著者 鍛治園 誠| 前田 恵| 藤原 聡子| 松永 尚| 千堂 年昭|
発行日 2011-08-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
123巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 蔵田 靖子| 藤原 聡子| 鍛治園 誠| 青柳 恵| 北村 佳久| 千堂 年昭|
発行日 2013-08-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
125巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
Sort Key 11
タイトル(別表記) Treatment for a non-compliant patient with cancer and epilepsy
フルテキストURL 126_133.pdf
著者 南 大輔| 市原 英基| 岡部 伸幸| 横道 直佑| 高下 典子| 鍛治園 誠| 秋元 悠| 堀 圭介| 松原 稔| 那須 淳一郎| 谷本 光音| 木浦 勝行| 松岡 順治|
抄録  A 58-year-old man with cervical esophageal cancer and a history of epilepsy was treated with chemoradiotherapy from May of 2013. When tube feeding was initiated due to aspiration pneumonitis, the patient showed a degree of irritability that affected routine staff work and treatment compliance. We attempted to perform supportive care for maladjustment by the notice, the fast, and the tube feeding, but there was no improvement. After we added carbamazepine, primidone, and propericiazine (which had been canceled at the initiation of the tube feeding) to the patient's intravenous phenytoin, the symptoms and treatment compliance improved significantly. We concluded that the causes of the patient's irritability were maladjustment and his epilepsy.
キーワード てんかん(epilepsy) 易怒性(irritability) 適応障害(maladjustment)
備考 症例報告 (Case Reports)
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
発行日 2014-08-01
126巻
2号
出版者 岡山医学会
出版者(別表記) Okayama Medical Association
開始ページ 133
終了ページ 135
ISSN 0030-1558
NCID AN00032489
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 Japanese
著作権者 Copyright (c) 2014 岡山医学会
論文のバージョン publisher
査読 有り
DOI 10.4044/joma.126.133
NAID 130004685264
Eprints Journal Name joma
参考文献 1) てんかん―その精神症状と行動, てんかんの精神症状と行動研究編, 新興医学出版社, 東京(2004). 2) 保坂 隆 : 悪性腫瘍と軽症うつ病. 成人と生活習慣(2002)32, 1469-1472. 3) Blumer D : Antidepressant and double antidepressant treatment for the affective disorder of epilepsy. J Clin Psychiatry (1997) 58, 3-11. 4) 第15章てんかんの精神状況 : てんかん治療ガイドライン2010, てんかんガイドライン作成委員会編, 医学書院, 東京(2010)pp131-132. 5) 三原忠紘, 日本てんかん学会ガイドライン作成委員会 : てんかん外科の適応に関するガイドライン. てんかん研究(2008)26, 114-118. 6) 千葉 茂, 石本隆広, 稲葉央子, 田村義之, 石丸雄二, 高崎英気, 阪本一剛, 山口一豪 : てんかんに伴う精神症状とその治療. 臨床精神薬理(2007)10, 599-606. 7) 山脇成人 : がん患者の精神症状発現要因の解析及びその対応に関する研究. 医学のあゆみ(2001)197, 410-411. 8) 西村勝治 : うつと不安. 臨床精神医学(2004)33, 525-531. 9) 樋口輝彦, 小山 司 : 臨床精神薬理ハンドブック 第2版, 医学書院, 東京(2009). 10) がん緩和ケアガイドブック 2008年版, 日本医師会監修, 青海社, 東京(2008)p8. 11) Macrea MM, Horowitz M, Shishir O : Early palliative care in non-small-cell lung cancer. N Engl J Med (2010) 363, 2263.
Sort Key 10
タイトル(別表記) Drug interaction (35. Opioid-analgesic drug interactions)
フルテキストURL 128_53.pdf
著者 佐田 光| 鍛治園 誠| 北村 佳久| 千堂 年昭|
備考 ニュース&ビュー(News & View)
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
発行日 2016-04-01
128巻
1号
出版者 岡山医学会
出版者(別表記) Okayama Medical Association
開始ページ 53
終了ページ 59
ISSN 0030-1558
NCID AN00032489
資料タイプ 一般雑誌記事
関連URL isVersionOf https://doi.org/10.4044/joma.128.53
言語 Japanese
著作権者 Copyright (c) 2016 岡山医学会
論文のバージョン publisher
査読 有り
DOI 10.4044/joma.128.53
NAID 130005149610
Eprints Journal Name joma
参考文献 1) 松本高広:がん疼痛治療薬の相互作用マネジメント 高齢者をみたときに留意すべき相互作用.薬局(2010) 61,3154-3159. 2) 太田惠一郎,田中桂子,余宮きのみ:オピオイドに与える影響・薬物相互作用:がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン2014年版,特定非営利活動法人日本緩和医療学会/緩和医療ガイドライン委員会,金原出版株式会社,東京(2014) pp63-64. 3) トラマール®OD 錠医薬品インタビューフォーム2015年7月(第9版),日本新薬株式会社,京都,ファイザー株式会社,東京(2015). 4) タペンタ®錠医薬品インタビューフォーム2014年8月(第2版),ヤンセンファーマ株式会社,東京(2014). 5) モルヒネ塩酸塩錠10㎎「DSP」医薬品インタビューフォーム2014年3月(第8版),大日本住友製薬株式会社,大阪(2014). 6) オキシコドン徐放カプセル「テルモ」医薬品インタビューフォーム2014年11月(第3版),帝國製薬株式会社,香川,テルモ株式会社,東京,エチファーム社,フランス(2014). 7) メサペイン®錠医薬品インタビューフォーム2014年2月(第4版),帝國製薬株式会社,香川,テルモ株式会社,東京(2014). 8) フェントス®テープ医薬品インタビューフォーム2015年6 月(第10版),久光製薬株式会社,佐賀,協和発酵キリン株式会社,東京(2015). 9) 後明郁男:オピオイド鎮痛薬の重複投与.緩和医療学(2007) 9,86-87. 10) Fromm MF, Eckhardt K, Li S, Schänzle G, Hofmann U, Mikus G, Eichelbaum M:Loss of analgesic effect of morphine dueto coadministration of rifampin. Pain (1997) 72,261-267. 11) Eckhardt K, Ammon S, Hofmann U, Riebe A, Gugeler N, Mikus G: Gabapentin enhances the analgesic effect of morphine in healthy volunteers. Anesth Analg (2000) 1,185-191. 12) Foster A, Mobley E, Wang Z: Complicated pain management in a CYP450 2D6 poor metabolizer. Pain Pract (2007) 7,352-356. 13) Grönlund J, Saari TI, Hagelberg NM, Neuvonen PJ, Laine K, Olkkola KT: Effect of inhibition of cytochrome P450 enzymes 2D6 and 3A4 on the pharmacokinetics of intravenous oxycodone:a randomized, threephase, crossover, placebo-controlled study. Clinical Drug Investigation (2011) 3,143-153. 14) Nakamura A, Hasegawa M, Ito H, Minami K, Koike K, Habu-Tomita N, Nanba K, Hamaguchi K, Noshi E, Hashimoto H, Nishino I, Okabayashi Y, et al.:Distinct relations among plasma concentrations required for different pharmacological effects in oxycodone, morphine, and fentanyl. J Pain Palliat Care Pharmacother (2011) 4,318-334. 15) 的場元弘,加賀谷肇:フェンタニル使用時の留意点は?:Q & A でわかるがん疼痛緩和ケア,がん疼痛・症状緩和に関する多施設共同臨床研究会,じほう,東京(2014) pp109-114. 16) 余宮きのみ:フェンタニル貼付剤の1 日製剤と3日製剤,どのように使うか:ここが知りたかった緩和ケア,南江堂,東京(2011) pp23-24. 17) Kornick CA, Kilborn MJ, Santiago-Palma J, Schulman G, Thaler HT, Keefe DL, Katchman AN, Pezzullo JC, Ebert SN, Woosley RL, Payne R, Manfredi PL:QTc interval prolongation associated with in travenous methadone. Pain (2003) 3,499-506. 18) Grond S, Sablotzki A:Clinical pharmacology of tramadol. Clin Pharmacokinet (2004) 13,879-923. 19) Poulsen L, Arendt-Nielsen L, Brøsen K, Sindrup SH:The hypoalgesic effect of tramadol in relation to CYP2D6. Clin Pharmacol Ther (1996) 6,636-644. 20) 的場元弘,加賀谷肇:オピオイド製剤の種類と特徴は?:Q & A でわかるがん疼痛緩和ケア,がん疼痛・症状緩和に関する多施設共同臨床研究会,じほう,東京(2014) pp80-88. 21) 中川貴之:トラマドールおよび新規オピオイド系鎮痛薬タペンタドールの鎮痛作用機序とその比較.日緩和医療薬誌(2013) 6,11-22. 22) Terlinden R, Kogel BY, Englberger W, Tzschentke TM:In vitro and in vivo characterization of tapentadol metabolites. Methods Find Exp Clin Pharmacol (2010) 1,31-38. 23) Raffa RB, Buschmann H, Christoph T, Eichenbaum G, Englberger W, Flores CM, Hertrampf T, Kögel B, Schiene K, Straßburger W, Terlinden R, Tzschentke TM:Mechanistic and functional differentiation of tapentadol and tramadol. Expert Opin Pharmacother (2012) 10,1437-1449. 24) Caraceni A, Martini C, Zecca E, Portenoy RK, Ashby MA, Hawson G, Jackson KA, Lickiss N, Muirden N, Pisasale M, Moulin D, Schulz VN, et al.:Breakthrough pain characteristics and syndromes in patients with cancer pain. An international survey. Palliat Med (2004) 18,177-183. 25) 太田惠一郎,田中桂子,余宮きのみ: 痛みのパターンによる分類:がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン2014年版,特定非営利活動法人日本緩和医療学会/緩和医療ガイドライン委員会,金原出版,東京(2014) pp23-25. 26) オプソ内服液と市販飲料水および食品との配合変化試験,大日本住友製薬株式会社社内資料,大日本住友製薬株式会社,大阪. 27) オキノーム®散薬品インタビューフォーム2015年7月(第14版),ムンディファーマB.V.,東京,塩野義製薬株式会社,大阪(2015). 28) Bennett D, Burton AW, Fishman S, Fortner B, McCarberg B, Miaskowski C, Nash DB, Pappagllo M, Payne R, Ray J, Viscusi ER, Wong W:Consensus panel recommendations for the assessment and management of breakthrough pain:Part 2 Management. Pharmacol Ther (2005) 30,354-361. 29) イーフェン®バッカル錠医薬品インタビューフォーム2015年3月(第5 版),大鵬薬品工業株式会社,東京,帝國製薬株式会社,香川,Cephalon,米国(2015). 30) アブストラル®舌下錠医薬品インタビューフォーム2014年10月(第2版),協和発酵キリン株式会社,東京,久光製薬株式会社,佐賀(2014). 31) Kharasch ED, Whittington D, Hoffer C:Influence of hepatic and intestinal cytochrome P4503A activity on the acute disposition and effects of oral transmucosal fentanyl citrate. Anesthesiology (2004) 3,729-737. 32) アンペック®坐剤医薬品インタビューフォーム2014年4月(第14版),大日本住友製薬株式会社,大阪(2014).
フルテキストURL K0005475_abstract_review.pdf K0005475_summary.pdf K0005475_fulltext.pdf
著者 鍛治園 誠|
発行日 2017/3/24
資料タイプ 学位論文
学位授与番号 甲第5475号
学位授与年月日 2017/3/24
学位・専攻分野 博士(医学)
授与大学 岡山大学
言語 English
Sort Key 8
タイトル(別表記) Drug interaction (41. Drug interaction in chronic myeloid leukemia therapy)
著者 中本 秋彦 | 鍛治園 誠| 北村 佳久| 千堂 年昭|
備考 ニュース&ビュー シリーズ:ためになる薬の話 (News & View : Tips for Proper Drug Use)
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
発行日 2018-04-02
130巻
1号
出版者 岡山医学会
出版者(別表記) Okayama Medical Association
開始ページ 33
終了ページ 36
ISSN 0030-1558
NCID AN00032489
資料タイプ 一般雑誌記事
関連URL isVersionOf https://doi.org/10.4044/joma.130.33
言語 Japanese
著作権者 Copyright (c) 2018 岡山医学会
論文のバージョン publisher
査読 有り
DOI 10.4044/joma.130.33
NAID 130006730884
Eprints Journal Name joma