JaLCDOI 10.18926/15325
タイトル(別表記) 気管支喘息患者における細胞性免疫,ガンジダ抗原に対する遅延型反応の抑制
フルテキストURL 063_069_073.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 岡崎 守宏| 御舩 尚志| 光延 文裕| 原田 英雄| 越智 浩二| 木村 郁郎|
抄録 Delayed cutaneous hypersensitivity towards Candida albicans was examined in 200 patients with bronchial asthma in relation to patient age and the level of total IgE. 1. Delayed skin reactivity towards C.albicans was depressed in the patients between the ages of 10 and 20 and in those over the age of 61. A significant difference was present in delayed skin reactivity between the groups of 10-20 and 41-50 years old. 2. The frequency of the patients with positive delayed skin reactivity towards C.albicans was the highest in those with low levels of total IgE (0 -100 IU/ml) and the low est in those with high levels of total IgE (over than 1001 IU/ml). The results suggest that cell-mediated immunity towards C.albicans is depressed re lating to atopics in the patients between 10 and 20 and to aging in the patients over 61.
抄録(別表記) 気管支喘息200例を対象にカンジダに対する即時型および遅延型皮膚反応を観察し,これらの皮膚反応と年令,血清IgE値との関連について検討を加えた。1. カンジダに対する遅延型皮膚反応は,10~20才の年齢層および61才以上の年齢層の症例において,その陽性率の低下が観察された。そして,10~20才の年齢層と41~50才の年齢層の症例では,両者間で陽性率の有意の差が見られた(p<0.001)。2. カンジダに対する遅延型皮膚反応の陽性率は,血清IgE値が低い(0~100 IU/ml)症例において最も高く,一方血清IgE値が高い(1001IU/ml以上)症例において最も低いという傾向が見られた。これらの結果は,カンジダに対する細胞性免疫は,10~20才の年齢層ではアトピーと,また61才以上の年齢層では加齢と関連して抑制されることを示唆するものと考えられる。
キーワード cell-mediated immunity (細胞性免疫) bronchial asthma (気管支喘息) atopics (アトピー) aging (加齢) カンジダ
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 69
終了ページ 73
ISSN 0913-3771
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307949
JaLCDOI 10.18926/15326
タイトル(別表記) Clinical evaluation of an endoscopic image filing system, Olympus SDF-3
フルテキストURL 063_074_078.pdf
著者 越智 浩二| 三宅 啓文| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 田中 淳太郎| 原田 英雄| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 光ディスクとパーソナルコンピュータを組み合わせた内視鏡画像ファイリングシステムは電子内視鏡の画像の保存・管理,検索・再生などに威力を発揮する。今回,われわれはオリンパス社製内視鏡ファイリングシステムSDF-3を使用する機会を得たので,その有用性や問題点の検討を行った。有用性としては,①内視鏡画像を検査終了後直ちに再生し,再検討できる,②多数の項目についての検索や統計処理が可能である,③限られたスペース内で大量の画像データの一括保存・管理が可能であるなどが挙げられる。一方,問題点としては,①内視鏡再生画像は画質が劣化する,②検索機能を十分に活用するにはかなり煩雑な人力操作を必要とする,③光ディスクの清掃が必要であるなどがあげられる。本内視鏡ファイリングシステムに今後必要な改良点やその展望についても合わせて考案を加えた。
抄録(別表記) Olympus SDF-3, an endoscopic image filing system using an electronic endoscope in conjunction with a personal computer and an optical disk, has been recently developed. We evaluated the usefulness of this filing system with 449 cases of gastroduodenal endoscopy. As a result, we have found that this filing system has following advantages : (1) one can review endoscopic images immediately after endoscopic examinations ; (2) previously documented endoscopic image can be searched and reviewed in a short time ; (3) statistical analysis of documented cases is facilitated. However, it has some disadvantages as well to be improved : (1) quality of endoscopic images is deteriorated in the process of filing ; (2) putting patients' data into the filing system is time-consuming ; (3) frequent cleaning of an optic disk is required. This endoscopic image filing system needs to be further developed and refined.
キーワード 画像ファイリングシステム (image filing system) 電子内視鏡 (electronic endoscope)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1992-06
63巻
開始ページ 74
終了ページ 78
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307278
JaLCDOI 10.18926/11696
タイトル(別表記) Thermological study on the coldness in women
フルテキストURL 061_046_054.pdf
著者 高取 明正| 奥田 博之| 関場 香| 谷崎 勝朗|
抄録 サーモグラフィを用いた冷え症の診断基準を作ることを目的として,冷え症患者(30名)の体表面温度分布を体表面を11カ所に分けて中間温環境下でサーモトレーサ6T66を1用いて測定し,対称群(11名)と比較した。同時にCMI調査と,患者の日常生活に関するアンケート調査を実施した。その結果1.冷え症群では四肢末端部,ことに手掌・足背・足底において最低温度が低く,局所の最高・最低温度間の温度較差が大きい傾向を示した。軀幹部では最高温度,最低温度,温度較差すべて両群間に大きな差はみられなかった。2.冷え症群の手掌,足背,足底の温度分布パターンは末端部ほど温度が低いという特徴的なパターンを多く示した。3.CMI調査では,冷え症群の中等症と軽症例の一部に強い神経症的傾向を認めたが,重症例では神経症的傾向は軽度であった。4.アンケート調査では脂っこいものよりあっさりしたものを好きであるとか,顔にのぼせを感じることがある,甘いものが好きであるという例が冷え症群に多かった。以上の結果からサーモグラフィを用いて中間温環境下で四肢末端の温度鈴布を測定することにより,冷え症を客観的に診断する可能性を得た。
抄録(別表記) Whole body surface temparature was measured in 41 women with a thermtracer 6T66. Except palm, sole and instep, there were no differences in surface temperature of other parts of the body among these cases. Surface temperature of palm, sole and instep were lower than other parts of the body and showed 4 characteristic distribution patterns on thermography. Thermography at palm, sole and instep is useful for the objective approach of the patients who complain of coldness in some part of their bodies.
キーワード 婦人の冷え症 (Coidness in women) サーモグラフィ (Thermography)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1990-09
61巻
開始ページ 46
終了ページ 54
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313877
JaLCDOI 10.18926/19793
タイトル(別表記) Maternity swimmlng at Misasa Hospital of Okayama University Medical School. Second report. The indication and its practice.
フルテキストURL 060_035_038.pdf
著者 奥田 博之| 近藤 裕司| 坂田 旬子| 吉田 佐知江| 谷崎 勝朗|
抄録 第一報において,当科外来通院妊婦を対象とした妊婦水泳に関するアンケート調査の結果を報告1)したが,その結果にもとづき,1988年2月より妊婦水泳を開始し,11カ月を経過した。この間,初産婦および前回難産経験をもつ経産婦を主たる対象として,積極的に水泳を奨めた結果,18例の妊婦水泳を経験することができた。その結果,流早産例は1例もなく,児の予後も良好であり,妊婦管理の一環としての妊婦水泳の安全性と有用性が確認できたので,当科における妊婦水泳の現状とその適応につき報告する。
抄録(別表記) From February to December, 1988, 18 cases of maternity swimming were deliverd at Misasa hospital of Okayama university medical school. Then we discussed the indication, safety and effectiveness of maternity swimmmg. (Results) (1) Fifteen cases (83.3%) were primiparas and 5 cases (27.8%) were 30 years old or more. (2) As for the weeks of pregnancy at the beginning of swimming, the earliest one was at 18 weeks and the latest one was at 37 weeks. (3) The times of swimming during pregnancy were variou in each case, and the maxirnum one was 20 times and the minimum one was 2 times. (4) There was no abortion and premature delivery. (5) There was no low birth weight infant and no asphxia of the newborn. (Conclusion) The inducement of maternity swimming is safe and effective to the management of pregnancy, especially to the cases of primipara, old aged or having minor disturbance.
キーワード 妊婦水泳 (Maternity swimming)
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1989-07
60巻
開始ページ 35
終了ページ 38
ISSN 09133771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002309143