このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11315
Eprint ID
11315
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Varietal Variation and Effects of Some Major Genes on Salt Tolerance in Barley Seedlins
著者
間野 吉郎 岡山大学
武田 和義 岡山大学
抄録
In order to select the salt tolerant cultivars, and to evaluate the effects of some major genes on salt tolerance in barley, 5,182 varieties and 368 isogenic lines were tested by exposing to 1.0 and 0.5M sodium chloride at the seedling stage. The average rating of salt tolerance was higher in varieties from Korea and Japan , but lower in varieties from Nepal and Southwest Asia. When the varieties were grouped by several morphological characters, six-rowed, covered, E type of nonbrittle rachis and uzu type groups were more tolerant than two-rowed, naked, W type and non-uzu type counterparts, respectively. A comparison between the isogenic pairs revealed that the uzu type was more tolerant than non-uzu type, but other major gene pairs did not show any obvious differences. These findings indicate that the uz gene affects the salt tolerance, and diferences between varietal groups characterized by other major genes are due to the difference in the genetic background among these varieties.
抄録(別表記)
本研究では耐塩性品種を見出す目的で、世界各地のオオムギ5,182品種について幼植物の耐塩性の品種変異ならびにその地理的変異、および主要形質との関係を調査した。幼植物の耐塩性を地域別に比較すると、朝鮮半島および日本の品種が強く、ネパールと西南アジアの品種が弱い傾向にあった。次に、条性や皮裸性など、オオムギにおける主要形質と幼植物の耐塩性との関係を調べるために、5,182品種を主要形質に分けて耐塩性を比較した結果、六条品種は二条品種より、皮品種は裸品種より、小穂非脱落性のE型はW型より、日本と朝鮮半島に分布する六条の渦品種は、同地域の六条の並品種よりもそれぞれ耐塩性が有意に強かった。さらに、供試品種を条性、皮裸性および小穂非脱落性の3形質の組合せで8タイプに分類して幼植物耐塩性を比較したところ、皮裸性、小穂非脱落性が同じ場合、二条品種と六条品種の間では有意差がなく、また、皮裸性と小穂非脱落性の組合せによって耐塩性の強弱が逆転した。同質遺伝子系統を用いて幼植物の耐塩性を比較したところ、品種群でみられた条性、皮裸性の間における耐塩性の差異は、品種群の遺伝的背景の差異によるものとみられた、一方、並渦性でみられた耐塩性の差異は主働遺伝子の副次的効果によるものとみられた。
キーワード
Barley
Seedling
Salt tolerance
Screening
Isogenic line
発行日
1995
出版物タイトル
岡山大学資源生物科学研究所報告
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of the Research Institute for Bioresources, Okayama University
3巻
1号
出版者
岡山大学資源生物科学研究所
出版者(別表記)
Research Institute for Bioresources, Okayama University
開始ページ
71
終了ページ
81
ISSN
0916-930X
NCID
AN10381600
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
publisher
査読
無し