このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16228
Eprint ID
16228
フルテキストURL
Thumnail 97_937.pdf 408 KB
タイトル(別表記)
Salt-tolerance mechanism of Staphylococcus aureus -Dynamic aspects on proline contributing in osmoregulation.
著者
長町 榮子 岡山大学医学部細菌学教室
友近 健一 岡山大学医学部細菌学教室
平井 義一 岡山大学医学部細菌学教室
丸山 隆司 岡山大学医学部細菌学教室
岡部 昭延 香川医科大学微生物学教室
金政 泰弘 岡山大学医学部細菌学教室
抄録
S. aureus can grow in high salinity condition by a salt-tolerance mechanism. We have shown that S. aureus accumulated a large amount of proline in cytoplasm for the osmoregulation in high osmotic condition. In this study, we tried to elucidate the dynamics of proline by altering the salt concentration and supplementing proline in semisynthetic or synthetic media. S. aureus required only 20μM of proline as an essential amino acid under the normal condition, but 700μM to accumulate proline as an osmoregulator under the 10% NaCl condition. When the supplementary proline was not enough, S. aureus accumulated glutamine to compensate the osmoregulation by proline.
キーワード
Staphylococcus aureus
salt-tolerance
osmoregulation
proline
発行日
1985-12-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
97巻
11-12号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
937
終了ページ
946
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/97/11-12/97_11-12_937/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma