このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11579
Eprint ID
11579
フルテキストURL
タイトル(別表記)
気管支喘息患者末梢血好塩基球の抗ヒトIgEおよびカルシウムイオノフォァA23187に対する反応性について
著者
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
周藤 眞康 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
貴谷 光 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
河内 和久 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
奥田 博之 岡山大学医学部附属病院三朝分院産科婦人科
駒越 春樹 岡山大学医学部附属病院第二内科
多田 慎也 岡山大学医学部附属病院第二内科
高橋 清 岡山大学医学部附属病院第二内科
木村 郁郎 岡山大学医学部附属病院第二内科
抄録
The release of histamine from basophils induced by anti-lgE and calcium ionophore A 23187 ( Cal) was examined in 27 patients with bronchial asthma and 7 healthy subjects, using a whole blood method. (1)The release of histamine induced by anti-IgE and CaI was significantly higher in atopic asthmatics than in non-atopic cases. (2) The histamine release with anti-lgE and CaI was significantly lower in cases with long-term steroid therapy compared to the release in cases without steroid therapy. (3) The release with anti-lgE and CaI was increased in cases with age of 0-39 years and in cases wpth age at onset of 0-39 years. (4) Anti-IgE induced release correlated to a certain extent with the release induced by CaI. These results show that basophil reactivity as expressed by histamine release changes under different conditions.
抄録(別表記)
気管支喘息27例および健康人7名を対象に,抗ヒトIgEおよびカルシウムイオノフォァA23187(CaI)刺激時の末梢血好塩基球からのヒスタミン遊離について検討を加えた。(1)抗ヒトIgEおよびCaI刺激時の好塩基球からのヒスタミン遊離は,非アトピー型喘息に比べ,アトピー型喘息において有意に高い値を示した。(2)これらの刺激物質によるヒスタミン遊離は,非使用例に比べ,ステロイド依存性喘息において低い傾向がみられた。また,年齢では39才以下,発症年齢では39才以下でヒズタミン遊離がより高い傾向がみられた。(3)血清IgE値の高い症例の好塩基球は,低い症例に比べより多くのヒスタミンを遊離する傾向がみられた。(4)全般的には,抗ヒトIgE刺激によるヒスタミン遊離とCaI刺激時の遊離との間にはある程度の相関がみられた。以上の結果より,好塩基球の反応性はいろいろの条件下でかなり異なることが示唆された。
キーワード
Histamine release (ヒスタミン遊離)
Basophils (好塩基球)
Anti-lgE (抗ヒトIgE)
Calcium ionophore A 23187 (カルシウムイオノフォァA23187)
Bronchial asthma (気管支喘息)
発行日
1990-09
出版物タイトル
環境病態研報告
出版物タイトル(別表記)
Papers of the Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
61巻
出版者
岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Institute for Environmental Medicine, Okayama University Medical Scool
開始ページ
16
終了ページ
22
ISSN
0913-3771
NCID
AN10084718
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc