このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11284
Eprint ID
11284
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Character Expression and Inheritance of a "Short Upper Leaves" Mutant in Barley
著者
金谷 良一 岡山大学
呉 基日 岡山大学
武田 和義 岡山大学
抄録
A mutant which devolops an extremely shortened flag leaf and shorter upper leaves was obtained from the progeny of 90 KR of gamma-ray irradiated Fuji Nijo, a malting barley variety. This mutant was controlled by a single partial dominant gene named Sul (short upper leaves). The character expression and the inheritance of the gene were investigated in this study. Sul shortened the flag leaf and upper several leaves and uppermost internode length, while it did not affect the length of spike, lower leaves and the second or lower internodes. A reciprocal translocation of the chromosomes was observed in this mutant line, and the Sull gene was linked with the V (two-rowed) gene on chromosome 2, and also linked with the breaking point of the reciprocal translocation. Small leaf area caused by the Sull gene might reduce the mutual shading and the transpiration of the leaf canopy at the later growth stages.
抄録(別表記)
二条オオムギ品種ふじ二条にガンマー線を3代にわたって合計90KR累代照射した後代から上位の数葉が短縮し、特に止葉は痕跡的に短くなる変異体を見出し、その形質表現と遺伝性を解析した。1)この変異体では基部の数枚の葉身の長さは原品種と変わらず、上位の数葉、特に止葉が強く短縮する。穂長および小穂段数は原品種と変わらない。2)この変異体は不完全優性の主働遺伝子Sul(short upper leaves上位葉短縮型)に支配される。3)Sul遺伝子は第2染色体に座乗するν/V(条性)遺伝子と連鎖し、また相互転座点と密接に連鎖している。4)この変異体は登熟期における葉面積が小さいので相互遮蔽が少なく、また収穫指数が高まって多肥密植栽培で多収となる可能性があり、また、蒸散量が少なく、半乾燥条件に適応することが期待される。
キーワード
Barley
Plant type
Linkage analysis
Developmental pattern
発行日
1994
出版物タイトル
岡山大学資源生物科学研究所報告
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of the Research Institute for Bioresources, Okayama University
2巻
1号
出版者
岡山大学資源生物科学研究所
出版者(別表記)
Research Institute for Bioresources, Okayama University
開始ページ
69
終了ページ
78
ISSN
0916-930X
NCID
AN10381600
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し