このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11918
Eprint ID
11918
フルテキストURL
タイトル(別表記)
リウマチ因子陽性ヒト血清中の免疫グロブリンGクラスリウマチ因子と免疫複合体ならびにCRPとの相関性
著者
唐下 博子 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
一村 光子 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
﨑山 順子 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
森 秀治 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
中田 安成 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
遠藤 浩 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
抄録
We measured the concentration of three immunoglobulin classes of rheumatoid factors (Ig-RFs), C3d binding IgG immune complex (C3d-IC), C1q binding IgG immune complex (C1q-IC) and C-reactive protein (CRP) in 74 samples of human sera with high levels of RF (24.0~2350.0IU/ml). In sera with high levels of C3d-IC (>15.0μg/ml), there was a positive correlation between the levels of CRP and the IgG-RF, but there was no correlation between the levels of CRP and the immune complexes (C3d-IC and C1q-IC). And then, there was a positive correlation between the levels of CRP and IgG-RF or C3d-IC and IgG-RF when the levels of C1q-IC in patients sera were higher than 80.0μg/ml. However, there was no correlation between the levels of CRP and C1q-IC in these patients sera containing high levels of both C3d-IC and C1q-IC. These results indicated that the determination of C3d-IC, C1q-IC, IgG-RF and CRP in human sera containing RF denote different implications as inflammatory indexes on progression of rheumatoid arthritis and other autoimmune diseases.
抄録(別表記)
一般に慢性関節リウマチの診断ならびに活動性の一指標として、日常臨床検査では患者血清中のリウマチ因子の測定が実施されている。本論文ではRF検査依頼が有り、高RF値(24.0~2350.0IU/ml)を示した患者血清74検体について、免疫グロブリンクラス別RF値を測定するとともに自己IgGと補体との免疫複合体(IC)であるC1q-IgG・IC(C1q-IC)、C3d-IgG・IC(C3d-IC)ならびにCRP値を測定し、それらの測定値間の相関性について統計学的検討を行った。C3d-IC値が15.0μg/ml以上の高値を示す患者血清では、CRP値とIgGクラスのRF(IgG-RF)値間については正の相関結果がが得られた。また、C1q-IC値が80.0μg/ml以上の場合にもCRP値とIgG-RF値間およびC3d-IC値とIgG-RF値間では正の相関結果が得られた。しかし、C3d-ICならびにC1q-ICともに高値例の患者血清中のCRP値とC1q-IC値間には有意な相関は観察されなかった。以上の結果より、慢性関節リウマチの活動度を判定する上で、従来から炎症マーカーとしてCRP値が利用されているが、血清中に免疫複合体が高レベルに検出される患者については、炎症の指標としてCRP以外にもC1q-ICやC3d-ICおよびIgG-RF等を加えた総合的な判断が必要であることが示唆される。
キーワード
self-associating IgG rheumatoid factor (自己IgG結合性リウマチ因子)
C1q binding IgG immune complex (C1q結合IgG免疫複合体)
C3d binding IgG immune complex (C3d結合IgG免疫複合体)
C-reactive protein (C反応性タンパク質(CRP))
発行日
1995-01-31
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of School of Health Sciences Okayama University
5巻
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
71
終了ページ
77
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Sort Key
10
Eprints Journal Name
fhs