
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309207
JaLCDOI 10.18926/19735
タイトル(別表記) Spa therapy for bronchial asthma 2. Clinical and fundamental evaluation procedures
フルテキストURL 058_035_039.pdf
著者 谷崎 勝朗| 周藤 真康|
抄録 気管支喘息に対する温泉療法の効果が,これまでどのような評価方法により判定されてきているのかについて,若干の文献的考察を加えた。効果に対する評価方法は,臨床的評価と作用機序と関連した評価方法とに分けて考えることができる。臨床的評価方法としては,自,他覚症状の改善,同時に使用された薬剤の減量の程度,あるいは,肺機能検査の各パラメーターの変動の比較などの方法により行なわれている。一方作用機序と関連した評価では,喘息の発症機序とある程度関連した温泉療法の作用を中心に検討が加えられている。例えば,喘息の発症機序として重要な位置を占める免疫アレルギー反応,自立神経系,内分泌系などと関連した指標を用いて,その変動を観察することによって,効果を明らかにしようとする試みがなされている。これらの検討は極めて意義深いが,なお今後IgE系反応や気道の過敏性との関連 などについての追求が必要であるように考えられる。
抄録(別表記) Evaluation procedures for effectiveness of spa therapy on bronchial asthma were discussed according to the reports published. The evaluation procedures could be divided into tow groups : procedures by clinical observations and procedures by findings relating to action mechanisms of spa therapy. Clinical evaluations have been performed by subjective and objective symptoms, the degree of reduction of drugs used for treatment of bronchial asthma, and improvement of each parameter in ventilatory function test. The results obtained by these procedures are frequently reported as clinical observations. On the other hand, evaluations based on the findings relating to action mechanisms of spa therapy have been carried out as follows : 1) observations for immuno-allergic reactions which play an important role in pathogenic mechanisms of bronchial asthma. 2) observations for autonomic nerve system, and 3) for endocrine glands, which have a close correlation with onset mechanisms of bronchial asthma. The results obtained by these findings before and after spa therapy are much interesting, and should be investigated furthermore.
キーワード 温泉療法 (spa therapy) 気管支喘息 (bronchial asthrna) 免疫アレルギー反応 (immuno-allergic reaction) 自律神経系 (autonomic nerve) 内分泌系 (endocrine)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1987-08
58巻
開始ページ 35
終了ページ 39
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309078
JaLCDOI 10.18926/19731
タイトル(別表記) Spa therapy for bronchial asthma 1. Climatotherapy, its clinical effects
フルテキストURL 058_031_034.pdf
著者 谷崎 勝朗| 周藤 真康|
抄録 気管支喘息に対する温泉療法,特に温泉所在地(保養地)の環境,すなわち気候条件の喘息に対する影響について,文献的考察を加えた。気候療法としては,主として山岳気候,海洋性気候,洞窟気候などが,喘息の治療に応用されている。これらの気候は,いずれも喘息に対して有効的に作用することが示されているが,それぞれの特徴を持っている。例えば,山岳気候は酸素分圧が低いこと,水蒸気圧が低いことなどが特徴であり,そのため生体がそれに適合するためにはある程度の時間が必要となる。一方海洋性気候は,海塩粒子を含んでおり,海水エロゾル中のカルシウムやマグネシウムなどが良い影響を与えると考えられている。また洞窟気候は,水分含量が均一であり,電解質,特に陰イオンが多く,これが粘膜活性や浄化活性を亢進させると言われている。またいずれの気候療法も,副腎皮質機能の活性化をもたらすと考えられている。
抄録(別表記) Spa therapy includes influence of environmental factors, especially climate around the place at which spa therapy is performed. In the present article, the effects of environmental climate around the hot springs on bronchial asthma were discussed according to the reports published. Mountain climate, sea climate and underground climate are reported to be effective for the therapy of bronchial asthma. Although these climates have shown remarkable effectiveness on bronchial asthma, each of them has climatic characteristics in treatment for bronchial asthma. Mountain climate has low content of oxygen and low vapor pressure, and patients with bronchial asthma require several weeks to adapt themselves for the climate. Sea climate is rich in cations and anions, and Ca(2+) and Mg(2+) included in sea water aerosol act beneficially on mucous membrane of airways in patiepts with bronchial asthma. Underground climate includes a lot of anions, which activate the activity of mucous membrane and ability of clearance of airways. Each climate also activate the function of adrenal glands.
キーワード 気候療法 (climatotherapy) 気管支喘息 (bronchial asthrna) 山岳気候 (mountain climate) 海洋性気候 (sea climate) 洞窟気候 (underground climate)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1987-08
58巻
開始ページ 31
終了ページ 34
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308993
JaLCDOI 10.18926/19710
タイトル(別表記) Study on anti-allergic action of Terfenadine
フルテキストURL 058_005_011.pdf
著者 谷崎 勝朗| 駒越 春樹| 周藤 真康| 貴谷 光|
抄録 選択的H(1)受容体拮抗薬であるTerfenadineの抗アレルギー作用,特にIgE系反応によるヒスタミン,およびCa ionophore A23187による好中球からのleukotrienes遊離に対する抑制作用を,ヒト末梢血白血球を用いて検討した。1.Terfenadineは,抗ヒトIgE刺激による健康人好塩基球および特異抗原刺激による気管支喘息患者好塩基球からのヒスタミン遊離に対して,全血法でのin vitro添加実験では有意の抑制作用を示さなかった。 2.洗浄白血球法によるin vitro添加実験では,Terfenadineは特異抗原および抗ヒトIgE刺激時の気管支喘息患者好塩基球からのヒスタミン,Ca ionophore A23187刺激時のleukotriene B(4)遊離に対して有意の抑制効果を示した。3.Terfenadineの内服によるin vivoの抑制実験では,IgE系反応による健康人および気管支喘息患者好塩基球からのヒスタミン遊離に対して有意の抑制効果は見られなかったが,特異抗原による皮膚反応に対しては明らかな抑制作用が観察された。以上より,Terfenadineは,組織肥満細胞および組織へと遊走してきた好塩基球に対してはある程度の抑制作用を有しているものと考えられた。
抄録(別表記) Anti-allergic action of terfenadine, one of the H(1) receptor inhibitors, was examined by human basophil histamine release induced by anti-IgE or a specific allergen (house dust), and the release of leukotriens from leucocytes stimulated by Ca ionophore A23187. 1. Terfenadine did not inhibit the release of histamine from basophils of healthy subjects induced by anti-IgE, and also of patients with bronchial asthma induced by house dust when the in vitro examination was performed by a whole blood method. 2. Histamine release from basophils of patients with bronchial asthma was significantly inhibited when washed leucocytes was preincubated with terfenadine in vitro. The release of LT B(4) from leucocytes was also inhibited. 3. In vivo examination of inhibitory action of terfenadine showed no effect on basophil histamine release of healthy subjects by anti-IgE and of asthmatic subjects by house dust, although skin test by house dust in these subjects was inhibited 60 min after administration in vivo. These results show that terfenadine inhibits the release of chemical mediators from tissue mast cells, and basophils migrating into local allergic sites.
キーワード 夕一フェナンジン (Terfenadine) lgE系反応 (IgE-mediated reaction) ヒスタミン (histamine) 好塩基球 (basophils)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1987-08
58巻
開始ページ 5
終了ページ 11
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309197
JaLCDOI 10.18926/19683
タイトル(別表記) Studies on anti-allergic actions of tranilast (Rizaben®)
フルテキストURL 057_042_045.pdf
著者 谷崎 勝朗| 駒越 春樹| 周藤 真康| 森永 寛| 大谷 純| 木村 郁郎|
抄録 抗アレルギー剤(脱顆粒抑制剤)の1つであるtranilastの肥満細胞の遊離機序に対する抑制作用について検討を加えた。1.抗原刺激時の肥満細胞の(45)Ca uptakeおよびヒスタミン遊離に対して,tranilastは有意の抑制作用を示したが,comp.48/80刺激時にはtranilastの(45)Ca uptake,ヒスタミン遊離に対する抑制作用はほとんどみられなかった。2.phosphatidylserine添加時には,(45)Ca uptakeに対するtranilastの抑制作用は減弱傾向を示し,この傾向はヒスタミン遊離に対する作用に比べより高度であった。3.抗原および抗ヒトIgEによる好塩基球からのヒスタミン遊離に対して,tranilastは明らかな抑制作用を示さなかった。
抄録(別表記) Tlanilast is clinically used for bronchial asthma as one of the prophylactic agents for asthma attacks. In this study, anti-allergic actions of tranilast were examined in (45)Ca uptake of and histamine release from target cells of IgE after stimulation with antigen, anti-IgE and camp. 48/80. 1. (45)Ca uptake of and histamine release from rat peritoneal mast cells stimulated by antigen were significantly inhibited by preincubation of the cells with tranilast. Inhibition by tranilast of increased (45)Ca uptake of mast cells by addition of phosphatidylserine were less, although inhibition of histamine release was not so affected by addition of phosphatidylserine. No significant inhibition by tranilast of (45)Ca uptake and histamine release was not observed when the cells were stimulated by camp. 48/80. 2. Tranilast showed any inhibitory effects on basophil histamine release induced by antigen and anti-IgE.
キーワード トラニラスト (tranilast) (45)Ca取り込み ((45)Ca uptake) ヒスタミン遊離 (histamine release) 肥満細胞 (mast cell) 好塩基球 (basophils)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1986-07
57巻
開始ページ 42
終了ページ 45
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308998
JaLCDOI 10.18926/19678
タイトル(別表記) Spa therapy for bronchial asthma. Annual changes of characteristics of asthmatics admitted during the past four years.
フルテキストURL 057_037_041.pdf
著者 谷崎 勝朗| 周藤 真康| 駒越 春樹| 森永 寛|
抄録 1982年1月から1985年12月までの4年間に三朝分院内科へ入院し,温泉療法を受けた気管支喘息45例を対象にその年次推移を検討した。1.性別:初期2年間は男性の入院症例が多い状況であったが,後期2年間では男女比はほぼ等しかった。2.年令:年次推移はみられず,その平均年令は50±2才の間にあった。3.地域分布:初期2年間は岡山県からの入院症例が多数をしめたが,後期2年間ではむしろ鳥取県からの入院症例が増加する傾向がみられた。4.入院期間:初期2年間の平均入院期間は6.7カ月,6.5カ月とかなり長くなる傾向がみられたが,後期2年間ではそれぞれ3.0カ月,1.5カ月と明らかな短縮傾向がみられた。5.臨床病型:いずれの年度においても重症化傾向の強いⅠb型,Ⅱ型が多くみられたが,各年度間には差はみられなかった。6.ステロイド剤使用状況:年度の経過とともにその使用量は減少して いく傾向が示された。
抄録(別表記) Annual changes of characteristics, sex, area (Prefecture) of patients' coming from, term of admission, clinical classification of asthma and use of glucocorticoids, were examined in 45 patients with bronchial asthma who were admitted at Misasa Hospital, Okayama University Medical School and received spa therapy during the past four years from 1982 to 1985. In the first two years from 1982 to 1983, more patients with bronchial asthma were admitted from Okayama Prefecture, and the majority of them had severe asthma attacks and were more dependent on steroid-therapy. On the other hand, in the past two years from 1984 to 1985, number of patients with bronchial asthma from Tottori Prefecture increases, and their attacks were less severe and less dependent on steroid-therapy compared to the patients admitted during the first two years. Term of admission became shorter in the past two years than in the first two years. Any differences between the first and the past two years were not shown in sex, patient age and asthma types classified by clinical symptoms.
キーワード 気管支喘息 (Bronchial asthma) 温泉療法 (spa therapy) 臨床病型 (asthma type)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1986-07
57巻
開始ページ 37
終了ページ 41
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309135
JaLCDOI 10.18926/15518
タイトル(別表記) Clinical significance of spa therapy in patients with steroid-dependent intractable asthma
フルテキストURL 065_119_127.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 横田 聡| 高田 一郎|
抄録 気管支喘息のなかでも,副腎皮質ホルモン依存性の喘息は,もっとも重症難治性であり,薬物療法のみでコントロールすることは極めて困難である。著者らの現在までの成績では,このようなステロイド依存性重症難治性喘息に対して,温泉療法は有効であった。このことは,喘息の治療,とりわけ重症難治例の治療には温泉療法が必要不可欠であることを示している。今回は,その臨床的有用性および機序について,若干の考察を加えた。1.臨床病型では,Ib型やII型に重症難治症例が多く,温泉療法はこれらの病型に対して有効であった。2.年齢別検討では,発症年齢では30才以上,また現年齢では40才以上の症例に対して温泉療法は有効であった。3.温泉療法による換気機能の改善では,小ないし細気管支領域の閉塞の改善がより高度であった。4.温泉療法により,気道過敏性が低下することが観察された。5.温泉療法により,高度に低下した副腎皮質機能の改善が見られた。5.ヨードゾル吸入,鉱泥湿布療法,温泉プール水泳ないし歩行訓練などが,喘息の治療に適した温泉療法と判断された。
抄録(別表記) It is very difficult or sometimes impossible for phisicians to control steroid-dependent intractable asthma (SDIA) without glucocorticoids because of the severity of asthma and low responsiveness to usual antiasthma drugs. Our previous studies have shown that spa therapy improves the symptoms and signs of patients with SDIA, suggesting that spa therapy is highly required for the treatment of SDIA. In this article, the effects and action mechanisms of spa therapy on SDIA were summarized according to the results previously described. 1. Spa therapy is more effective in patients with hypersecretion (type Ib) and bronchiolar obstruction (type II) than in those with simple bronchoconstriction (type Ia). 2. Spa therapy is more effective in patients with the age at onset over 30, and in those with the age over 40 years. 3. Obstructive dysfunction in small airways is more improved compared to that in medium or large airways by spa therapy for asthma patients. 4. Bronchial hyperresponsiveness of asthma patients is suppressed by spa therapy. 5. Markedly suppressed function of adrenocortical glands is improved by spa therapy. 6. Complex spa therapy including swimming training in a hot spring pool, inhalation of iodine salt solution and fango therapy is effective and clinically useful for the treatment of asthma patients.
キーワード 重症難治性喘息 (intractable asthma) 換気機能 (ventilatory function) ヨードゾル吸入 (inhalation of iodine salt solution) 鉱泥湿布療法 (fango therapy) 温泉プール水泳訓練 (swimming training in a hot spring pool)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 119
終了ページ 127
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307310
JaLCDOI 10.18926/15345
タイトル(別表記) 気管支喘息の発症における加齢の影響について
フルテキストURL 063_142_147.pdf
著者 光延 文裕| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 谷崎 勝朗|
抄録 Skin tests, serum total IgE levels, specific IgE antibodies against each allergen, bronchial reactions provoked by allergens and histamine release from basophils are well known as prameters of immediate allergic reactions. The incidence of positive immediate skin reaction to allergens such as house dust, ragweed, Aspergillus Alternaria, Cladosporium and Broncasma decreased with aging. On the other hand, the incidence of positive skin reaction to Candida albicans was higher in cases between the age of 41 and 50 and cases over the age of 61 compared to that in the other groups classified by age. Serum IgE levels was highest in cases aged between 0 and 30. The levels of serum IgE decreased with aging. The incidence of positive RAST scores (more than 2+) and positive bronchial reaction to house dust were highest in cases between 0 and 30, and decreased with aging. However, the positive ratio of these tests against C. albicans were highest in cases between 41 and 50. The degree of histamine release from basophils of asthmatics induced by anti-IgE was consistently high without any correlation to aging when their serum IgE levels were more than 501 IU/ml. In the cases with serum IgE levels of less than 300 IU/ml, basophil reactivity to anti-IgE decreasd with aging. Basophil reactivity to house dust was generally dependent on the levels of specific IgE antibodies against the allergen. Although basophil reactivity to C. albicans was also high in cases with positive RAST scores, some cases with a RAST score of 0+ or 1+ showed high or moderate basophil reactivity. Moderate or high reactivity of basophils was frequently observed in cases between 41 and 50 and cases over age 61.
抄録(別表記) 気管支喘息の発症機序の一つとして,IgE抗体にmediateされる即時型アレルギー反応や好塩基球の反応性の関与が明らかにされている。本論文では,即時型アレルギー反応や抗ヒトIgEや特異抗原に対する好塩基球の反応性が加齢によりどのような影響を受けるかについて検討を加えた。ハウスダスト,ブタクサ,アスペルギルス,アルテルナリア,クラドスポリウム,ブロンカスマ などによる皮内反応の陽性率は,加齢とともに低下する傾向を示した。一方カンジダによる皮内反応の陽性率は,41~50歳および61歳以上の年齢層で高度であった。血清IgE値は加齢とともに低下する傾向がみられた。ハウスダスト特異的IgE抗体,吸入誘発試験の陽性率は,加齢とともに低下する傾向を示した。一方カンジダでは特異的IgE抗体,吸入誘発試験いずれも41~50歳および61歳以上の年齢層で比較的高い陽性率が観察された。抗ヒトIgEに対する好塩基球の反応性は,血清IgEが高値(501IU/ml以上)の場合は年齢と関係なくIgE依存性であったが,血清IgE値の低い症例(301IU/ml以下)では年齢が高い群でその反応性が低い症例の比率が大きかった。ハウスダストに対する好塩基球の反応性は,抗ヒトIgE同様年齢が高い群ほど反応性が低い症例の比率が大きかった。カンジダに対する好塩基球の反応性は,41~50歳および61歳以上の年齢層の症例でより高度であった。
キーワード Skin test (皮内反応) IgE Provocation test (吸入誘発試験) Basophil reactivity (好塩基球の反応性) Aging (加齢)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 142
終了ページ 147
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307130
JaLCDOI 10.18926/15343
タイトル(別表記) 抗原および抗ヒトIgEに対する抗塩基球の反応性. 3.Ca2(+)の細胞内流入およびヒスタミン遊離
フルテキストURL 063_134_141.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 木村 郁郎|
抄録 The release mechanism of chemical mediators from basophils and mast cells was discussed when these cells were stimulated by different antigens and anti-IgE. 1. Ca(2+) influx into mast cells increased after stimulation by antigen. The increased Ca(2+) uptake by mast cells was inhibited by antiallergic agents, disodium cromoglycate (DSCG) and tranilast, and calcium antagonists, nifedipine and nicardipine. 2. The dose-response curve of histamine release by antigen was different from that by anti-IgE. The maximum release of histamine by house dust was, however, similar to that by anti-IgE. House dust- and anti-IgE-induced release of histamine increased with higher- serum IgE levels. On the contrary, the release of histamine by Candida albicans was not releated to serum IgE levels, and the release by C. albicans did not parallel therelease by anti-IgE.
抄録(別表記) ハウスダスト,カンジダなどの抗原および抗ヒトIgE刺激時の,抗塩基球および肥満細胞からの化学伝達物質遊離機序について,若干の検討を行った。1.肥満細胞へのCa(2+)の流入は,抗原刺激後に増加する傾向を示した。この肥満細胞のCa(2+)取り込みの増加は,抗アレルギー剤であるクロモリン(DSCG)やトラニラストやCa(2+)拮抗剤であるニフェジピンやニカルジピンによって抑制された。2.抗原(ハウスダスト)によるヒスタミン遊離の濃度依存性カーブは,抗ヒトIgEによるカーブとは異なっていた。しかし,ハウスダストが抗原である症例では,抗原による最高ヒスタミン遊離値は,抗ヒトIgEによる遊離値とある程度の相関を示した。そして,抗原(ハウスダスト)および抗ヒトIgEによる好塩基球からのヒスタミン遊離は,血清IgE値が上昇するにつれて,増加する傾向が見られた。一方,カンジダによるヒスタミン遊離は,血清IgE値との相関は無く,また,抗ヒトIgEによるヒスタミン遊離との間にも関連は見られなかった。
キーワード Ca(2+) influx (Ca2+流入) histamine release (ヒスタミン遊離) house dust (ハウスダスト) Candida albicans (カンジダ) anti-lgE (抗ヒトIgE)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 134
終了ページ 141
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307872
JaLCDOI 10.18926/15341
タイトル(別表記) 抗原および抗ヒトIgEに対する好塩基球の反応性. 2.分泌機序における形態的変化
フルテキストURL 063_128_133.pdf
著者 谷崎 勝朗| 高橋 清| 木村 郁郎|
抄録 Morphological changes of blood basophils activated by antigen and anti-IgE were discussed in relation to release mechanisms of the cells. 1. Basophils activated by antigen and anti-IgE show two different types : A form (pear-shaped) and B from (swollen type), on smear preparartions. 2. Pear-shaped basophils(reactive basophils), which appear after stimulation by antigen and anti-IgE, can be observed by the staining solution for the direct count of basophils and eosinophils. 3. The incidence of reactive basophils increases after addition of antigen. Thus, observation of reactive basophils can be clinically applied for detecting allergen (DCRB ; direct connt of reactive basophils). 4. Observation of morphological basophil response by phase- contrast microscopic motion pictures demonstrates that basophils activated by antigen show two different reponses, increase in motility (oriented movement) and degranulation.
抄録(別表記) 抗原および抗ヒトIgE刺激時の好塩基球の形態的変化について,細胞の分泌機序(ヒスタミン遊離)との関連のもとに若干の検討を加えた。1.抗原や抗ヒトIgE刺激時には,塗抹標本上では好塩基球の2つの形態的変化,A-form (洋梨型)とB-form(膨化型)を観察することができる。2.抗原や抗ヒトIgE刺激時に出現する洋梨型好塩基球(反応好塩基球)は,好塩基球,好酸球同時直接 算定用染色希釈液で染色することにより,容易に観察することができる。3.抗原添加後に反応好塩基球の出現頻度は増加する。したがって,反応好塩基球の出現頻度を観察することにより,原因抗原を明らかにすることができる。4.位相差顕微鏡映画による,免疫下の好塩基球の形態的変化の観察からは,好塩基球は2つの反応を取ることがわかる。その1つは,運動亢進,すなわち oriented movementを示すことであり,他の1つは,膨化して脱顆粒現象をひき起こすことである。
キーワード morphological changes of basophils (好塩基球の形態的変化) reactive basophils (反応好塩基球) degranulation (脱顆粒) histamine release (ヒスタミン遊離)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 128
終了ページ 133
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/15339
タイトル(別表記) 抗原および抗ヒトIgEに対する好塩基球の反応性. 1.好塩基球数の変化
フルテキストURL 063_123_127.pdf
著者 谷崎 勝朗| 木村 郁郎|
抄録 Blood basophils in subjects with bronchial asthma migrate from blood stream into local allergic reaction sites after inhalation of antigen into airways. The phenomena can be observed by changes in number of basophils in the peripheral blood. The peripheral basophil count is at a normal level in non-attack stage of asthmatics as in healthy subjects. The basophil count increases in pre-attack stages, and decreases during attack stages. These findings suggest that number of basophils changes in close relation to asthma cycle, and that by observing number of basophils in the peripheral blood, it is possible to detect near future attacks. The decrease in number of basophils and histamine release by stimulation with antigen and anti-IgE can be observed in vitro in whole blood and basophils separated by density gradient centrifugation and by counterflow centrifugation elutriation. The decreased number of basophils in the peripheral blood represents migration of the cells into local allergic reaction sites.
抄録(別表記) 気管支喘息では,気道への抗原吸入後,好塩基球は末梢血よりアレルギー反応局所へと遊走する。この現象は,末梢血中の好塩基球数の変動により観察することができる。気管支喘息患者の好塩基球数は,非発作時には健常人とほぼ同じで正常範囲内にあるが,発作前段階で増加し,発作出現とともに減少する傾向を示す。これらの所見は,好塩基球が喘息発作と密接な関連を持ちながら変動すること,そして,これらの変動を観察することにより,近い将来の発作を予知することが可能であることを示唆している。抗原あるいは抗ヒトIgE刺激による好塩基球数の減少およびヒスタミン遊離は,全血法あるいは濃度勾配法やcounterflow centrifugation elutriation法により分離された好塩基球を用いてin vitroで観察することができる。末梢血中の好塩基球数の減少は,好塩基球がアレルギー反応局所へと遊走したことを示している。
キーワード basophils (好塩基球) bronchial asthma (気管支喘息) asthma cycle (喘息発作) histamine release (ヒスタミン遊離)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 123
終了ページ 127
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307920
JaLCDOI 10.18926/15338
タイトル(別表記) Immunotherapy in house dust mite sensitive asthma
フルテキストURL 063_117_122.pdf
著者 岡崎 守宏| 貴谷 光| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷水 将邦| 本家 尚子| 草浦 康浩| 谷崎 勝朗|
抄録 ダニ喘息はアトピー型喘息の典型であるが,これに対する根本療法としてアレルゲンであるハウスダストを皮下注射する免疫療法が臨床でおこなわれている。70-80%の有効性が報告されているが,その作用機序はいまだ不明である。この稿においては特異的IgE抗体,特異的IgG抗体,特異的lgG4抗体,抗イディオタイプ抗体,肥満細胞の反応性,リンパ球の役割について総説する。また新たな試みとしてのallergen antibody complexを使った免疫療法,ペプタイドを使用する治療の可能性についても言及する。
抄録(別表記) Immunotherapy with house dust extract is employed as a treatment of patients with house dust mite sensitive bronchial asthma. Although 70-80% efficacy of the treatment is reported, mechanisms of its efficacy are not clear yet. In this paper, reported studies of IgE antibody, IgG antibody, IgG4 antibody, antiidiotypic antibody, reactivity of mast cells and function of lymphocytes are reviewed. A new type of immunotherapy with allergen antibody immune complex and a potential use of influenza virus hemaglutinin peptide analogue are also referred.
キーワード ダニ喘息 (House dust mite sensitive bronchial asthma) 免疫療法 (lmmunotherapy)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 117
終了ページ 122
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307745
JaLCDOI 10.18926/15337
タイトル(別表記) Pathogenic significance of IgG and IgG(4) antibodies against Candida albicans in bronchial asthma
フルテキストURL 064_116_124.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介|
抄録 カレジダ特異的IgG及びIgG(4)抗体が,気管支喘息の発症病態に関与しているかどうかについて検討を加えた。カンジダ特異的IgGおよびIgG(4)抗体は, 0-30才の年齢層の症例ではアトピー性素因の強い症例で,また,31-60才の年齢層の症例ではストロイド依存性重症難治性喘息症例で,さらに61才以上の高年令の症例で,その産生亢進が観察される。これらの症例におけるIgG及びIgG(4)抗体産生は,0-30才の年齢ではアトピーとの関連で,また31-60才の年齢では副腎皮質ホルモンの長期投与と関連して,さらに61才以上の症例では加齢と関連して,細胞性免疫能が低下し,そのためカンジダの発育が促進され,その結果として,IgG及びIgG(4)抗体の産生亢進が見られることが明らかにされている。すなわち,気管支喘息におけるカンジダに対するIgG系抗体の産生亢進は,cell-mediated immunityの低下と言う共通の基盤を有しており,病因的意義とは必ずしも関連していないことを述べた。
抄録(別表記) Pathogenic significance of IgG and IgG(4) antibodies against Candida albicans was discussed in patients with bronchial asthma. An increased production of IgG and IgG(4) antibodies against Candida albicans has been observed in patients with atopic between the ages of 0 and 30, those with steroid-dependent intractable asthma between 31 and 61, and elderly patients over the age of 61. The mechanism of an increased production of IgG and IgG(4) antibodies seems to be related to atopy in patients between 0 and 30, long-term glucocorticoid therapy in those with steroid-dependent intractable asthma between 31 and 60, and aging in elderly patients over age 61. Atopy, glucocorticoid therapy and aging in general suppress cell-mediated immunity, and suppressed cell-mediated immunity increases growth of C. albicans in patient's body, leading to an increased production of IgG and IgG(4) antibodies against C. albicans. These results show that an increased production of IgG and IgG(4) antibodies against C. albicans is not always related to the pathogenesis of bronchial asthma.
キーワード カンジダ (Candida) lgG抗体 (IgG antibodies) IgG(4)抗体 (IgG(4) antibodies) アトピー (Atopy) 気管支喘息 (Bronchial asthma)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 116
終了ページ 124
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307381
JaLCDOI 10.18926/15336
タイトル(別表記) Significance of spa therapy in modern medicine and its social request
フルテキストURL 063_110_116.pdf
著者 谷崎 勝朗|
抄録 ステロイド依存性重症難治性喘息を中心に,温泉療法の臨床効果,作用機序およびその社会的要請について総括的な検討を行った。1.重症型喘息に対する温泉療法としては,温泉プール水泳訓練,ヨードゾル吸入療法,鉱泥湿布療法などの有効性が高いため,これらの治療法を組合わせた複合温泉療法が現在行われている。そして,これらの温泉療法は,いずれも細気管支領域の病変(狭窄ないし閉塞)に対して有効であり,気管支肺胞洗浄法(BAL)により観察されるairway inflammationを有する症例が増えつつある現在,極めて有用な治療法の1つと考えられる。2.入院による温泉療法で軽快した後は,それぞれの地元で継続療法を行うことが症状の安定化のために必要である。3.重症型喘息は当院への入院例で見る限り,明らかに増加の傾向にあり,薬物療法の限界を越えたこれらの症例の治療には温泉療法が必要であり,周囲環境の変化や高齢化社会を迎えて,その社会的要請は年ごとに増加しつつあると考えられる。
抄録(別表記) Significance, clinical effects, action mechanisms and social request of spa therapy were discussed in relation to the treatment for patients with steroid-dependent intractable asthma (SDIA) and to modern medicine. 1. Complex spa therapy comprising swimming training in a hot spring pool, inhalation with iodine salt solution and fango therapy is highly effective in patients with SDIA. The action mechanism of complex spa therapy is clearly proved to improve the narrowing and obstruction of the small airways of those with SDIA. The complex spa therapy is more required for the treatment of asthma, because number of asthma patients with airway inflammation increases in recent years. 2. After spa therapy during admission, patients should continue their maintenance therapy to keep their asthma stable. 3. The number of patients with SDIA clearly increases, and antiasthmatic drugs except corticosteroid hormone are not effective for these patients. Thus, complex spa therapy is more necessary for the therapy of these asthma patients.
キーワード 重症型喘息 (Intractable asthma) 温泉プール水泳訓練 (Swimmlng trainlng in a hot spring pool) ヨードゾル吸入療法 (Inhalation therapy with iodine salt solution) 鉱泥湿布療法 (Fango therapy) 複合温泉療法 (Complex spa therapy)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 110
終了ページ 116
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307632
JaLCDOI 10.18926/15335
タイトル(別表記) Physical therapy of patients with total hysterectomy
フルテキストURL 063_106_109.pdf
著者 上本 学| 奥田 博之| 谷崎 勝朗|
抄録 子宮全摘術を受け,回復期に理学療法を実施した患者に,自転車エルゴメーターによる同一負荷運動時の心拍数について施行前と退院時の変化を検討した。その結果,退院時に心拍数は有意に減少した。しかし,その減少の程度は理学療法実施回数と相関しなかった。患者は水中運動を積極的に実施し,速やかに家庭生活を含めた社会生活への復帰が可能となった。退院後の外来診察時に異常も認められず,理学療法の有効性並びに安全性が確認された。
抄録(別表記) Twenty-one patients with total hysterectomy had a physical therapy program, including swimming training in a hot spring pool, muscle stretching and muscle strengthening exercise. Effects of this program were evaluated by bicycle ergometric challenge test. Maximum increased heart rate of the patients on the ergometric challenge test was significantly lower after the end of the program compared with the initial value before program (p<0.02). However, the effects of such physical therapy program on heart rate did not correlate with the frequency of the program. All patients were able to return to social work without any difficulties. These results support the efficacy of the physical therapy program in our hospital.
キーワード 子宮全摘術 (Abdominal hysterectomy) 術後理学療法 (Postoperative Physical therapy) 自転車エルゴメーター (Bicycle ergometer) 心拍数 (Heart rate)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 106
終了ページ 109
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307203
JaLCDOI 10.18926/15334
タイトル(別表記) Spa therapy for bronchial asthma. Spa therapies effective for bronchial asthma and problems in future.
フルテキストURL 064_105_110.pdf
著者 谷崎 勝朗|
抄録 気管支喘息に対する温泉療法の作用,あるいは効果は,直接作用と間接作用,局所作用と全身作用,即時的効果と遠隔効果などに分類される。気管支喘息に対する温泉療法の直接作用としては,呼吸器症状およびそれに関連した検査成績の改善として,また間接作用としては副腎皮質機能の改善作用がみられる。一方,気管支喘息に有用な温泉療法としては,温泉プール水泳訓練,ヨードゾル吸入療法,および鉱泥湿布療法などが明らかにされており,現在これらの温泉療法を組み合わせた複合温泉療法が行われている。気管支喘息はその臨床病態より,Ia-1.Ia-2,Ib,およびII型に分類される。このうち,特にIb型やII型は薬物療法のみではコントロールし難い重症難治性喘息を多く含んでいる。温泉療法は,気管支喘息全般に有効であるばかりでなく,特に薬物療法のみではコントロール困難なIb型やII型の喘息に対しても有効である。しかし,今後新たに気管支喘息に有用な温泉療法を考案して行かねばならない。
抄録(別表記) Actions or effects of spa therapy on bronchial asthma are divided as follows : direct and indirect actions, actions for organs and whole body, and immediate and distant effects. Direct actions of spa therapy on asthma are observed in improvement of clinical symptoms and examination results related to clinical symptoms, and indirect actions of the therapy are found in improvement of suppressed function of adrenocortical glands. It has been clarified that swimming training in a hot spring pool, inhalation of iodine salt solution, and fango therepy are effective in patients with asthma. The combination of these three spa therapies is now administered for the treatment of asthma. Bronchial asthma is classified into four types accoding to clinical symptoms : Ia-1, Ia-2, Ib, and II. Type Ib and type II asthma include many of intractable asthma, and spa therapy is effective even in these intractable asthma that is difficult to control without glucocorticoids. It is necessary to develop newly devised spa therapy that is more effective in patients with asthma.
キーワード 温泉療法 (Spa therapy) 温泉プール水泳訓練 (Swimming training in a hot spring pool) ヨードゾル吸入 (Inhalation of iodine salt solution) 鉱泥湿布療法 (Fango therapy) 気管支喘息 (Bronchial asthma)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 105
終了ページ 110
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307660
JaLCDOI 10.18926/15333
タイトル(別表記) Spa therapy for bronchial asthma. Inhalation therapy with hot spnng water and iodine salt solution
フルテキストURL 064_111_115.pdf
著者 谷崎 勝朗|
抄録 慢性閉塞性呼吸器疾患,特に気管支喘息に対する温泉療法は.温泉療法そのものの効果以外に,温泉保養地の周囲環境が疾患に極めて良好であるという利点を有している。温泉水やヨードゾルによる吸入療法は,気管支喘息に対して有効であるが,治療効果をより良好なものにするためには,各喘息症例の気道内病態を十分把握しておく必要がある。板状貯留を呈する過分泌型喘息や細気管支閉塞型喘息に対しては,吸入療法の効果は一般的に低い。代表的なヨー ドゾル吸入療法の臨床効果は,気管支喘息20例中,著効4例(20%),有効11例(55%),やや有効4例(20%),無効1例であった。
抄録(別表記) In spa therapy for chronic obstructive pulmonary diseases, especially bronchial asthma, there are some advantages that the atmosphere around the health resort where spa therapy is administered is beneficial for the diseases as well as spa effects themselves. There are several kinds of inhalation methods and drugs used for inhalation. Although inhalation therapy uslng hot spring water and iodine salt solution is effective in bronchial asthma, analysis of pathophysiologlcal changes is the airways of asthma is necessary to increase effects of the therapy. Inhalation therapy is in general low in patients with hypersecretion or with bronchiolar obstruction. The clinical effects of inhalation therapy with iodine salt solution, which is one of the representative inhalation therapies, were marked in 4 (20%), moderate in 11 (55%), slight in 4 (20%), and of no value in one of the 20 asthma patients.
キーワード 温泉療法 (Spa therapy) 吸入療法 (Inhalation therapy) 温泉水 (Hot spring water) ヨードゾル (lodine salt solution) 気管支喘息 (Bronchial asthma)   
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 111
終了ページ 115
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307467
JaLCDOI 10.18926/15332
タイトル(別表記) 気管支肺胞洗浄液中リンパ球増多と患者年齢およびIgE系アレルギー反応との関連について
フルテキストURL 064_097_104.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 木村 郁郎|
抄録 The proportion and number of lymphocytes in the airways were analyzed in 15 patients with a high proportion of lymphocytes in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid (more than 30%) and in 17 patients with less than 20% of BAL lymphocytes. 1. Both atopic and nonatopic asthma patients with a high proportion of BAL lymphocytes were aged more than 50 years. In contrast, the age of patients with less than 20% of BAL lymphocytes ranged widely, from 29 to 63 years, in the two asthma types. 2. Age at onset of the disease, serum IgE levels, and ventilatory function test were not related to the proportion of BAL lymphocytes. 3. In patients with a high proportion of BAL lymphocytes, the mean proportion of these cells was 47.3% in atopic patients and 36.4% in non-atopic patients, i. e., there was no significant difference between the two asthma types. The absolute number of BAL lymphocytes in these patients was significantly higher in atopic (5.62×10(6)) than in nonatopic asthma (0.77×10(6)) (p<0.01). These findings show that an increased number of lymphocytes in the airways is clearly related to patient age and IgE-mediated allergic reaction.
抄録(別表記) 気管支肺胞洗浄(BAL)液中のリンパ球頻度が30%以上の15例および20%以下の17例の気管支喘息患者を対象に,BAL液中リンパ球頻度と年齢およびIgE系反応との関連について検討を加えた。1.BALリンパ球が高頻度(30%以上)を示す症例は,アトピー型,非アトピー型を問わず,50才以上の年齢層に多い傾向が見られた。一方,BALリンパ球20%以下の症例の年齢は,29-63才まで幅広く分布していた。2.発症年齢,血清IgE値,換気機能とBAL液中リンパ球頻度との間には関連は見られなかった。3.BAL液中リンパ球頻度が高い症例では,アトピー型では平均リンパ球頻度は47.3%,非アトピー型では36.4%であったが,両群間には有意の差は見られなかった。しかし,BAL液中のリンパ球の絶対数は,アトピー型(5.62×10(6))において,非アトピー型(0.77×10(6)) に比べ有意に高い値を示した(p<0.01)。これらの結果は,気道内リンパ球の増加は,患者年齢とIgE系反応と密接に関連していることを示唆している。
キーワード BAL lymphocytes patient age IgE-mediated allergic reaction bronchial asthma
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 97
終了ページ 104
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307637