このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11921
Eprint ID
11921
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Comparative studies of proliferating cell nuclear antigen and bromodeoxyuridine staining pattern in rat regenerating liver cells
著者
﨑山 順子 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
森 秀治 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
一村 光子 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
唐下 博子 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
岡本 基 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
遠藤 浩 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
抄録
種々の条件下(10%緩衝ホルマリン・6時間、1%パラホルムアルデヒド・6時間、100%メタノール・4時間、70%エタノール・6時間、100%アセトン・2時間、カルノア液・4時間)で固定したラット再生肝組織に免疫組織染色を施し、Proliferating cell nuclear antigen (PCNA)の核内染色パターンについての検討を行った。その結果、100%メタノール及び70%エタノールで固定した場合には、明瞭な顆粒状の染色像が得られた。10%緩衝ホルマリン及び1%パラホルムアルデヒドの場合には、明瞭な顆粒状並びに弱いびまん性の染色像が得られた。S期に対する代表的なマーカーとして知られるBromodeoxyuridine (BrdU)の染色像との比較のもと、再生肝組織中のPCNA陽性細胞の数とBrdU陽性細胞の数を再生ピーク時の術後1日目で検討したところ、100%メタノール及び70%エタノールで固定した際の陽性細胞数が、最もBrdUの所見と一致した。しかし、10%緩衝ホルマリン、1%パラホルムアルデヒド、100%アセトン、カルノア液で固定した場合には、BrdUの所見と著しい解離が見られた。これらの知見は、PCNAを指標に細胞増殖を評価する上で、100%メタノール、70%エタノールでの固定が有用であることを示唆する。
抄録(別表記)
Immunohistochemical staining pattern of proliferating cell nuclear antigen (PCNA) was examined in rat regenarating liver specimens fixed under the various conditions (10% buffered formalin for 6 hr, 1% paraformaldehyde for 6 hr, 100% methanol for 4 hr, 70% ethanol for 6 hr, 100% acetone for 2 hr and Carnoy solution for 4 hr). Most distinct granular staining pattern of PCNA was observed in fixation with 100% methanol or 70% ethanol. Specimens fixed with 10% buffered formalin or 1% paraformaldehyde showed both distinct granular and slight diffuse pattern of PCNA staining. Specimens fixed with 100% acetone showed only slight diffuse staining. Specimens fixed with Carnoy solution showed little staining. Number of PCNA positive cells in the specimens fixed with 100% methanol or 70% ethanol on 24 hours after hepatectomy coincided closely with those of BrdU positive cells, which is known to be a representative marker of cell proliferation. In contrast, dissociative result was obtained in specimens fixed with 10% buffered formalin, 1% paraformaldehyde, 100% acetone or Carnoy solution when numbers of PCNA positive cells were compared with those of BrdU. These findings suggest that tissue specimens fixed with 100% methanol or 70% ethanol is useful for evaluating the extent of cell proliferation.
キーワード
PCNA
BrdU
免疫組織染色 (immunohistochemical staining)
再生肝 (regenerating liver)
発行日
1995-01-31
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of School of Health Sciences Okayama University
5巻
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
79
終了ページ
85
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
fhs