JaLCDOI 10.18926/15331
タイトル(別表記) ラット腹腔肥満細胞のCa(2+) influxおよびヒスタミン遊離に対する抗アレルギー薬アゼラスチンの抑制効果について
フルテキストURL 063_089_094.pdf
著者 谷崎 勝朗| 大谷 純| 木村 郁郎|
抄録 The effect of antiallergic agent, azelastine, was examined in immunogical secretory process of mast cells. 1. Azelastine significantly inhibited (45)Ca uptake by mast cells stimulated by antigen, and the maximum inhibition was attained at a concentration of 50 μg/ml showing approximately 30.5 % inhibition. 2. Azelastine also inhibite the release of histamine from mast cells by antigen. The maximal inhibitory rate was 38.1%. The effect of azelastine on (45)Ca uptake and histamine release was dose-dependent, and compatible at employed cocentration of the agent. 3. Tachpylaxis to azelastine was not found in this experimental system.
抄録(別表記) 抗原刺激時の,ラット腹腔肥満細胞のCa(2+) uptakeおよびヒスタミン遊離に対する,抗アレルギー薬アゼラスチンの抑制効果について検討を加えた。その結果,1.アゼラスチンは抗原刺激時の肥満細胞のCa(2+) uptakeに対して濃度依存性の抑制効果を示した。2.同様に,抗原刺激時の肥満細胞からのヒスタミン遊離に対しても,濃度依存性の抑制効果を示した。3.アゼラスチンの再暴露による抑制効果の減弱傾向は見られず,アゼラスチンでは tachyphylaxisは観察されなかった。
キーワード Azelastine (アゼラスチン) Rat mast cells (ラット肥満細胞) (45)Ca uptake (Ca(2+)uptake) Histamine release (ヒスタミン遊離)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 89
終了ページ 94
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307786
JaLCDOI 10.18926/15330
タイトル(別表記) The efficacy of maternity swimming to reduce mother's weight
フルテキストURL 063_085_088.pdf
著者 奥田 博之| 高取 明正| 坂田 旬子| 上本 学| 藤井 純子| 土海 智穂| 谷崎 勝朗|
抄録 第1報において妊婦水泳に関する妊婦の認識について報告し (1) ,第2報において妊婦水泳の現状とその適応について報告した (2) 。その後,第3報において妊婦水泳が母児の循環系におぼす影響について報告し (3) ,第4報にて出産後1年間の児の予後調査を行った (4) 。今回は,妊婦水泳による体重減少効果について検討を行った。その結果,妊婦水泳前後で平均460gの体重減少がみられた。また水泳を10回以上行った妊婦において,水泳を行っている期間の体重増加が水泳を行っていない期間の体重増加に比べて有意に少なかった。これより,妊婦水泳には一定の減量効果があり,肥満妊婦の治療にも応用できると考えられた。
抄録(別表記) The efficacy of awimming to reduce mother's weight were studided retrospectively in 107 women. Each time they swum for a hour. They were given a chance of swimming at only one time in a week. Most of them reduced their weight after the swimming. The average of the weight loss was 460 gram after each time of swimming. In women who had a chance of swimming at ten times or more, the mother's weight gain in a week when they had a chance of swimming, was statistically (p<0.01) less than the weight in a week when they didn't swim. Thus, the maternity swimming was thought to have the efficacy to reduce mother's weight. If the maternlty swimming is clinically applied for the treatment of obese pregnant women, their weight will reduce efficiently.
キーワード 妊婦水泳 (Maternity Swimming) 体重減少 (Reduce mother's weight)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 85
終了ページ 88
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307789
JaLCDOI 10.18926/15329
タイトル(別表記) Character, Habit and Taste of woman with coldeness in their bodies
フルテキストURL 063_079_084.pdf
著者 高取 明正| 奥田 博之| 坂田 旬子| 藤井 純子| 谷崎 勝朗|
抄録 冷え性の発現は寒冷刺激に対する血管運動性体温調節と密接に関係しているが,患者の性格・生活習慣・食事の嗜好等にも関わっていると考えられる。そこで今回は冷え性婦人100名を対象にCMl調査と35項目にのぼるアンケート調査を行った。その結果,冷え性の増悪因子として,日頃の運動不足・神経症的性格傾向・過労・食べ物の嗜好がクローズアップされ,この面での生活指導が冷え性の治療を行っていく上で,薬物的な治療と並んで重要であることか示唆された。
抄録(別表記) The character, habit and taste were studied about by means of a questionnaire survey and Cornell Medical Index in 100 women who felt cold in their part of bodies. More than 30% of the women showed the neurotic personality, They had a tendency to dislike the greasy foods, and frequently had sweet foods. More than 50% of them ordinally complained of shoulder stiffness and generalfatigue. The women who played sports weekly were less than 20%. The neurotic porsonality, the tendency to dislike the greasy foods and the lack of exercise were seemed to be the feature of their character, taste, and habit. Thus, improvement of their personality and life style may have a good effect on the coldness in women.
キーワード 冷え性 (Coldness in women) 性格 (Character) 生活習慣 (Habit) 嗜好 (Taste)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 79
終了ページ 84
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307750
JaLCDOI 10.18926/15328
タイトル(別表記) Relationship between bone mineral densities of second metacarpal bone and lumber spine
フルテキストURL 063_099_105.pdf
著者 中井 睦郎| 奥田 博之| 穐山 恒雄| 高取 明正| 谷崎 勝朗|
抄録 QCTおよびDIP法による測定値の相関性について検討し,DIP法による腰椎骨塩量の推定および,スクリーニングへの適用について考察した。QCT値とΣGS/DやMClとの相関関係の検討では.対象のQCT値が低値か高値かによって相関関係がかなり異なることが明らかになった。すなわち,QCT値が低い領域は,QCT値と,ΣGS/DやMCIに明らかな正の相関関係が認められたが,一方, QCT値が高い領域では,相関関係は認められなかった。また,ΣGS/D=2.8mmAI以上,またはMCI=0.48以上の症例においては腰椎圧迫骨折の危険は小さく,ΣGS/D=1.8mmAI以下,またはMCI=0.24以下の症例においては腰椎圧迫骨折の危険が大きい可能性が示唆された。
抄録(別表記) To compare bone mineral density between second metacarpal bone and lumber spine, two measuring methods, digital image processing method (DIP) for second metacarpal bone and quantitative computed tomography (QCT) for lumber spine were employed in this study. The bone mineral density was evaluated in 89 females and the results were compared between the two methods. A correlation between the bone mineral densities by QCT and ΣGS/D was found in subjects showing low mineral density by QCT, but not in those with high mineral density. These results reveal that DIP is useful to observe bone mineral density and if ΣGS/D and MCI are enough high, almost he hasn't risk of fracture of lumber spine.
キーワード 骨粗鬆症 (osteoporosis) 骨塩量 (bone mineral density) QCT (quantitative computed tomography) DIP法 (digital image processing method)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 99
終了ページ 105
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307484
JaLCDOI 10.18926/15327
タイトル(別表記) Inhibitory effect of furosemide on histamine release from human basophils
フルテキストURL 063_095_098.pdf
著者 貴谷 光| 草浦 康浩| 本家 尚子| 谷水 将邦| 光延 文裕| 御舩 尚志| 岡崎 守宏| 谷崎 勝朗|
抄録 furosemideは利尿剤として知られているが,吸入することにより気道収縮に対して抑制的に作用することが近年報告されている。その抑制作用の機序を明らかにする目的で,furosemide添加による末梢血好塩基球からのヒスタミン遊離に対する抑制効果を検討した。健常人4例,アトピー型気管支喘息患者8例を対象として全血法で抗ヒトIgE刺激によるヒスタミン遊離を観察した。なお,furosemideの最終濃度は0,1,10,100μg/mlに調整して添加実験を行った。健常人,気管支喘息いずれにおいても,furosemide添加による末梢血好塩基球からのヒスタミン遊離に対する抑制効果はみられなかった。
抄録(別表記) Inhibitory effect of furosemide on histamine release from basophils induced by anti-IgE was examined in 4 healthy subjects and 8 patients with atopic asthma. The experiments of basophil histamine release were carried out by using whole blood method. The mean values of histamine release after 15 min preincubation with furosemide at various concentrations were not significantly decreased, in both healthy and asthmatic subjects compared to those of histamine release without furosemide. The results obtained here show that furosemide does not inhibit histamine release from basophils by the whole blood method.
キーワード 気管支喘息 (Bronchial asthma) フロセミド (Furosemide) ヒスタミン遊離 (Histamine release)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 95
終了ページ 98
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307119
JaLCDOI 10.18926/15324
タイトル(別表記) 臨床所見および検査成績からのスコアーによる喘息分類の特徴
フルテキストURL 063_063_068.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷水 将邦| 本家 尚子| 草浦 康浩| 高取 明正| 奥田 博之| 木村 郁郎|
抄録 Twenty six patients with bronchial asthma was classified by clinical symptoms and singns (clinical diagnosis), and the classification by clinical diagnosis was compared with the classification by a score calculated from clinical findings and examinations (score diagnosis). 1. Of 12 subjects with type Ia classified by clinical diagnosis, 8 cases with 0 to 49 ml/day of expectoration were evaluated as type Ia by score diagnosis. While four type Ia cases with 50 to 99ml/day of expectoration were calssified as type Ib by score diagnosis. The increased incidence of eosinophils in bronchoalveolar lavage fluid (BALF) of these four cases was similar to the incidence in type Ib cases with hypersecretion. 2. All of 6 subjects with type Ib by clinical diagnosis were estimated as type Ib by score diagnosis. 3. Of 8 cases with type II by clinical diagnosis, 7 cases were assessed as type II by score diagnosis. One case with type II by clinical diagnosis and with the score of 10 points was evaluated as questionable type II by score diagnosis.
抄録(別表記) 気管支喘息36例を対象に,臨床病態による喘息の分類(臨床診断)を試み,この分類と臨床所見および臨床検査より求めたスコアーによる分類(スコアー分類)との比較検討を行った。1.臨床分類でIa.単純性気管支攣縮型と診断された12症例のうち,1日喀痰量0-49mlの8症例は,スコアー分類では同様にIa.型と分類された。一方,1日喀痰量50-99mlの4症例はスコアー分類ではIb.型(気管支攣縮+過分泌型)と分類された。これら4症例のBALF中好酸球増多はIb.型に類似した病態であった。2.臨床診断によりIb.型に分類された6症例はいずれもスコアー診断でもIb.型と分類された。3.臨床診断によりII.型(細気管支閉塞型)と分類された8症例のうち,7症例はスコアー診断でもII.型と分類されたが,1症例はスコアー10でII.型の診断基準に合わず,questionable II.型と診断された。
キーワード asthma classification (喘息分類) bronchoconstriction (気管支攣縮) hypersecretion (過分泌) bronchiolar obstruction (細気管支閉塞) score diagnosis (スコアー診断)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 63
終了ページ 68
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307348
JaLCDOI 10.18926/15322
タイトル(別表記) 高齢者健常人および気管支喘息患者におけるカンジダ特異的IgGおよびIgG(4)抗体について
フルテキストURL 063_058_062.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 古藤 直樹| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 Specific IgG and IgG(4) antibodies against Canadida albicans were exmined in 48 healthy and 69 asthmatic subjects to analyze the mechanism causing an increased production of these immunoglobulins. 1. The level of C.albicans-specific IgG and IgG(4) antibodies was higher, not significantly in IgG(4), in asthmatics under 30 years of age, compared with healthy subjects of the same age group. 2. Specific IgG and IgG(4) antibody levels in both healthy and asthmatic subjects showed a tendency to increase with aging, and significant difference was present between cases under 30 years and cases over 70 years of age. 3. Any difference in the production of specific IgG and IgG(4) was not observed in elderly cases older than 60 years between healthy and asthmatic subjects.
抄録(別表記) 高齢者(61才以上)の健常人48名および気管支喘息患者69例を対象に,カンジダ特異的IgGおよびIgG(4)抗体を測定し,その増加の機序について若干の検討を加えた。なお,対照としては,30才以下の健常者および気管支喘息患者を選んだ。1.カンジダ特異的IgGおよびIgG(4)抗体価は,30才以下では,健常人に比べ気管支喘息症例で高い傾向が見られ,特異的IgG抗体では両者間に有意の差が見られた(p<0.05)。2.カンジダ特異的IgGおよびIgG(4)抗体は,健常人および気管支喘息症例いずれも加齢とともに増加する傾向が見られ,71才では,30才以下の症例に比べ有意に高い抗体価を示した。3.61才以上の高齢者では,特異的IgG,IgG(4)抗体いずれにおいても,健常人と気管支喘息患者との間に有意の差は見られなかった。
キーワード Candida albicans (カンジダ特異的IgG) Specific IgG IgG(4) Bronchial asthma (気管支喘息) Aging (加齢)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 58
終了ページ 62
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307284
JaLCDOI 10.18926/15321
タイトル(別表記) IgE受容体を介する刺激に対する好塩基球の形態的変化の顕微鏡的観察. 抗原と抗IgE刺激の特徴とその相違点
フルテキストURL 063_050_057.pdf
著者 谷崎 勝朗| 中川 三郎| 木村 郁郎|
抄録 Differences in morphological changes of basophils between antigen and anti-IgE stimulation were examined in atopic subjects in relation to histamine release. 1. Antigen- induced release of histamine was remarkably more rapid and larger at any incubation time than the release by anit-IgE, and a significant difference was found at 3 to 9 min. 2. Decrease in number of basophils induced by antigen was significantly higher for 12 to 15 min incubation time than that by anti-IgE. 3. Morphological changes of basophils representing increased motility such as an increased ratio of short to long axis diameter (L/S ratio) and an increased incidence of basophils with localized granules (LG) were more often observed in antigen stimulation compared with anti-IgE, and the L/S ratio of the cells was significantly more increased in antigen stimulation at 6 and 15 min. 4. There was no difference in morphological changes of basophils showimg swollen type (degranulation) such as an increased mean diameter (MD) of the cells between antigen and anti-IgE. These results suggest that antigen activates basophils and induces increased motility more strongly than anti-IgE, but the action on degranulation was not different between the two agents.
抄録(別表記) 抗原および抗IgE刺激時の好塩基球の形態変化の特徴について,ヒスタミン遊離との関連のもとに,顕微鏡下に経時的に観察した。1.抗原刺激時のヒスタミン遊離は,15分間のincubationのいずれの時期においても,抗IgE刺激に比べ有意に多く,incubation時間3分と9分では両者間に有意の差が見られた。2.抗原刺激時の好塩基球数の減少も抗IgE刺激に比べより高度であった。3.運動亢進により洋梨型を示す抗塩基球では,長径/短径比の増大が見られた。この長径/短径比の増大を示す好塩基球は,抗原刺激時に抗IgE刺激に比べより高頻度に見られ,特にincubation6分と15分では両者間に有意の差が見られた。4.膨化型を示す好塩基球ではその平均直径の増大が見られるが,この平均直径の増大については,抗原と抗lgE刺激との間に差は見られなかった。以上の結果より,抗原刺激では,好塩基球のactivate,運動亢進へ の過程が抗IgE刺激時と比べより高度であるが,膨化への過程には両者間に差が見られないことが示唆された。
キーワード Histamine release (ヒスタミン遊離) Morphological changes of basophils (好塩基球の形態的変化) Antigen (抗原) Anti-IgE (抗IgE) IgE receptors (IgE受容体)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 50
終了ページ 57
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307320
JaLCDOI 10.18926/15320
タイトル(別表記) 気管支喘息における気道の反応性および炎症反応におよぼす加齢の影響について
フルテキストURL 064_089_096.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 原田 英雄| 木村 郁郎|
抄録 Ventilatory function, cellular composition in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid and release of chemical mediators from leucocytes were examined in 25 older asthmatics (mean age 66.7 years) and 25 younger asthmatics (mean age 45.1 years) in relation to clinical asthma types. 1. Ventilatory function tests showed that the values of ventilatory parameters such as % MMF, % V(50) and % V(25) were lower in older subjects than in younger subjects, and a significant difference was found in the % V(50) value between the two age groups. Regarding clinical asthma types, the values of % MMF, % V(50), and V(25) were significantly lower in both younger and older subjects with type II. 2. In analysis of cellular composition in BAL fluid, the proportion of BAL lymphocytes was significantly lower in type II older subjects than in younger subjects with the same type. A significantly increased proportion of BAL neutrophils was observed in both younger and older subjects with type II. 3. The release of leukotriene C(4) (LTC(4)) from leucocytes was significantly lower in type II older subjects than in younger subjects with the same type, and LTC(4) release in patients with type II was also significantly lower than that in those with other asthma types in both younger and older subjects. The release of histamine and leukotriene B(4) (LTB(4)) from leucocytes was not significantly different between the two age groups. These results demonstrate that ventilatory function, cellular composition in BAL fluid, and the release of chemical mediators from leucocytes are affected by aging and clinical asthma types.
抄録(別表記) 25例の老年者気管支喘息と25例の若壮年者喘息症例を対象に,換気機能,気道内細胞成分の頻度,白血球からの化学伝達物質遊離などの気道反応と関連した要素について,喘息の臨床病型との関連のもとに検討を加えた。 1. % MMF, % V(50), % V(25)などの換気パラメーターは老年症例において全般的に低く, % V(50)では若壮年症例に比べ有意の低値を示した。臨床病型別では,II型喘息において,両年齢群とも他の病型に比べ% MMF, % V(50)及び% V(25)値は有意に低い傾向が見られた。 2. 気管支肺胞洗浄(BAL)液中のリンパ球頻度は,II型の老年症例において若壮年症例に比べ有意に低い値を示した。BAL液中好中球頻度は,いずれの年齢群においても,他の病型に比べ有意に高い値を示した。 3. 白血球からのLTC(4)遊離は,II型の老年症例において若壮年症例に比べ,また他の臨床病型に比べ有意に低い値を示した。ヒスタミンおよびLTB(4)遊離には両年歯群間に有意の差は見られなかった。これらの結果は,換気機能,気道内細胞成分の頻度,白血球からの化学伝達物質遊離などが,加齢や臨床病態により影響を受けることをある程度示しているものと考えられた。
キーワード Ventilatory function (換気機能) Cellular composition in BAL fluid (気道内細胞成分) chemical mediators (化学伝達物質) aging (加齢) clinical asthma type (臨床病型)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 89
終了ページ 96
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307744
JaLCDOI 10.18926/15319
タイトル(別表記) Effects of vitamin D and exercise on bone mineral density (BMD) measuured by QCT
フルテキストURL 064_071_074.pdf
著者 平松 順一| 瓦家 正志| 横田 聡| 杉本 啓介| 光延 文裕| 御舩 尚志| 梶本 和宏| 貴谷 光| 谷崎 勝朗| 中井 睦郎| 穐山 恒雄|
抄録 40才~84才(平均64.1才)の患者38例における骨塩量を,ある期間(1~15カ月,平均8.2カ月)をおいて2回,定量的QCT(quantitative computed tomography)法を用いて測定し,その経時的変化によって,骨粗鬆症に対する治療法の効果判定を試みた。その結果,(1)全体として骨塩量に有意の増加は認められなかった。(2)骨強化剤使用例についても骨塩量に有意の増加は認められなかった。(3)運動療法施行者においても骨塩量に有意の増加は認められなかった。以上のことから骨粗鬆症の治療においては,約1年弱の経過では著明な反応は得られにくいものと思われた。ただし,一部の運動療法施行者,骨強化剤使用者において,骨塩量の著明な上昇が認められており,さらに経時的な観察が必要と思われた。
抄録(別表記) Bone mineral density (BMD) was measured twice in 38 patients aged 40 to 84 years old for the last one year to evalute the effects of vitamin D and exercise on BMD. 1) In all patients, The BMD did not significantly increase. 2) In patients with vitamin D for osteoprosis, the BMD did not significantly increse compared to those without the drug. 3) In patients with exercise therapy, the BMD did not show any significant increase compared to those without exercise.
キーワード 骨粗鬆症 (Osteoprosis) 定量的QCT法 (QCT) 加齢 (Aging) 運動療法 (Exercise) ビタミンD (Vitamin D)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 71
終了ページ 74
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307358
JaLCDOI 10.18926/15318
タイトル(別表記) 老令者の気管支喘息,各臨床病型における換気機能の特徴
フルテキストURL 063_044_049.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷水 将邦| 本家 尚子| 草浦 康浩| 高取 明正| 奥田 博之| 木村 郁郎|
抄録 Ventilatory function was examined in 20 elderly patients with bronchial asthma in relation to clinical asthma types, and the results were compared with those of younger asthmatics. 1. Ventilatory parameters such as FEV(1.0%), % PEFR, % MMF, % V(50) and % V(25), which repressent obstructive ventilatory dysfunction, were in general lower in older asthmatics than in the youger cases. 2. The values of % V(50) and % V(25), representing ventilatory dysfunction in small airways, were significantly lower in the older subjects with type Ib and II compared to the younger cases with same types. 3. Markedly decreased values in ventilatory parameters, particularly in % MMF, % V(50) and % V(25) were observed in both older and younger subjects with type II. The results suggest that ventilatory function decreases with aging and the decrease is related to the pathophysiological changes in the airways.
抄録(別表記) 60才以上の老年気管支喘息20例(平均年令;66.7才)を対象に,その換気機能について,臨床病態別に59才以下の症例(平均年令;44.9才)との比較検討を行った。1.FFV(1.0%), % PEFR, % MMF, % V50, % V25などの閉塞性換気障害を表すパラメーターは,59才以下の症例に比べ老年症例で全般的に低い傾向が見られた。2.小ないし細気管支領域の換気榛能を反映すると考えられる% V(50)および% V(25)は,Ib型およびII型喘息を示す老年症例において,59才以下の症例に比べ,有意に低い値を示した。3.II型喘息症例では,59才以下および老年症例のいずれにおいても, % MMF, % V(50)および% V(25)は他の臨床病型にくらべ著明に低い値を示した。これらの結果は,気管支喘息における換気機能は,加令とともに低下傾向を示すこと,そしてその低下は臨床病態と関連していることを示しているものと考えられた。
キーワード Ventilatory function (換気機能) small airways (細気管支) clinical asthma types (臨床病型) elderly asthmatics (老年者気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 44
終了ページ 49
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307531
JaLCDOI 10.18926/15317
タイトル(別表記) Diagonosis of pancreatic cyst using post-ERCP CT examination.
フルテキストURL 064_065_070.pdf
著者 越智 浩二| 原田 英雄| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 田中 淳太郎| Riaz Chowdhury| 水島 孝明| 杉本 啓介| 光延 文裕| 谷崎 勝朗| 中井 睦郎| 穐山 恒雄| 蓮岡 英明|
抄録 ERCP直後にCTを撮影するERCP後CTはERCPの際に膵内に注入された造影剤をCTで検出するため,ERCPでは得られない情報が得られる利点がある。われわれはERCP後CTが診断や治療方針の決定に有用であった膵嚢胞の4例を経験した。膵嚢胞では主膵管との連絡,嚢胞の部位,性状診断にERCP後CTは有用な検査法であり,文献的考察を含めて報告した。
抄録(別表記) Post-ERCP CT (computed tomography (CT) examination performed immediately after endoscopic retrograde cholangiopancreatography) detects the contrast medium injected into the pancreatic duct and cystic lesions at the time of ERCP and, therefore, has the advantage of obtaining information which cannot be obtained by ERCP alone. We have experienced four cases of pancreatic cysts in which post-ERCP CT was useful for diagnosis and in deciding on treatment plans. The post-ERCP CT was proved to be a useful method for examining the site and characteristics of the cysts which communicated with the main pancreatic duct.
キーワード ERCP (Endoscopic retrograde cholangiopancreatography) CT (Computed tomography) 膵嚢胞 (pancreatic cyst)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 65
終了ページ 70
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307547
JaLCDOI 10.18926/15316
タイトル(別表記) 老年者の気管支喘息. アレルギー反応と気道細胞反応
フルテキストURL 063_039_043.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷水 将邦| 本家 尚子| 草浦 康浩| 越智 浩二| 原田 英雄| 木村 郁郎|
抄録 Clinical features of bronchial asthma in the elderly were analyzed by observlng IgE-mediated allerglc reactions evaluated by immediate skin reaction and specific IgE antibodies to allergens, ventilatory function and cellular composition in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid. 1. The frequency of positive immediate skin reaction and positive RAST score to allergens was in general low in the elderly patients over age 70. 2. Ventilatory function was widely variegated, and fifteen cases (60%) of the 25 Subjects showed considerably high values of FEV(l.0%), % PEFR, % MMF, % V(50) and % V(25), and the mean value of FEV(1.0%) in these cases was 71.3%. 3. The decreased value of % V(25) was related to BAL neutrophilia in 2 cases, but any correlation was not found between BAL neutrophilia and decreased value of % V(25) in 9 csese of the eleven subjects who had the BAL examination. The results show that in asthma of elderly patients, IgE-mediated allergic reactions are weak, and that a decreased value of % V(25) can be observed without BAL neutrophilia.
抄録(別表記) 70才以上の老年者気管支喘息の特徴について,アレルゲンに対する即時型皮膚反応および特異的IgE抗体,換気機能,気管支肺胞洗浄液(BAL)中の細胞成分などにより検討した。1.アレルゲンに対する即時型皮膚反応および特異的IgE抗体の陽性率は,全般的にかなり低い傾向を示した。2.換気機能にはかなりのばらつきが見られたが,25例中15例(60%)では,,いずれの換気パラメー ターもかなり高い値を示し,これらの症例の平均FEV(1.0%)は71.3%であった。3.BALを施行した11例中,% V(25)値の低下とBAL中好中球増多との間に関連の見られた症例は2例のみで,他の9例では% Ⅴ(25)値の高度な低下にもかかわらず,BAL中の好中球増多は見られなかった。これらの結果より,老年者気管支喘息では,IgEにmediateされるアレルギー反応は全般的に弱いこと,またBAL液中好中球増多なしに% V(25)値の高度な低下が出現してくることが示された。
キーワード elderly subjects (老年者) lgE-mediated allergic reaction (IgE系反応) ventilatory function (換気機能) BAL neutrophilia (BAL好中球) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 39
終了ページ 43
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307727
JaLCDOI 10.18926/15315
タイトル(別表記) Effects of the spring water on the dissolution of aminophylline tablet and theophylline sustained-release preparations
フルテキストURL 064_060_064.pdf
著者 三牧 祐一| 藤井 義博| 古野 勝志| 五味田 裕| 荒木 泰典| 谷崎 勝朗|
抄録 薬物のbioavailabilityに影響する因子の一つとして,製剤からの薬物の溶出速度が考えられる。今回,温泉水による薬物溶出への影響を知る目的で,気管支喘息治療薬のアミノフィリン製剤およびテオフィリン徐放製剤の溶出挙動について検討した。溶出試験は第12改正日本薬局方に従い,第1法(回転バスケット法)および第2法(パドル法)で行い,試験液を蒸留水および三朝温泉水として両者の溶出挙動を比較した。アミノフィリン製剤では,10分後まで 温泉水の方が有意に高い溶出率を示した。また,テオフィリン徐放製剤においても温泉水が8時間後まで蒸留水に比べて有意に高い溶出率を示した。以上の結果より,アミノフィリン製剤およびテオフィリン徐放製剤は温泉水により薬物の溶出が促進されることか示唆された。
抄録(別表記) The dissolutions of aminophylline tablet and theophylline sustained-release preparattions in Misasa spring water were examined using the rotating basket and paddle methods. The dissolution rate of aminophylline tablet with the spring water was higher than that with distilled water from starting to 10 min after the test. In theophylline sustained-release preparations, the spring water showed a facilitation on the dissolution rate in comparison to the distilled water for 8 hours after the test. These results indicate that the spring water enhanced the releasing rates of aminophylline tablet and theophylline sustained-release preparations.
キーワード 溶出試験 (Dissolutionte test) 温泉水 (Spring water) 気管支喘息治療薬 (Bronchial asthma therapeutic drug)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 60
終了ページ 64.
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307434
JaLCDOI 10.18926/15314
タイトル(別表記) 気管支肺胞洗浄液中に一過性の好中球増多をきたしたアトピー型喘息
フルテキストURL 064_052_059.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 瓦屋 正志| 中桐 善康| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 Clinical course of one asthma patient (64 years old, female), who had an increased proportion of neutrophils in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid, was observed in relation to the proportion of BAL cells and ventilatory function. The patient had large asthma attacks two times during her clinical course for 15 months observed. 1. An increased proportion of BAL neutrophils and suppression of ventilatory function were found after her first large asthma attacks. The increased proportion of BAL neutrophils continued for more than 5 months. A reduction in the proportion of BAL neutrophils was found 3 months after her second large asthma attack, accompanied by improvement of clinical symptoms and ventilatory function. The numbers of total cells and neutrophils in BAL fluid were also reduced. Transient increase in number of BAL lymphocytes was found 13 months after the first large attack when the number of BAL neutrophils was markedly decreased. The number of BAL eosinophils did not change during her clinical course.
抄録(別表記) 経過中に気管支肺胞洗浄(BAL)液中に一過性の好中球増多が観察されたアトピー型喘息症例について,若干の臨床的観察を加えた。症例は,64才の女性で,臨床症状,および血清IgE高値,ハウスダストに対するIgE抗体陽性などから,アトピー型喘息と診断された。なお,経過観察し得た15ヵ月の間に2回の大発作が観察された。1.第1回の大発作後,BAL液中好中球増多と換気機能の低下が観察された。そして,このBAL液中好中球頻度は明らかな改善が見られた。BAL液中の総細胞数および好中球の絶対数も徐々に減少傾向を示し,好中球頻度と同様,第2回目の大発作3ヵ月後には著明な減少が観察された。同時にこの時期には,BAL液中リンパ球の増加も見られた。しかし,BAL液中好酸球数は15ヵ月の経過観察中ほとんど変化は見られなかった。
キーワード Bronchial asthma (気管支喘息) transient BAL neutrophilia(一過性BAL液中好中球増多) ventilatory function (換気機能)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 52
終了ページ 59
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307805
JaLCDOI 10.18926/15313
フルテキストURL 063_034_038.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷水 将邦| 本家 尚子| 草浦 康浩| 木村 郁郎|
抄録 The serum levels of total IgE, IgG and IgG(4) were compared among five age groups of patients with bronchial asthma. 1. The level of serum IgE was significantly higher in the patients before the age of 29 than in those between the ages of 30 and 49 (p < 0.02), between 50 and 59 (p < 0.01) and between 60 and 69 (p < 0.01). The serum IgE level tended to increase in the patients over age 70. 2. The serum level of total IgG was significantly higher in the patients over age 70 compared with the level in the 30-49 (p < 0.05) and the 60-69 year old groups (p < 0.05). 3. The serum IgG(4) level was increased with aging, although no significant difference was found among the five age groups. 4. The IgG(4) level correlated to a certain extent with the level of serum IgE. The results reveal that the levels of total IgE, IgG and IgG(4) are increased in the elderly patients over age 70, and that there is a relationship between serum levels of total IgE and IgG(4).
キーワード Total IgE IgG IgG(4) aging bronchial asthma
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 34
終了ページ 38
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307767
JaLCDOI 10.18926/15312
タイトル(別表記) 老年者気管支喘息における気道炎症細胞.喘息重症度と関連した気道細胞反応の特徴
フルテキストURL 064_083_088.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 中桐 善康| 原田 英雄| 木村 郁郎|
抄録 Cellular composition of bronchoalveolar lavage (BAL) fluid was examined in 11 elderly asthmatics over the age of 70, and the results were compared with those of 11 younger asthmatics under the age of 50. In the subjects with mild asthma, the proportion of BAL cells in the elderly subjects was 86.2% macrophages, 11.0% lymphocytes, 1.9% neutrophils, 0.9% eosinophils and 0.08% basophilic cells. The proportion of neutrophils and eosinophils in the BAL fluid was slightly higher in younger subjects with mild asthma compared with that in elderly subjects, although no significant difference was found between the two groups. In subjects with severe asthma, the proportions of lymphocytes, neutrophils, eosinophils and basophilic cells were more increased in both younger and older patients compared to those with mild asthma, and a significant increase in the number of BAL eosinophils was found in younger subjects with severe asthma compared to those with mild asthma (p < 0.05). However, no significant difference was present in the proportion of BAL cells between younger and older patients with severe asthma. The results reveal that BAL cells are more increased in subjects with suvere asthma than in those with mild asthma in both younger and older subjects, and show the possibility that this increase is more predominant in neutrophils in older subjects and in eosinophils in younger subjects.
抄録(別表記) 70才以上の老年者気管支喘息11例(平均年齢71.4才)を対象に,重症度と気道細胞反応との関連について検討を加えた。なお,対照として50才以下の喘息症例11例(平均年齢33.5才)を選んだ。1.老年者の軽症型喘息における気管支肺胞洗浄(BAL)液中の出現細胞の頻度は,マクロファージが86.2%,リンパ球が11.0%,好中球が1.9%,好酸球が0.9%,好塩基性細胞が0.08%であった。BAL液中の好中球,好酸球の頻度は若青年症例でやや高い傾向が見られたが,両群間に有意の差は見られなかった。重症例では,老年症例,若青年症例とも,軽症例に比べリンパ球,好中球,好酸球などのBAL細胞の出現頻度が増加しており,特に好酸球では若青年症例の重症例で軽症例に比べ有意に高い頻度が観察された。これらの結果は, リンパ球,好中球,好酸球などのBAL細胞は,軽症例に比べ重症例で増加してくること,そして,その増加は老年症例では好中球,若青年症例では好酸球の増加が特徴的であることを示唆しているものと考えられた。
キーワード Neutrophils (好中球) Eosinophils (好酸球) Bronchoalveolar lavage (気管支肺胞洗浄) asthma severity (喘息重症度)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 83
終了ページ 88
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307736
JaLCDOI 10.18926/15311
タイトル(別表記) 抗原および Ca ionophore A23187 刺激時におけるアトピー型気管支喘息末梢血好塩基球の運動能
フルテキストURL 064_043_051.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 越智 浩二| 原田 英雄| 中川 二郎| 宗田 良| 高橋 清| 木村 郁郎|
抄録 We examined histamine release and morphological changes in basophilic granulocytes from atopic subjects, in response to stimulation with antigen and Ca ionophore A23187. 1. Histamine release and a reduction in the rumber of basophils were more rapid and greater in extent at an early stage of antigen stimulation compared with Ca ionophore A23187 stimulation. 2. Morphological changes in basophils, represented by increased motility, in terms of an increased ratio of short to long axis diameter (L/S ratio), as well as the increased frequency of basophils with localized granules and those with pseudopods, were more often observed antigen stimulation than with Ca ionophore A23187 stimulation. In contrast, morphogical changes in which basophils appeared swollen, showing an increased mean cell diameter and an increased frequency of cells with 5 vacuoles or more were more predominant with Ca ionophore A23187 than with antigen stimulation. The results obtained here show that bridging of IgE receptors is essential to activate basophils and induce increased motility in these cells.
抄録(別表記) アトピー型気管支喘息末梢血好塩基球を用い,抗原および Ca ionophore A23187 刺激時のヒスタミン遊離およびその形態的変化について比較検討した。1.抗原刺激時には, Ca ionophore A23187 刺激時に比べ,好塩基球からのヒスタミン遊離および好塩基球数の減少の程度は,より急激でかつ高度であった。2.好塩基球の形態的変化,すなわち,長経/短経比の増大,限局性顆粒あるいは偽足を有する好塩基球の出現頻度の増加などの運動能の亢進を示唆する好塩基球の形態的変化は, Ca ionophore A23187 に比べ抗原刺激時により高度であった。一方,平均直径の増大,5個以上の空砲を有する好塩基球の出現頻度の増加などの,むしろ膨化傾向を示唆する好塩基球の形態的変化は,抗原刺激時に比べ, Co ionophore A23187 刺激時により高度であった。これらの結果より,抗原刺激によるIgE受容体のbridgingが,好塩基球を活性化し,運動能の亢進をひき起こすものと判断された。
キーワード histamine release (ヒスタミン遊離) increased basophil motility (好塩基球の運動能の亢進) bridging of IgE receptors (LgE 受容体) antigen (抗原) Ca ionophore A23187
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 43
終了ページ 51
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307677
JaLCDOI 10.18926/15310
タイトル(別表記) 気管支喘息の臨床分類とその細胞性および液性因子の特徴
フルテキストURL 064_036_042.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 瓦屋 正志| 中桐 善康| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 Characteristics of each asthma type classified by clinical symptoms and findings were studied in 72 patients with bronchial asthma. 1. Ventilatory function tests showed that the values of % MMF, % V(50) and % V(25) were significantly lower in patients with bronchiolar obstruction (type II) compared to the values of those with simple bronchoconstriction type (type Ia) and those with bronchoconstriction + hypersecretion (type Ib). 2. The proportion of neutrophils in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid was significantly higher in type II than in type Ia and type Ib. Several patients with type Ib showed higher proportion of BAL eosinophils. 3. The release of LTC(4) from leucocytes was significantly lower in type II compared with type Ia and type Ib. There was no significant difference in the release of histamine and LTB(4) among the three asthma types.
抄録(別表記) 気管支喘息72例を対象に,その臨床病態の特徴を,気道炎症性の細胞および化学伝達物質の観察により検討した。1.気道反応の特徴を換気機能の面から検討すると,II細気管支閉塞型において,MMF,V(50)やV(25)などの小ないし細気管支領域の換気障害を示すパラメーターの値は,Ia型,Ib型に比べ 有意の低下を示した。2.気道細胞反応では,II型において,他の臨床病型に比べ,BAL液中好中球の出現頻度の有意の増加が観察された(Ia, p<0.001 ; Ib, p<0.01)。好酸球の出現頻度は,Ib過分泌型において著しい増加傾向を示す症例が見られたが,その平均出現頻度には3病型間に有意の差は見られなかった。3.好中球からのメジェー夕ー遊離では,ヒスタミン遊離は,Ia単純性気管支撃縮型において最も高い値が示されたが,推計学的には3病型間に有意の差は見られなかった。ロイコトリエンC(4)では,Ia型においてII型に比べ有意に高い遊離が観察された(p<0.05)。ロイコトリエンB(4)遊離には,3病型間に差は見られなかった。
キーワード Bronchial asthma Asthma classification BAL fluid chemical mediators
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 36
終了ページ 42
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307662
JaLCDOI 10.18926/15309
タイトル(別表記) Correlations between bone mineral density measured by QCT and risk factors of Osteoporosis
フルテキストURL 063_030_033.pdf
著者 本家 尚子| 草浦 康浩| 谷水 将邦| 光延 文裕| 御舩 尚志| 岡崎 守宏| 貴谷 光| 谷崎 勝朗| 高取 明正| 奥田 博之| 中井 睦郎| 穐山 恒雄|
抄録 27~85才の女性143例における骨塩量を,定量的QCT法 (quantitative computed tomography)を用いて測定し,年令,身長,体重及び原疾患(慢性関節リウマチ),使用薬剤(ステロイド・骨強化剤)の因子の骨塩量に及ぼす影響について検討した。その結果,1)加令とともに骨塩量は低下するが,特に40才代後半から60才代にかけての低下が顕著であり,また, 他因子の影響を受けやすい。2)体型的因子としては.痩せ型で低身長の人に低値の傾向がある。3)ステロイド使用の有無における検討において,特に50才代で使用群が著明に低値であることが明らかとなった。また,薬剤の因子の考察に関しては,さらに経時的検討か必要であると思われた。
抄録(別表記) Bone mineral density (BMD) was measured in 143 females aged 27 to 85 years old to investigate the correlations between BMD and several factors such as age, height, presence of rheumatoid arthritis and corticosteroid or bone intensifying drug therapy. 1) BMD values decreased with aglng and the most remarkable decrease was observed at the age of latter half of 40's to 60's. 2) Women with slim and low stature tended to have low BMD values. 3) BMD values of women with steroid therapy were significantry lower than those without corticosteroid at the age of 50's (p<0.01). However, further study is necessary to confirm the effect of drugs on BMD.
キーワード 骨粗鬆症 (Osteoporosis) 定量的コンピューター断層法 (QCT (quantitative computed tomograpy))
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 30
終了ページ 33
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307603